9月に見頃の花は?関東/関西の名所まとめ!

9月の前半はまだまだ残暑も厳しく、外で遊ぶのもままならない日もありますが、中旬頃からは秋の気配を感じられるようになりますよね。空気がひんやりしてくると、秋の花が次々に見頃を迎えます。

関東や関西で9月に見頃を迎える花の名所はどこなのでしょうか?涼しくなってきた秋に、是非ご家族や友人と一緒にお花を見に出かけてみませんか?関東や関西で楽しめる花の名所をご紹介します。

スポンサーリンク

9月に見頃を迎えるのはどんな花?

秋というと花よりも紅葉のイメージが強いですが、9月にはまだ紅葉も始まっていないところが多く、お出かけ先に迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?

実は9月に見頃を迎えるキレイなお花もあるんですよ。9月に花の見頃を迎える花にはどんなものがあるのでしょうか?

代表的な花を見てみましょう。まず有名なのが「彼岸花(ヒガンバナ)」です。1,000種類を超える別名があるとも言われていますよ。またコスモスも秋の花としては有名ですよね!彼岸花やコスモス以外にも、秋の花はたくさんあります。それ以外の花はこちらです。

【9月に見頃の花】

  • 彼岸花(ヒガンバナ)
  • 金木犀(キンモクセイ)
  • ナデシコ
  • キキョウ
  • リンドウ
  • サフラン
  • キンギョソウ
  • ワレモコウ
  • コキア

意外とたくさんの花がありますよね!聞きなれない名前の花もありますが、これらの秋の花を楽しめる観光スポット、気になりますね。

9月に見頃を迎える花、関東のおすすめ鑑賞スポットは?

上記のような9月に見頃を迎える花を観賞できる、観光スポットはどんなところがあるのでしょうか?関東や関西で少しずつ、見頃の時期が異なってくる花もありますが、まずは関東のおすすめ名所を見ていきましょう。

巾着田曼殊沙華(マンジュシャゲ)まつり

出典:https://www.hidakashikankou.gr.jp

曼殊沙華(マンジュシャゲ)は彼岸花(ヒガンバナ)の別名です。埼玉県日高市には日本最大級の500万本の曼殊沙華群生地があります。緑の公園を真っ赤に染めた曼殊沙華が圧巻です。

会場内では日高市の名産である栗を使ったフェスティバルも開催されています。27店舗の物産店や飲食店だけでなく、栗剥き実演会や栗拾い大会など、楽しいイベントも盛りだくさんですよ!

【開催日時】令和元年9月14日(土)~9月29日(日)午前9時~午後4時30分

【会場】埼玉県日高市高麗本郷125-2 巾着田曼殊沙華公園内

【入場料】300円※中学生以下無料

向島百花園の萩まつり

出典:https://www.tokyo-park.or.jp/

東京都墨田区にある憩いの場・向島百花園では萩が見頃を迎えます。中でも「萩のトンネル」は長さ30mで毎年名所となっています。約120株の萩が咲き誇りながら出迎えてくれますよ。俳句や和歌を詠むイベントも終日開催されています。

地元の名物・吉備子屋の「きびだんご」が自転車で時折販売されています。もし自転車販売がなくても、向島百花園から300mほどの場所にお店があるので、是非足を運んでみてくださいね!都内なので関東在住の方は気軽に行けそうですね!

【開催日時】令和元年9月14日(土)~10月6日(日)9時~17時(最終入園16時30分)

【会場】東京都墨田区東向島3-18-3 向島百花園内

【入場料】一般   150円
65歳以上 70円(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

スポンサーリンク

国営昭和記念公園 コスモスまつり

出典:http://www.showakinen-koen.jp/

国営昭和記念公園は一年を通じて、いろいろな花が楽しめる名所です。コスモスの鑑賞名所でもあるんですが、時期によって咲く種類も異なります。9月中旬~下旬には70万本の「キバナコスモス レモンブライト」がさきほこります。レモンイエローのコスモスが一面に広がりますよ。

今年は初めて、レモンブライトの摘み取り体験も行われます。9月29日限定イベントですので、是非ハサミや軍手、ビニール袋などを持参して参加してみてくださいね!それ以外にもいろいろなイベントが日によって開催されていますよ!

【開催日時】令和元年9月14日(土)~10月27日(日)午前9時30分~午後5時

※土日は午後6時まで

【会場】東京都立川市緑町3173 国営昭和記念公園内

【入場料】大人450円※中学生以下無料

ひたち海浜公園 コキアカーニバル

出典:https://hitachikaihin.jp

茨城県にあるひたち海浜公園はコキアの名所として有名です。コキアは一年草ですが、9月中旬頃から徐々に赤く色づいてきます。少しずつ赤くなっていく様子がグラデーションで愉しむことができますよ。10月中旬頃には真っ赤に染まり、そこからはだんだんと黄金色へ変わっていきます。

秋にはコキアだけでなく、コスモスやソバの花、秋バラなども見頃を迎え、ひたち海浜公園ではそれらの花を同時に楽しむことができます。関東の名所ですが、旅行として訪れる方もいるほど人気の観光スポットです。

【開催日時】令和元年9月21日(土)~10月20日(日)午前9時30分~午後5時

※9月24日・9月30日は休園

【会場】茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4 ひたち海浜公園内

【入場料】大人450円※中学生以下無料

スポンサーリンク

9月に見頃を迎える花、関西のおすすめ鑑賞スポットは?

次に関西のおすすめ観光スポットをご紹介していきます。関西にも9月に行ける花の名所がたくさんありますよ!

とよのコスモスの里

出典:http://www.toyokan.net

約1ヘクタールの園内に約100万本のコスモスが一面に咲き誇ります。コスモスの間にある遊歩道を歩けば、大人の背丈ほどもあるコスモスに包まれて、秋を全身で感じることができますよ。山間にあるので、9月頃からすでに見頃を迎え、比較的早く楽しむことができる観光スポットです。

【開催日時】9月初旬~10月下旬まで

【会場】大阪府豊能郡豊能町牧 とよのコスモスの里内

【入場料】大人500円 小人300円(小学生未満は無料)

梨木神社 萩まつり

出典:http://hangar7.jp/

梨木神社は「萩の宮」とも言われ、京都を代表する萩の名所の一つです。参道には約500本の萩が植えられていて、萩の時期には俳句や短歌の書かれた短冊が結わえ付けられます。七夕のような風景を、秋に楽しむことができますよ。

また梨木神社の境内には京都三大名水の一つである「染井」もあります。ペットボトルで水を汲みに来る人も多いほど、人気の名水なので、是非飲んでみてくださいね。萩まつりとして神事が行われる日程は限られていますが、それ以外でも萩を楽しむことはできますよ。

【開催日時】令和元年9月21日~9月23日 9:00~17:00頃

【会場】京都市上京区寺町通広小路上ル

【入場料】無料

スポンサーリンク

あわじ花さじきのブルーサルビア

出典:http://www.hyogo-park.or.jp

あわじ花さじきは1998年4月に開園した、比較的新しいスポットです。四季折々の花を楽しむことができますが、園の代表的な花の一つが「ブルーサルビア」です。空と青とブルーサルビアのコントラストは絶景ですよ!展望台からは大阪湾の大パノラマも一望できます。淡路島の特産物が購入できる直売所もありますよ。

【見頃】9月上旬~10月下旬頃 9:00~17:00

【会場】兵庫県淡路市楠本2865-4 あわじ花さじき内

【入場料】無料

9月に見頃の花は?関東/関西の名所まとめ!まとめ

9月に見頃を迎える花の名所を、関東・関西それぞれでまとめましたが、いかがだったでしょうか?関東にも関西にもそれぞれ秋の花の観光スポットがたくさんありますよ。

9月も終わりごろになると、だいぶ涼しい日も出てきて、どこかにお出かけしたくなりますよね。そんな時には、9月に見頃を迎える花の名所を訪れてみてはいかがでしょうか?大自然の中で、心も体もリフレッシュできますよ!

スポンサーリンク

■こんな記事も読まれています!

⇒10月に見頃の花|関東/関西の名所はどこ?

⇒ススキの時期はいつ?見頃&名所(関東,関西,東海)2019年まとめ!

⇒コスモスの時期&見頃はいつ?名所(関東/関西)が知りたい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする