少年寅次郎(ドラマ)ネタバレ,原作,結末まとめ!

▼▼▼「少年寅次郎」の原作が【600円まで無料で】読めちゃう!

⇒U-NEXTで【お得に】読む!

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

2019年10月放送のドラマ「少年寅次郎」。主演に大人気女優の井上真央さんを迎え、大人気シリーズ「男はつらいよ」の主人公・寅さんこと車寅次郎の子供時代を描くとあって大変注目を集めています。そんな大注目のドラマ「少年寅次郎」のネタバレや結末、原作などが知りたくありませんか?

今日は、ドラマ「少年寅次郎」のネタバレや結末、原作を詳しく調べてみましたよ。

スポンサーリンク

少年寅次郎(ドラマ)ネタバレ結末は?

ドラマ「少年寅次郎」のネタバレ結末はどうなっているのでしょうか。ドラマ「少年寅次郎」のネタバレ結末を詳しく調べてみました。

出典:https://twitter.com/

ドラマ「少年寅次郎」のネタバレ結末ですが、タイトルにもあるように大人気シリーズ「男はつらいよ」の主人公・車寅次郎の子供時代を描く作品となっています。

時は遡ること昭和11年の2月26日。日本中を震撼させたあのクーデター未遂の二・二六事件が起こった日でした。

そんな雪の降る日に、帝釈天の参道沿いにある団子屋の軒下に捨てられていた一人の赤ん坊は、車家の子供になり後に寅さんと呼ばれる寅次郎でした。

その後、車光子と平造の下で育てられた寅次郎は成長するにつれ、後に寅次郎の最大の理解者となる妹のさくらが生まれ、彼が小学校時代に始まった第二次世界大戦とそれに出征した父の背中、初めての恋など様々なことを経験していきます。

そして、最愛の妹のさくらが引き止めることも叶わずに寅次郎は14歳で家出します。

こうして、大人にも関わらず奇跡的にも少年のような心をもったフーテンの寅さんが寅さんになっていく過程が描かれていきます。

破天荒で風来坊なのに義理人情に厚い、そんな憎めない寅さんの子供時代が見たいと思ってきたファンにとってはたまらない作品になっていますよ。

また、寅次郎の母を演じる車光子役に井上真央さん、父の平造役に毎熊克哉さんがキャスティングされていて、お二人がどのように寅さんこと寅次郎を育てていくのかにも注目ですよ!

スポンサーリンク

少年寅次郎(ドラマ)原作も気になる!

ドラマ「少年寅次郎」の原作も気になりますよね。ドラマ「少年寅次郎」の原作も詳しく調べてみましたよ。

出典:https://www.amazon.co.jp/

ドラマ「少年寅次郎」の原作ですが、「けっこう毛だらけ 小説・寅さんの少年時代」というタイトルで2011から2012年までの約1年間にわたって、男はつらいよ寅さんDVDマガジンで連載していた短編に改稿や加筆を加えて改題した長編小説「悪童 小説 寅次郎の告白」が原作となっています。

「悪童 小説 寅次郎の告白」の内容は、大人気シリーズ「男はつらいよ」の主人公・車寅次郎の子供時代を寅さん自身が一人称形式で語るというものになっていて、シリーズファンの中では早くも傑作との呼び声も高い作品となっています。

原作者は、もちろん「男はつらいよ」シリーズの生みの親である山田洋次監督です。

山田洋次監督は、インタビューで「男はつらいよ」シリーズの第50作目である新作映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」の公開前に寅さんの幼少期を描いたドラマが製作されるとあってとても嬉しく思うとコメントしていました。

また、映画では描かれなかった寅さんの出生の秘密や子供時代のやんちゃぶりを描いたエピソードゼロとなる物語が、ユーモアったっぷりに描かれているとおっしゃっています。

ですが、今作のドラマ「少年寅次郎」は、井上真央さん演じる寅さんの育ての親・車光子というキャラクターが主人公ということなので、ドラマ版では原作小説とは少し毛色が違うような実写作品ならではの演出がされるのかもしれませんね。

ドラマと原作の違いを楽しむためにも、小説「悪童 小説 寅次郎の告白」を手に取ってみてはいかがでしょうか!

▼▼▼「少年寅次郎」の原作が【600円まで無料で】読めちゃう!

⇒U-NEXTで【お得に】読む!

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

■こんな記事も読まれています!

⇒少年寅次郎(ドラマ)動画1話の無料フル&見逃し視聴方法!pandoraは危ない?

⇒少年寅次郎(ドラマ)あらすじキャストは?

⇒井上真央の現在!松本潤との結婚は今春/2019?

⇒毎熊克哉(まいぐまかつや)高校はどこ?傷やあざ,似てる芸能人は誰?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする