防災グッズ置き場所!マンション/戸建てでどこがベスト?

■楽天ランキング防災部門で1位獲得!

★防災のプロである防災士が厳選した防災グッズ!

▼公式サイトにジャンプします▼

⇒防災士厳選の防災グッズ43点セット

地震や台風、大雨など自然災害に備えて、防災グッズを用意しているという方も多いですよね。突然やってくる自然災害。いざ逃げようと思った時に、すぐに持っていけるところに防災グッズを用意していますか?

ただし置き場所によっては、普段の生活の邪魔になってしまったりと、置き場所に悩まされている方も多いはず。そこで今回はマンションや戸建ての場合、防災グッズのベストな置き場所がどこなのか、調査してみました。

スポンサーリンク

防災グッズの種類分けをしよう!

防災グッズには2種類あるのはご存知でしょうか?それぞれの防災グッズによって、おすすめの置き場所も異なってきます。まずはお手持ちの防災グッズの種類分けからしていきましょう。

まず災害が発生した時に、とにかく急いで逃げる「1次避難」、そして災害が少し収まり、身の安全を確保するために安全な避難場所へ行く「2次避難」の2種類です。対象となる非難グッズを見てみましょう。

1次避難用の防災グッズ

1次避難の時に求められるのは、一刻も早くその場から逃げること。命を守ることが最優先です。そのため、重たい非難グッズを持って逃げるなんてことはできません。パッと取って逃げられるものが必要です。

【1次避難用の防災グッズ】

  • 貴重品(現金、印鑑、通帳、身分証明書など)
  • 身を守る物(靴、ヘルメット、手袋、ハンカチ、タオル、上着など)
  • 便利なもの(スマホ充電器、ラジオ、カイロ、筆記用具、懐中電灯、ポケットティッシュなど)

もしリュックサックにまだ余裕があるのであれば、救急セットなど簡易的なものを一つ入れて置くと便利かもしれません。災害の種類にもよりますが、これらを一つの場所にまとめておくと、いざという時に速やかに行動することができます。

食料品や飲料水を持っていきたいと思う方もいるかもしれませんが、先ほども書いたように重いと逃げるのに邪魔になります。どうしても持っていきたい方は、小さなペットボトル1本とビスケットなど簡単なセットだけ入れて置くといいかもしれません。

特にお子さんがいる場合は、子供たちを抱きかかえて走る可能性もありますから、できるだけ身軽にしておきましょう。

スポンサーリンク

2次避難用の防災グッズ

1次避難を終えた後、自宅に戻ってきて過ごす場合や、避難所で生活するために必要な防災グッズが「2次避難用の防災グッズ」です。たとえばガスや水道が止まってしまった、電気も届かない、救援物資も少ないなどといった場合に、生き延びることを目的としています。

2次避難用の防災グッズ】

  • 非常食(保存水、レトルト食品等)
  • 衣類(防寒具、下着、赤ちゃん用紙おむつなど)
  • 調理器具(コンロ、ガスボンベ、使い捨ての食器類など)
  • 寝具(寝袋、毛布、アイマスクなど)
  • 電気類(懐中電灯、ラジオ、充電器など)

■楽天ランキング防災部門で1位獲得!

★防災のプロである防災士が厳選した防災グッズ!

▼公式サイトにジャンプします▼

⇒防災士厳選の防災グッズ43点セット

これを1次避難の時に持ち出すのは大変です。特に高齢者や子供がいる家庭では、荷物の量も増えますし、逃げ遅れてしまう可能性がありますので、無理に持ち出そうとはせず、2次避難の時用に用意しておきましょう。

食料や水はどのくらい用意したらいいか分からないという声も多く聞かれるようです。食料は最低3日分、できれば1週間分を備えて置くといいと言われています。「非常食」というとハードルが高くなりますが、普段使いできるような飲料水や缶詰などを多めに用意しておくといいかもしれません。

水や缶詰、レトルト食品にも賞味期限がありますから、奥底にしまい込まず、たまにチェックして賞味期限が短いものは使っていくようにしましょう。いざという時に、すべて賞味期限が切れていた!なんてことにならないようにしたいですね。

■楽天市場で口コミ評価の最も高いアイテムをピックアップしました!

▼クリックできます▼

1次避難用防災グッズの置き場所は?マンション/戸建て共通!

1次避難用の防災グッズは、とりあえず逃げる時に持っていく物ですので、マンションでも戸建てでも置き場所は同じです。候補は2つあり「玄関」か「寝室」です。

玄関の場合は、靴箱の中にスペースを作って保管するのがいいでしょう。もし靴箱にはいらないという場合は、壁にフックを付けるなどして取り付けてもいいかもしれません。

おすすめは寝室の枕元です。玄関だとすぐに取ることも可能ですが、普段から置いておくと、盗難などのリスクもあります。夜寝ている時に災害が起きても、すぐに持って逃げることのできる、寝室の枕元が一番いいでしょう。

どちらを置き場所にする場合も、防災グッズまですぐに行くことができないと持って出ることもできません。普段から階段や廊下にいろいろなものを置いておかないようにしましょう。通路の確保は大切ですね。

出典:https://livingut.shop/

スポンサーリンク

2次避難用防災グッズの置き場所、戸建ての場合は?

先ほどもまとめたように、2次避難防災グッズはライフラインが止まってしまう場合に備えて置いておくものです。物資が届くまでに時間がかかる場合もありますし、小さいお子さんがいる場合などは特にしっかり備えをしておきましょう。

2次避難用の防災グッズの置き場所は、すぐに持ち出せる場所である必要はありません。大きくて重いので、持って逃げるとかえって危険かもしれません。ただし気を付けておくべき点として、自宅が地震で被害にあっても取り出しやすい置き場所を選びましょう。

まず戸建ての場合におすすめの置き場所を見てみましょう。多くの方が置き場所として選んでいるのは、庭にある倉庫のようです。倉庫であれば、万が一、戸建てが地震の被害にあっても潰れませんし、倉庫が潰れても小さいので人力で取り出せる可能性が高いです。

もし戸建てでも庭に倉庫がないという場合は、1階の玄関に近い部屋に置いておくのが良さそうです。2階に置いておくと、余震があった場合に危険かもしれませんので、玄関から入ってすぐの場所がいいですね。

ただし1階は浸水の恐れがあります。コンテナなどにまとめて置いておくと、もし浸水の被害にあっても、中身が濡れずに済みますよ。リスクを分散するという意味でも、家の中に何か所か、災難用グッズの置き場所を分けておくのも一つの手です。

スポンサーリンク

2次避難用防災グッズの置き場所、マンションの場合は?

マンションやアパートの場合は、戸建てと違って庭や倉庫がない場合がほとんどです。そういった場合は、玄関に近い部屋か、玄関に近いクローゼットなどを置き場所にするのがお勧めです。

ただし、マンションでも高層階に住んでいる方は自宅に戻ることが困難になる可能性もあります。災害が起きると、エレベーターが止まってしまう場合もほとんどです。そういった場合でも困らないよう、自家用車の中に一つ防災グッズを入れて置くのもいいですね。

ただ鍵を持っていないと命取りになります。マンションやアパートの場合でも、戸建ての場合と同じように、複数個所に防災グッズを置いておくのが一番いいようです。備えあれば憂いなしと言いますし、万が一の場合に備えて、防災グッズを今一度確認してみましょう。

■楽天ランキング防災部門で1位獲得!

★防災のプロである防災士が厳選した防災グッズ!

▼公式サイトにジャンプします▼

⇒防災士厳選の防災グッズ43点セット

防災グッズ置き場所!マンション/戸建てでどこがベスト?まとめ

防災グッズの置き場所について、マンションや戸建ての場合に分けて考えてきましたが、いかがだったでしょうか?

マンションの場合も戸建ての場合も、家族全員で防災グッズの置き場所を把握しておくようにしましょう。また、一番大切なのは命を守ることだということを忘れずに、万が一の時には無理に防災グッズを取りに戻ることがないようにしてくださいね。

「自分だけは大丈夫」と思わずに、常に防災グッズは揃えておきたいですね。自分の身はもちろん、大切な家族を守るためにも、日ごろから意識して準備をしておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする