東京オリンピックチケット転売方法あるの?転売対策/転売防止説を調べてみた!

2020年に開催される東京オリンピックチケットの販売も始まり、いよいよ盛り上がってきましたね!しかし「チケットを買ったけど行けなくなってしまった」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?転売方法はあるのでしょうか?

転売対策や転売防止がされているのかも気になりますよね。今回は東京オリンピックチケットの転売方法や転売対策、また転売防止説について調べてみました。

スポンサーリンク

東京オリンピックチケットの転売方法はあるの?

東京オリンピックチケットを勢い余ってたくさん購入してしまったけれど、よく考えてみたら「全部はいけないかも!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?東京オリンピックチケットの転売方法はあるのでしょうか?チケットの転売方法を詳しく調べてみました。

実は東京オリンピックチケットの転売方法については、「特定興行入場券の不正転売禁止等にょる興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」という新しい法案により禁止されています。この新しい法案は2019年6月14日から施行されることになっています。難しい法律名ですが、簡単に言うとチケットの転売が禁止されているということですね。

出典:https://tokyo2020.org

もし転売した場合は「1年以下の懲役か100万円以下の罰金、もしくは両方」を受けることになっています。せっかくの東京オリンピックのチケットなので、嫌な思いはしたくないですよね。購入する方も、罪に問われる可能性がありますので、公式な東京オリンピックチケット販売サイト以外からはチケットを購入しないように優位しましょう!

東京オリンピックチケットの転売対策や転売防止策は?

東京オリンピックチケットには、何か転売対策や転売防止策がされているのでしょうか?もし転売したら、バレてしまうのか気になりますよね。東京オリンピックチケットの転売対策や転売防止策について、詳しく調べてみました。

東京オリンピックのチケットとなれば、組織的に大量購入して転売しようとする人も出てきそうですよね。国を挙げて転売対策や転売防止をしているのでしょうか?東京オリンピックの転売対策や転売防止策として、「メルカリ、ヤフー、楽天のチケット出品禁止」「ネットに出品されたチケットは無効」「SNSを通じて不特定多数の第三者への譲渡禁止」などといった決まりがあるようです。

東京オリンピックのチケットですから、これからの時期はメルカリやヤフー、楽天やSNSなどのサイトは細かく転売されていないかチェックされるに違いありません。もちろん、転売対策をするにも限界がありますから、あとは個人で気を付けるのが一番ですね!

法の目をかいくぐって転売しようとする人はいるでしょうし、それに乗じた詐欺もあるかもしれません。そういったものに騙されないよう、東京オリンピックのチケットを転売サイトや違法のルートを使って買うようなことは絶対にやめましょう。

さらに東京オリンピックチケットは、購入する際に観戦予定の方の氏名と連絡先を登録することになっています。来場する際には本人確認があり、名義が違う場合は入場できないという厳しいルールがあります。これである程度の転売防止にはなりそうですね!

スポンサーリンク

東京オリンピックチケット、行けなくなった場合は?

それでも「どうしても東京オリンピックに行けなくなった!」という場合は、どうしたらいいのでしょうか?タイミング悪く、仕事の予定が入ってしまったり、どうしても外せない都合ができてしまう可能性もありますよね。

そういった場合も転売できないとなると、チケットを購入するのに躊躇してしまうかもしれません。東京オリンピックチケット、転売以外に何か方法はあるのでしょうか?東京オリンピックのチケットは、先ほどご紹介したように、氏名と連絡先の登録が必要となっています。

これによって転売対策をしているのですが、実は「名義変更」をすることも可能です。しかも観戦予定の競技が開催される当日まで変更可能となっています。当日、急な体調不良で行けない!となった場合でも安心ですね。

しかし「転売禁止」となっていますが、名義変更可能、とはどういうことなのでしょうか?実は親族や友人、同僚やその他知人に限り、チケットを譲渡することが許されています。ただしこの場合でも、チケットの金額を上回る金銭の授受をした場合は「転売」とみなされてしまうので注意が必要です。

もし予定していた競技を観戦できなくなってしまった場合は、転売ではなく親族や友人にチケットを譲り、購入者のマイチケット購入履歴から名義変更すればいいということですね!予定の空いている知人を見つけるのは大変かもしれませんが、是非行きたいという方も多いと思いますので、頑張って探し出して定価で譲るのがいいようです。

出典:https://www.tokuchan-otoku.net

東京オリンピックチケットのリセールサービスって?

もっと事前に予定していた日に行くことができない、と分かった場合には「リセールサービス」を利用するのもおススメです。「リセールサービス」というのは公式チケット販売サイト内に設けられるサービスで、2020年春以降に開始される予定となっています。

出典:https://tokyo2020.org/

基本は定価での販売となっていて、チケットを売りたい人と買いたい人の要望がマッチした場合にリセールできるような仕組みになっています。これはチケットを買いたいという人がいないと成立しないサービスですので、人気競技ならいいかもしれませんが、人気の低い競技ではなかなかリセールするのが難しくなることが予想されます。

さらに金額は今のところ未定ですが、リセールの成約手数料は出品者が負担することになっています。リセールが不成立だった場合でもキャンセルはできないそうですので、リセールをしたいという方は、きちんとリスクを理解した上で早めにリセール手続きをする必要がありそうですね。

またこのサービスは2020年春頃から始まるサービスということで、今のところは詳細が明らかになっていません。詳しい申し込み方法やリセールの成約手数料など、詳しいことは少しずつ公開されていくに違いありません。また分かり次第、お伝えできればと思います。

スポンサーリンク

東京オリンピックチケット転売方法あるの?転売対策/転売防止説を調べてみた!まとめ

東京オリンピックチケットの転売方法や転売対策、転売防止策について、詳しく調べてみましたが、いかがだったでしょうか?東京オリンピックのチケットの転売方法ですが、厳しく禁止されていますので、基本的に転売はできない決まりとなっています。

転売対策や転売防止策として、購入時の氏名・連絡先の登録と、入場の際の本人確認が行われることになっています。また転売がされないように、今後メルカリや楽天、ヤフーなどのインターネットのサイトではかなり厳しい取り締まりがなされるのではないかと思われます。

もしどうしても行けなくなってしまった場合は、知人に譲渡して名義変更をするか、公式サイトでの「リセールサービス」というサービスを利用して、チケットを定価で販売することができるようです。いろいろな解決策が設けられていますので、あまり過敏になりすぎず、思い切って東京オリンピックチケットを購入し、是非オリンピックを楽しみましょう!

■こんな記事も読まれています!

⇒東京オリンピック行けなくなった場合!チケットリセール/名義変更/キャンセル/払い戻しは?

⇒東京オリンピックチケットなし(安い/無料)で観戦できる競技はある?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする