通夜/葬式/法事の服装&髪型(子供)まとめ!夏場の服装や靴下は?

通夜/葬式/法事に子供を連れて行く際、子供の服装や靴下はどうしたら良いのでしょうか?特に夏場などは、暑いので何を着せるか迷ってしまいます。子供の服装についてはそこまで厳しくはありませんが、やはり失礼のない服装や髪型を心がけたいですよね。

今回は通夜/葬式/法事での子供の靴下などの服装や髪型について、また夏場はどのような服を着せたら良いのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

通夜/葬式/法事の服装(子供)の基本!靴下の色は?

通夜/葬式/法事に子供を連れて行くとなると、やはり何を着せたらいいのか、子供の服装にも気を使いますよね。子供を連れて行かない、という方もいらっしゃいますが、故人が親族の場合にはなかなかそうもいきません。基本の服装マナーを抑えておきましょう。

最近では子供の喪服というものも販売されていますが、子供の場合は大人よりも厳しくありません。ある程度のマナーを守っていれば、あまり気にしすぎなくても大丈夫でしょう。

ただし子供だからといって、ジーンズにTシャツといったカジュアルすぎる服装はNGです。年齢別に子供の服装の基本をチェックしておきましょう。

赤ちゃん(乳児)の場合

赤ちゃんと一緒に参列する場合、黒色や白色といったベビー服を着せるのがベストです。ただ新生児服やベビー服で黒色や白色を探すのはなかなか大変ですよね。そういった時にはベージュやグレーなど、控えめな色合いの服を着せましょう。

赤ちゃんを連れて行く場合は、服装よりも泣いたりぐずったりしたときにすぐに対応することの方が大切です。すぐに席を外したり、泣き止ませるために抱っこをして歩き回ることもあるでしょうから、お母さんの服装も注意が必要ですね。

幼児・小学生の場合

子供にとっては制服が正式礼服となります。幼稚園で指定の制服がある場合には、通夜/葬式/法事で制服を着て行けば問題ありません。赤などの色が付いたリボンやネクタイが付いていても制服なら問題ありません。気になる場合は、外しておいてもいいですね。

出典:https://answer-mama.com

ただし、小学生や制服がない幼児もいますよね。その場合は、黒白のモノトーンでまとめた服装が適当です。礼服でなくても構いませんが、入園や卒業を控えている子供なら、その時にも使えるようなものを一つ用意してもいいかもしれません。

男の子の場合は白シャツに黒・紺・グレーなど地味な色合いのズボン、そして黒の上着を着せるのが好ましいです。ジャケットやブレザーがない場合は、シャツだけでもOKですよ。サテンのような光沢のある素材は避けましょう。
女の子の場合も同じく、白の襟付きブラウス、黒・紺・グレーなどのスカートやワンピースがベストです。

靴下ですが、男の子も女の子も黒や白・紺・グレーなどの色の靴下をチョイスしましょう。くるぶし丈のスニーカーソックスはNGです。女の子の場合は膝上丈のニーハイソックスやルーズソックスなど、お洒落靴下は避けるようにしましょう。

出典:https://answer-mama.com

靴については黒色が一番良いですが、子供ですから派手でなければスニーカーでもOKです。ローファーでも大丈夫ですよ。キャラクターデザインや音が鳴るような靴、サンダルやミュールは子供であってもやめた方が良いでしょう。子供の場合は、靴が汚れていることがありますので、キレイにしていってくださいね。

コーディネートはすべて無地でまとめます。難しい場合は、ワンポイント程度の控えめなデザインにしてください。まだ小さい子供の場合は、乳児と同じく出口に近い席に座り、いざとなったら外に出られるようにしましょう。

どうしても子供の適当な服が見つけられないという場合、子供用の喪服のレンタルというサービスがあります。男児用のブラックスーツや女児用のワンピースなどが一式ご自宅に届けられます。靴下や靴もセットになっていますので、コーディネートが難しいという場合には便利なサービスですね!

スポンサーリンク

通夜/葬式/法事の服装(子供)、夏場はどうしたらいい?

暑い夏の通夜/葬式/法事では、子供の服装はどうしたらいいでしょうか?基本的に大人の通夜/葬式/法事での服装は、夏場であっても上着やネクタイが必須となります。でもまだ子供の場合は、体温調整も未熟ですし、熱中症などには注意しなければなりません。

幼稚園の制服の場合は、夏用の半そでが用意されているところが多いですよね。そういった場合はそのまま半そでの制服で行っても大丈夫ですよ。もし制服がない子供の場合も、夏場の通夜/葬式/法事では半そでを着せてあげましょう

ポイントは襟の付いた白いシャツを選ぶことです。無地の白いポロシャツであれば、普段着としても着用できますので、一枚用意してもいいですね。まだ幼児や小学生の場合は、制服に近いデザインのシンプルな半ズボンで参列できます。ただし中学生以上の場合は、半ズボンではなく長ズボンを着用しましょう。

子供は特にたくさん汗をかきますし、通夜/葬式/法事が終わったら涼しい服装に着替えさせてあげられるように、着替えを用意しておくといいですよ。お斎など食事をすることもありますから、汚してしまう可能性もあります。夏場だからと言ってサンダルで参加するのはNGです。

通夜/葬式/法事の服装(子供)髪型のマナーはある?

通夜/葬式/法事に参列する場合、子供の髪型はどうしたら良いでしょうか?特に女の子の場合は、どんな髪型にしようか迷ってしまいますよね。赤ちゃんの場合は、特に気にしなくても問題ありませんので、本人が楽な髪型にしてあげてくださいね。

少し大きくなった子供で、大人と同じように結べる長さがあれば、すっきりとまとめておくのがいいでしょう。大人の女性と同じように、耳より低い位置でまとめるようにします。ゴムは黒や紺といった地味なものを使いましょう。

子供の場合は可愛らしいリボンの付いたゴムがいいという可能性もありますが、場の雰囲気を考えて、地味なゴムでまとめるのが好ましいですよ。男の子の場合も、清潔感のある髪型に整えて参列します。派手になりすぎない、清楚な雰囲気になるよう髪型にも気を使ってください。

スポンサーリンク

通夜/葬式/法事の服装(子供)持ち物は?

子供と一緒に通夜/葬式/法事に参加する場合、持ち物にも注意が必要です。通夜/葬式/法事となるとどうしても長丁場になりますよね。長時間じっとしていられない子供にとっては、かなり辛い時間になります。どうしてもぐずってしまうこともあります。

そんな時にちょっと外に出て、休憩できるようにちょっとしたお菓子や軽食を持参すると良いでしょう。

出典:https://woman.excite.co.jp

また100均に売られているシールブックが役立ったという声も見られました。塗り絵などもいいのですが、色鉛筆を落としたりして音が出てしまう可能性があります。その点、シールブックなら子供も大好きですし、音も鳴らないのでいいですよね。

また幼稚園以上の子供の場合は、お念珠を持たせてあげるといいでしょう。小さいながらに法事に参加しているという自覚も芽生えます。親と同じようなお念珠を持つと喜ぶ子供も多いようですよ。子供用の小さなお念珠も販売されています。

通夜/葬式/法事の服装&髪型(子供)まとめ!夏場の服装や靴下は?まとめ

子供の通夜/葬式/法事での服装や髪型について、また夏場の服装や靴下など細かいところをまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

小さい子供はどんな服装でもいい、と言ってくれる場合がほとんどですが、やはり親としては靴下や髪型にも気を使ってしまいますよね。結婚して親族が増えるにつれ、どうしても通夜/葬式/法事の回数は増えていきます。

すっかり忘れているといざという時に準備に慌ててしまいますので、普段から黒っぽい靴下や靴などを一足用意しておくといいかもしれません。夏場などは暑いので、無理のない程度に服装を整えて、通夜/葬式/法事に参列するようにしましょうね。

スポンサーリンク

■こんな記事も読まれています!

⇒法事〇回忌の計算方法は?いつまでやるの?

⇒法事(〇回忌ごと)香典袋の書き方や種類!金額,お金の入れ方まで全て解決!

⇒通夜/葬式/法事の服装(男性)疑問まとめ!仕事帰り~夏場平服までマナーとは?

⇒通夜/葬式/法事の服装(女性)|仕事帰り,カジュアル,平服の疑問~小物までまとめ!

⇒葬式/通夜/法事の髪型(女性)まとめ!ロング,ミディアム,ボブの簡単ヘアアレンジは?

⇒お通夜,葬式,法事の焼香の仕方(親族遺族側&一般)!回数の意味合いや数珠のマナーとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする