通夜/葬式/法事の服装(女性)|仕事帰り,カジュアル,平服の疑問~小物までまとめ!

大人の女性なら心得ておきたいのが、通夜/葬式/法事の際の服装のマナーですよね。特に法事の場合「平服で」という案内がある場合がありますが、どこまでカジュアルな服装でいいのでしょうか?

ストッキングやアクセサリー、靴の色はどうしたらいいのか迷ってしまいます。夏場は半そででもOKなのでしょうか?

通夜/葬式/法事での女性の服装について、細かなマナーをチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

通夜の服装(女性)仕事帰りの場合はパンツスーツでもOK?

女性がお通夜に参列するときは、どんな服装が好ましいのでしょうか?

結婚式など予め日時が決まっているものとは違い、お通夜などの弔辞は急に決まることが多いため、仕事帰りに参列する方も多いですよね。一度家に帰る時間がない場合など、仕事帰りにパンツスーツで参列しても失礼にはあたらないのでしょうか?

訃報を受けてすぐに駆け付けるケースもあり、昔は平服でお通夜に参列することも多かったようですが、近年ではお葬式には参列せず、お通夜のみで故人とお別れをすることも増えてきました。そのため喪服を着てお通夜に参列をすることが多くなっています。

一般参列者として参列する場合、黒やグレーなどの光沢のないダークカラーのパンツスーツであれば着用しても大丈夫でしょう。ボタンなど装飾がなく、シンプルなデザインのものにしましょう。パンツ丈が短すぎて足首が見えないよう注意も必要です。さらに夏場など暑い時期でもジャケットは必ず着用しましょう。

スーツの中に着るインナーは黒のシャツやブラウスが最も望ましいようです。ユニクロなどは営業時間も長いので、近くにあれば是非寄って購入してから行きましょう。しかしながら、故人の親族など親しい間柄だった場合には、パンツスーツは避けたほうが無難です。

葬式の服装(女性)はスーツでも大丈夫?

女性がお葬式に着ていく喪服はどのようなものがいいのでしょうか?喪服には3種類あり、どの喪服を着ていくかは故人との関係や式の種類などで決まるようです。

  1. 正喪服…シンプルな喪服で首元が詰まったデザイン。ひざ下から足首丈のワンピースに長袖ジャケットのツーピーススタイルが主流。喪主の近親者が着用する。
  2. 準喪服正喪服に比べると丈が短いことが多い。ワンピースとジャケットのツーピース以外にも、スカート・ジャケットのスーツタイプもある。一般参列者が着用する。
  3. 略喪服…急な弔問や三周忌以降の法事で着用する。ダークな色合いで、上下揃いでない場合もある。パンツスーツは略喪服に当たる

喪主よりも格の高い服装で行くこともNGですので、一般参列の場合は準喪服で行くのが妥当かもしれません。これから喪服を購入しようと思っている方は、ワンピースにジャケットのツーピースタイプを選ぶのがおすすめです。ワンピースならオールシーズン使えますね

出典:https://syukatsulabo.jp

お葬式には基本的にパンツスタイルは略喪服にあたるので、避けた方が良さそうです。

ただし寒い地域や、小さいお子さんがいて動き回る場合などはパンツスーツでも構いません。地域性もありますので、どんな習慣がある地域なのか、リサーチしておくと失敗がないかもしれませんね。

スポンサーリンク

法事での女性の服装、基本的なマナーは?

通夜/お葬式には基本的には喪服で参加されることも多いと思います。

ですが法事になると、徐々に着崩すことも多くなりますので「何を着ればいいのだろう?」と迷ってしまう女性は少なくありません。法事の服装にはいくつかのルールがあります

女性の法事での服装の基本は、【3回忌まで】【7回忌以降】で分かれることが多いようです。

3回忌までは喪服を着用するのが一般的です。女性は光沢のない黒の無地ワンピースやスーツ、またアンサンブルなどが良いですね。最近では喪服としていろいろな服が販売されているので、セットで上下を購入すれば間違いありません。

ビジネス用の黒いスーツでも構いませんが、光沢があるものは華やかになってしまいますので、故人を偲ぶ法事という場面にはあまりふさわしくありません。光沢のないものを選ぶようにしましょう。喪服は一枚持っておくといざという時に焦らなくても済みますよ。

7回忌、13回忌と年月が経つにつれ「平服でお越しください」なんていう案内が入ることもあります。平服には黒ではなく紺色やグレーなどの色にすることで「悲しみを薄くする」という意味が込められています。普段着でOKという意味ではありませんので注意しましょう。

亡くなってから日が浅い一周忌の場合でも、夏場などには「平服でお越しください」と言われることがあります。反対にそういった案内が入っていない場合には、平服ではなくちゃんとした喪服やブラックフォーマルを着て行った方がいいですよ。

法事での女性の服装、平服はどこまでカジュアルでOK?

「平服」と聞くと、なんとなく正式な喪服ではなくカジュアルな意味があるように聞こえてしまいますが、平服とは何のことなのか、正式な意味をしっかり押さえておきましょう。

「平服」とは喪服や準喪服ではない「略喪服」のことを指しています。デニムや色物の普段着のようなカジュアルな服装で、という意味ではありませんので、絶対に間違えないようにしましょう。

女性の場合は紺やグレーなど地味な色のワンピースかセットアップスーツ、アンサンブルが無難です。

露出の高いデザインは避け、スカート丈は膝からふくらはぎくらいまでのものを選びましょう。パンツスーツを選んでもいいの?と迷ってしまう方も多いですが、小さいお子様がいる場合や料理の配膳などで動き回る方はいいですが、それ以外の方は避けた方が良いです。

寒い地方にお住まいの方も、地域の慣習によってはパンツスーツを着てもOKという地域もあります。迷った場合は親戚の方に相談してみるといいかもしれません。

パンツスーツの場合も、光沢のあるデザインは避けるようにしましょう。中に着るトップスもダークカラーで統一します。白色のシャツなどは避けましょう。

スポンサーリンク

通夜/葬式/法事での女性の服装、ストッキング・アクセサリー・靴はどうしたらいい?

喪服でも平服でも、ストッキングやアクセサリー、靴はどうしたらよいのでしょうか?

お通夜やお葬式ではできる限り正式なものを、法事の3回忌以降で少しずつ緩やかになってきていても、カジュアルになりすぎないものを選ぶことが大切です。ストッキング、アクセサリー、靴それぞれの選ぶポイントを見ていきましょう。

アクセサリー

出典:https://allabout.co.jp/

まずはアクセサリーですが、通夜/葬式/法事ではネックレスやイヤリングは真珠を付けるのが一般的です。付けて行かないという選択肢でもOKです。

もともとのアクセサリーは結婚指輪のみ許されていました。それが「涙の象徴」ということで、パールのみはOKということになったのです。

だからといってパールを絶対付けていかなければいけないということはありません。逆にジャラジャラとアクセサリーを付けていくのは、もちろん法事にふさわしくありません。結婚指輪や控えめなものに留めておきましょう。

連が重なるものや大きいものは派手な印象になってしまいますので、避けた方が良いですね。

ストッキングの色は?

出典:https://allabout.co.jp/

通夜/葬式/法事のストッキングは平服の場合でも黒の薄手のストッキングを着用しましょう。最近ではいろいろな厚さのストッキングが販売されていますが、30デニール以下がいいとされています。あまり厚手のものは避けましょう。またベージュや柄物、網タイツなどはもちろんNGです。

通夜/葬式/法事の靴はシンプルな黒のパンプスを着用します。飾りの付いていない、シンプルなデザインの靴を選びましょう。素材は布か革がいいでしょう。

高すぎるヒールのものやエナメル素材、また素足の見えるミュールやサンダルはNGですよ。夏場などはどうしても涼しさを求めてしまいがちですが、ちゃんとした靴で行くようにしましょう。

バッグ

出典:https://allabout.co.jp/

通夜/葬式/法事のバッグを持つ場合は、平服でもお葬式に使用するような布製の黒のフォーマルバッグがおすすめです。もちろん金具や飾りが付いていないものを選びましょう。光沢のあるものも避けたほうが好ましいとされています。

数珠や袱紗が入る程度のコンパクトなバッグが良いでしょう。小さいお子様がいる場合や遠方から行く場合など、どうしても荷物が多くなってしまう場合は黒のサブバッグを用意するようにしましょう。

スポンサーリンク

通夜/葬式/法事の女性の服装、夏場のマナーは?

夏場は暑くなりますし、できるだけ涼しい服装で通夜/葬式/法事に行きたいですよね。夏場の通夜/葬式/法事の服装はどこまで緩くていいのでしょうか?

基本的には夏でも冬でも、服装のマナーは変わりません。お盆など夏場は暑いので、半そでを着たくなりますが、肌の露出はできるだけ抑える必要があります

法事の3回忌以後の平服の場合は、少し袖が短いワンピースを着ることも可能です。ただし5分袖よりも短い半そでやミニスカートを履くのはNGなので気を付けましょう。とはいえ、半そでやノースリーブを着て、上に黒やグレーなどのジャケットを羽織るのはOKです。

通夜/葬式/法事の最中は半そででなくても、道中では脱いで涼しくなることができますよね。夏場でも、実際に行われる室内は冷房が効いていて肌寒いことも多々あります。5分袖などの半そでワンピースを着用した場合も、上から羽織るものを持っていっておくといいですよ。

スカートは短くても膝小僧が隠れる程度のものにしましょう。

ストッキングは夏場でも黒にするのが良いです。見た目が暑苦しいと感じるかもしれませんが、薄手の黒のストッキングを着用していきましょう。

通夜/葬式/法事の服装(女性)|仕事帰り,カジュアル,平服の疑問~小物までまとめ!まとめ

女性の法事での服装について、「平服」と言われた場合、どこまでカジュアルにしてもいいのか、またストッキングやアクセサリー、靴の色、夏場の服装などの疑問についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

「平服」と聞くとカジュアルなイメージがありますが、普段着ということではありませんので注意が必要です。ストッキングやアクセサリー、靴に関しても、喪服の時と同じような地味なものを選ぶようにしましょう。

夏の法事などは本当に暑いですが、最低限のマナーを守りつつ、先方に失礼のない服装で行くように心がけましょう!

スポンサーリンク

■こんな記事も読まれています!

⇒法事〇回忌の計算方法は?いつまでやるの?

⇒法事(〇回忌ごと)香典袋の書き方や種類!金額,お金の入れ方まで全て解決!

⇒通夜/葬式/法事の服装(男性)疑問まとめ!仕事帰り~夏場平服までマナーとは?

⇒葬式/通夜/法事の髪型(女性)まとめ!ロング,ミディアム,ボブの簡単ヘアアレンジは?

⇒通夜/葬式/法事の服装&髪型(子供)まとめ!夏場の服装や靴下は?

⇒お通夜,葬式,法事の焼香の仕方(親族遺族側&一般)!回数の意味合いや数珠のマナーとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする