幼児教材【3歳4歳5歳】おすすめ!市販(本屋)や無料教材は?

■余計な付録はいらないからシンプルに教材が欲しいご家庭へ!【無料見本】がもらえます!

  • 文字・数・言葉の学習から読み聞かせや運動遊び、しつけまでの幼児期の学び
  • 入学準備がしっかり学べる!

▼公式サイトへジャンプします▼

⇒2歳~年長さんまで対応の家庭学習教材【月刊ポピー】。今なら無料見本プレゼント

3歳4歳5歳頃の幼児教育は大切だと言われていますが、たくさん教材がありすぎて、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。まずは手始めに無料教材からやってみてはいかがでしょうか?

本屋など市販で購入できる幼児教材のおすすめも知りたいですよね。今回は3歳4歳5歳におすすめの無料教材や、本屋などで購入できる市販の教材を調べてみました。

スポンサーリンク

幼児教育3歳4歳5歳におすすめの無料教材は?

3歳4歳5歳の頃から勉強はさせておきたいけれど、少しでも費用は抑えたいですよね。

実は無料でも教材をダウンロードすることができたり、オンラインで勉強することができるものもあるんですよ。今回は無料で教材を手に入れる方法をご紹介します。

おすすめの無料教材①ちびむすドリル

出典:https://happylilac.net/

3歳4歳5歳の知育はもちろん、小学生や中学生の教材、また英語用の教材まで取り揃えているサイトです。幼児教育の教材としては、ひらがなの練習プリント、なぞなぞや間違い探しなどが用意されています。

いきなり「勉強」から入るのはちょっと、というお子様には、なぞなぞや間違い探し、迷路などを通して、まずは楽しく勉強を始めてみてはいかがでしょうか?パパやママも一緒に楽しく勉強ができますよ。

ちびむすドリルにはプリントアウトして使えるものと、動画を見ながら勉強できるものの2種類があります。その時の状況に応じて、楽しく勉強してみましょう!

おすすめの無料教材②キッズステップ

出典:http://kids-step.com

2歳から6歳までの子供を対象にした、幼児教育の無料サイトです。幼児教育の無料プリントが600枚以上も取り揃えられています。鉛筆の持ち方から迷路プリント、点つなぎや数字・ひらがな・カタカナの練習プリントまで、いろいろな種類の教材があります。

2歳で鉛筆の持ち方、3歳で迷路、4歳で積み木かぞえと数字練習、5歳では点つなぎとさらに大きな数字の練習、そして平仮名と進めていくことが進められています。毎月送られてくる教材とは異なり、自分のペースで進められるのが嬉しいですね!

スポンサーリンク

おすすめの無料教材③あたまの体操

「あたまの体操」は学研が運営している無料教材サイトです。「多湖輝の頭脳開発シリーズ」からピックアップした問題をダウンロードすることができます。「すうじ」「もじ」「ちえ」から選ぶことができますよ。

カラフルなので、3歳4歳5歳の子でも楽しく勉強することができそうです。問題を自分で読むことができる年齢なら、子供だけでもどんどん進められそうです。

出典:https://www.honda.co.jp/

おすすめの無料教材④おべんきょうしましょっ

出典:https://www.e-obenkyo.jp/

年少さんからお勉強を始めたい方へおすすめの、すべて無料の幼児教育問題集のサイトです。イグザム幼児教室が運営しています。実際の小学校の入試問題に近い、総合的なお勉強をサポートしてくれます。

2019年現在では、36冊の問題集と4冊のぬり絵が無料でダウンロードできます。保護者用の学習指導参考書もあるので、教え方を知ることもできます。子供への教え方ってなかなか難しいので、プロの教え方を学べるのは嬉しいですね!

スポンサーリンク

おすすめの無料教材⑤ぷりんときっず

出典:https://print-kids.net/

4歳5歳の幼児に向けた無料教材を用意している「ぷりんときっず」は、月間250万ダウンロードを突破した人気のサイトです。カリキュラムの一例も組まれているので、深く考えずに取り掛かることもできます。

楽しみながら勉強するということを重要視したサイトですので、子供たちが興味を持てるような仕組みになっていますよ。まずは抵抗なく勉強に取り掛かれるようになるのが、第一段階ではないでしょうか?

■余計な付録はいらないからシンプルに教材が欲しいご家庭へ!【無料見本】がもらえます!

  • 文字・数・言葉の学習から読み聞かせや運動遊び、しつけまでの幼児期の学び
  • 入学準備がしっかり学べる!

▼公式サイトへジャンプします▼

⇒2歳~年長さんまで対応の家庭学習教材【月刊ポピー】。今なら無料見本プレゼント

幼児教育3歳4歳5歳におすすめ!市販(本屋)の教材は?

本屋さんなど市販の幼児教育教材もたくさん種類があります。どれを買っていいか迷ってしまいますよね。今回は教材向けにおすすめポイントをまとめてみました。3歳4歳5歳からできるおすすめ教材、是非チェックしてみましょう!

市販(本屋)の教材①くもん 幼児ドリル

出典:https://www.kumonshuppan.com/

公文の幼児ドリルは発売からなんと40年を超えるロングセラー商品です。対象年齢は2歳3歳4歳の「はじめてのおけいこ」から、対象年齢3歳4歳5歳の「はじめてのアルファベット」まで、いろいろなジャンルのドリルが用意されています。

くもんの幼児ドリルは「運筆力」に力を入れています。鉛筆を思い通りに動かせるよう、楽しみながら書くことに慣れる構成になっています。またなだらかなステップで、ステップアップできるので無理なく学習を進めることができますよ。

できたよシールが付いているのも、子供には嬉しいポイントです。上手にできてもできなくても、ページが終わったらシールを貼る楽しみがあると、飽きずに頑張れそうですね!大抵の本屋さんには置かれていますよね。

市販(本屋)の教材②学研 幼児ワーク

出典:https://gakken.jp

2歳~6歳向けの年齢別おべんきょうワークブックです。年齢に応じて、例えば2歳なら指なぞり中心、4歳ならひらがなの書き練習、6歳なら小さい「っ」「ゃ」、仮名遣いなど、ひらがなの総合的な勉強をすることができます。

オールカラーで、さまざまなイラストが描かれており、楽しみながら学習することができますよ。また1冊の中にいろいろなバリエーションの問題が含まれていることも特徴です。たとえば「めいろ」では平面の迷路だけでなく立体的な迷路やかずの迷路など、さまざまなバリエーションの迷路が用意されています。

いろいろな問題に取り組むことで、応用問題などにも対応できる子供の考える力をそだてることができますよ。こちらも本屋さんなど市販で購入できるドリルの中で長年人気の商品です。

スポンサーリンク

市販(本屋)の教材③文響社 うんこひらがなドリル

出典:https://select.mamastar.jp/

小学生向けに出版された「うんこ漢字ドリル」は累計337万部を突破し、テレビやラジオでもおおきく取り上げられました。「うんこ」という言葉が例文すべてに使われており、ママたちの中には抵抗がある方もおられるかもしれませんが、子供たちの心は鷲掴みです。

そんな漢字ドリルを出版した文響社から、幼児向けの「うんこひらがなドリル」が2018年に発売されました。なんでもママたちから要望が多かったため、幼児向けのひらがなドリルが市販で発売されたんだそうですよ。

書き順からひらがなの止めやハネ、はらいなどの正しい字の形まで学ぶことができます。読む力が身に着く「うんこ長文」というものも17話収録されていて、全例文にイラストが付いているので楽しく学ぶことができるようです。なかなか勉強する気が起きないという子どもには、是非挑戦してみてはいかがでしょうか?

■余計な付録はいらないからシンプルに教材が欲しいご家庭へ!【無料見本】がもらえます!

  • 文字・数・言葉の学習から読み聞かせや運動遊び、しつけまでの幼児期の学び
  • 入学準備がしっかり学べる!

▼公式サイトへジャンプします▼

⇒2歳~年長さんまで対応の家庭学習教材【月刊ポピー】。今なら無料見本プレゼント

幼児教材【3歳4歳5歳】おすすめ!市販(本屋)や無料教材は?まとめ

3歳4歳5歳の幼児向け教材について、無料の教材や本屋など市販で購入できる教材をいくつかご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

ご家庭にパソコンとプリンターがあるという方は、無料教材がサイト上にいくつもありますので、そちらをダウンロードして何度もやってみるのもいいかもしれません。

また本屋さんなど市販で購入できる教材やドリルもたくさんあります。通信の教材などに取り組む前に、またサブの教材として、市販の教材も是非取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

■こんな記事も読まれています!

⇒4歳女の子の誕生日プレゼントに絵本はどう?人気や定番ものなどオススメとは!

⇒幼稚園無償化は私立も?公立との違いや上限(所得制限)も調べてみた!

⇒保育園無償化はいつからで年収(所得制限)は?二人目半額やずるいとの噂も調べた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする