少年寅次郎(ドラマ)あらすじキャストは?

▼▼▼「少年寅次郎」の原作が【600円まで無料で】読めちゃう!

⇒U-NEXTで【お得に】読む!

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

2019年10月放送の、国民的シリーズ「男はつらいよ」の寅さんの少年時代を描いたファン待望のドラマ「少年寅次郎」。そんな今まで語られることのなかった寅さんの少年時代にスポットライトを当てて映像化したドラマ「少年寅次郎」のあらすじやキャストが気になりますよね。

今日は、ドラマ「少年寅次郎」のあらすじやキャストを詳しく調べてみましたよ。

スポンサーリンク

少年寅次郎(ドラマ)あらすじが気になる!

ドラマ「少年寅次郎」のあらすじが気になりませんか? ドラマ「少年寅次郎」のあらすじを詳しく調べてみましたよ。

出典:https://twitter.com/

ドラマ「少年寅次郎」のあらすじですが、1936年(昭和11年)の東京都葛飾柴又が舞台になっています。

雪が降る寒い日に、”とらや”と呼ばれる団子屋の軒下に赤ん坊が一人で置かれていました。そして、その赤ん坊は寅次郎と名付けられ、とらやを営む車家の下で育てられることになりました。

すくすくと成長した寅次郎は、やがて腹違いの最愛の妹の出産や、勃発した戦争とその戦争に駆り出される父を経験して、少しずつ悪ガキになっていきます。

そして、寅さんの代名詞ともいえる家出をする14歳までが鮮明に描かれていきます。

破天荒でお調子者、だけど義理人情には厚くなんだか憎めないお馴染みフーテンの寅さんになっていく少年・寅次郎の物語は、「男はつらいよ」シリーズのファンがずっと待ち望んていたものではないでしょうか。

寅さんの出生の秘密や子供時代の謎が今解き明かされるドラマ「少年寅次郎」は、現在の良くも悪くも現実の人と人の繋がりが薄くなった今だからこそ見る価値のある作品に仕上がっていますよ!

スポンサーリンク

少年寅次郎(ドラマ)キャストは誰?

ドラマ「少年寅次郎」のキャスト情報も気になりますよね。ドラマ「少年寅次郎」のキャスト情報も詳しく調べてみましたよ。

ドラマ「少年寅次郎」のキャスト情報ですが、車家の人間を中心にご紹介させていただきます。

まずは、主人公の寅さんの育ての親である車光子を演じるの井上真央さんです。

出典:https://www.nhk.or.jp/

井上真央さんは、4歳の頃に両親の薦めで劇団に入り、5歳から子役として芸能界で長く活躍している大人気女優さんです。小さい頃からその可愛らしさと演技力で、数々の人気ドラマに出演し、CMにも出ていた売れっ子でした。

そして、2005年に放送された少女漫画の金字塔「花より男子」のテレビドラマで初主演を果たし、松本潤さんや小栗旬さんらと共演してその人気を不動のものにします。その後、朝ドラと呼ばれる連続テレビ小説や大河ドラマにも出演しています。

今作「少年寅次郎」では、やんちゃな子供寅さんをどのように育てるのか楽しみですね!

次に、光子の夫である車平造を演じるのは毎熊克哉さんです。

出典:http://www.alpha-agency.com/

3歳の時に見た名作映画「E.T」で映画というものに興味を持ったそうで、その後は「タイタニック」や「ターミネーター」といった映画のDVDやVHSを使い潰しては買い換えるほどのめり込んでいきました。

そうして、元々は映画監督志望だったのですが、専門学校では自身が考える演技が俳優になかなか伝わらないことに悲観し、自分が俳優へと転身する決意をしました。しかし、なかなか芽が出ず俳優とアルバイトをしながら生活していたとき「ケンとカズ」という映画の大ヒットで注目を浴びました。

その後、話題作からインディーズまで様々な作品に出演し、遅咲きの新人として今最も期待されている俳優さんの一人です。

他にも、泉澤祐希さん、岸井ゆきさん、石丸幹二さんらが出演するそうです。

残念ながら、もう一人の主人公と呼べる子供時代の寅さんを演じる子役の方は、2019年9月現在判明していませんが、誰が演じることになるか注目ですね!

▼▼▼「少年寅次郎」の原作が【600円まで無料で】読めちゃう!

⇒U-NEXTで【お得に】読む!

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

■こんな記事も読まれています!

⇒少年寅次郎(ドラマ)動画1話の無料フル&見逃し視聴方法!pandoraは危ない?

⇒少年寅次郎(ドラマ)ネタバレ,原作,結末まとめ!

⇒井上真央の現在!松本潤との結婚は今春/2019?

⇒毎熊克哉(まいぐまかつや)高校はどこ?傷やあざ,似てる芸能人は誰?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする