お通夜,葬式,法事の焼香の仕方(親族遺族側&一般)!回数の意味合いや数珠のマナーとは?

お通夜や葬式、法事での正しい焼香の仕方や回数をご存知でしょうか?「前の人と同じ作法でやればいいや」と思っていても、いざとなると後ろから細かい作法までは確認できないものです。

回数の意味合いだけでなく親族や遺族へのマナーや数珠のマナーなどを知っておくと、いざという時にも慌てることなく対応できます。

今回はお通夜、葬式、法事の焼香の仕方(親族&遺族側)!回数の意味合いや数珠のマナーをご紹介します。

スポンサーリンク

お通夜,葬式,法事の焼香に込められた意味合いとは?

お焼香とはお通夜やお葬式、法事の際にお香を香炉に落とし焚くという儀式のことです。

立ってお焼香を行う「立拝焼香」や座ってお焼香をする「座礼焼香」、また自宅などの狭い場所でお通夜やお葬式、法事を行う場合には、座ったまま香炉を回していく「回し焼香」などがあります。

お焼香にはどんな意味合いがあるのでしょうか

お焼香は故人のために行うものと考えられがちですが、まずはお焼香をする人の心身の穢れを落とすという意味合いが含まれています。心身を清めてから、仏や故人に向かい合うということですね。

お焼香は心を落ち着かせる意味合いが込められた大切な儀式なのです。そして穢れを落としたところで、仏と故人にお香を捧げ、冥福を祈ります。仏教では極楽浄土から故人のお迎えが来る際には、極楽浄土の良い香りを持ってくるとされています。お焼香を焚くことで、それと同じ状況を再現しているというわけです。

お通夜,葬式,法事の焼香の順番は親族・遺族から!

出典:https://syukatsulabo.jp

お焼香には順番がありますので、その順番をチェックしておきましょう。

通常、お焼香の順番は、故人と関係が深い方から行われていきます。そのため、一番最初にお焼香を行うのは喪主の方、そして親族・遺族の方、会社関係、最後に知人や友人などの一般参列者という順番に移っていきます。議員などの来賓が来る場合には、親族・遺族の直後にお焼香することが多いようです。

親族・遺族間の順番に関しては、親等の近い方から優先して行われます。また血縁の濃さにかかわらず、故人と同郷していた親族がいれば、そうでない親族よりも先にお焼香をすることが多いようです。

スポンサーリンク

お通夜,葬式,法事の焼香の回数は宗派によって異なる?

お通夜や葬式、法事でのお焼香の回数には決まりがあるのでしょうか?

実はお焼香を行う回数は、宗派によって異なります。故人の宗派に合わせた回数のお焼香をするのがマナーになりますので、事前に確認が必要になります。それぞれの宗派の回数マナーを見ていきましょう。

出典:https://www.osohshiki.jp

宗派が分からない場合は、前の人の回数を確認しながらお焼香をしてもかまいません。葬儀会場のスタッフから回数が支持されることもありますので、その場合はスタッフの指示に従いましょう。

回数よりも大切なのは、心を込めてお焼香をすることですので、あまり回数にとらわれすぎず、心を込めて故人をお見送りしましょう。

スポンサーリンク

お通夜,葬式,法事の焼香の仕方は?

先ほども少し触れましたが、お焼香には「立礼焼香(りつれいしょうこう)」「座礼焼香(ざれいしょうこう)」「回し焼香(まわししょうこう)」の3種類があります。葬儀式場の規模などによっても、お焼香の仕方は異なるようです。それぞれのお焼香の仕方をおさらいしておきましょう。

立礼焼香(りつれいしょうこう)

椅子席の葬儀式場の場合に行われることが多いのが「立礼焼香」です。詳しい焼香の仕方がまとめられた動画がありましたので、是非参考にしてみてくださいね。

 

  1. 祭壇に進み、遺族・親族に一礼します。
  2. 焼香台まで進み、遺影や祭壇を見て一礼します。
  3. 宗派ごとの作法でお焼香をします。
  4. 改めて遺影に向かって合掌し、一礼します。
  5. 2~3歩後ろに下がり、遺族に一礼してから席に戻ります。

座礼焼香(ざれいしょうこう)

畳の式場で行われることが多いのが「座礼焼香」です。移動の際には腰を落とし、お焼香をする際は正座するのが基本です。

 

  1. 焼香台の前まで進み、遺族に一礼します。
  2. 遺影に向かって一礼します。
  3. 立ち上がらずに膝で焼香台まで寄り、合掌します。
  4. 宗派ごとの作法でお焼香をします。
  5. 改めて遺影に向かって合掌します。
  6. 祭壇前から下がり、遺族に一礼してから立ち上がって席に戻ります。

回し焼香(まわししょうこう)

「回し焼香」は自宅など会場が狭い場合に行われる仕方です。焼香炉が回ってきますので、その焼香炉を自分の前に置いてお焼香を行います。お焼香が終わったら隣の人に回していきます。

 

  1. 香炉が回ってきたら、軽く礼をして受け取ります。
  2. 香炉を自分の前に置き、祭壇に向かって合掌します。
  3. 宗派ごとの作法でお焼香をします。
  4. 合掌してから一礼します。
  5. 次の人に香炉を回します。

スポンサーリンク

お通夜,葬式,法事の焼香の仕方、遺族・親族の作法は?

しょっちゅう経験するわけではないので、お焼香の仕方や作法をしっかり覚えているという方は少ないかもしれません。実は一般参列者と親族・遺族のお焼香の仕方や作法は少し異なっています。

【喪主や親族・遺族の場合】

まず喪主や親族・遺族の場合、お焼香をする前に僧侶と参列者に向かって一礼するのが作法です。基本的に親族や遺族は会場内で、最も故人の祭壇に近い場所に座ることになりますので、お焼香の順番も最初になります。

【一般の参列者の場合】

一般の参列者の場合は、お焼香が終わった後に、親族や遺族に向かって一礼をするという作法があります。この時に、親族や遺族はお返事として一礼をするようにしましょう。お焼香の仕方をしっかり覚えて、恥ずかしくないような振る舞いをしたいですね。

お通夜,葬式,法事の焼香の作法、数珠はどうすればいい?

お通夜やお葬式、法事には数珠が欠かせません。一人に一つは持つものです。数珠の玉の数は人間の煩悩を表す百八個が基本となっています。数珠を手に持ち、手を合わせることで、煩悩が消え、功徳を得ることができると言われています。

お焼香の際には、右手でお焼香を行い、数珠は基本的に房をしたにして、左手で持ちます。なぜ持ち手が決まっているかというと、左手は清浄な仏の世界、右手は私たちの住む信仰の世界を指しているためと言われています。移動の際は、数珠は手首にかけるか左手で持つのがいいでしょう。

短い数珠の場合、両手を合わせて数珠を親指と人差し指の間にかけ、房を真下に垂らした状態で合掌します。

長い数珠の場合には、二重にして、左手の親指と人差し指の間にかけて合掌するのが一般的です。

席を離れるときは、バッグなどにしまい、椅子や畳の上に無造作に置くことがないようにしましょう。仏を拝み、故人の冥福を祈るための大切なものですので、子供たちが遊び道具にしないように注意が必要です。また数珠の貸し借りもマナー違反とされています。いざという時に慌てないよう一人一つずつ用意しておくといいですね。

スポンサーリンク

お通夜,葬式,法事の焼香の仕方(親族&遺族側)!回数の意味合いや数珠のマナーとは?まとめ

お通夜やお葬式、法事でのお焼香の仕方(親族・遺族側)や回数の意味合い、さらに数珠のマナーなどをまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

お通夜やお葬式、法事でのお焼香の仕方ですが、親族・遺族側と一般参列者では作法が少し異なっています。宗派によって回数も異なりますので、事前に確認しておきたいですね!

数珠のマナーやお焼香の意味合いもしっかり理解した上でお葬式や法事に臨み、心を込めて故人を送り出しましょう。

■こんな記事も読まれています!

⇒法事〇回忌の計算方法は?いつまでやるの?

⇒法事(〇回忌ごと)香典袋の書き方や種類!金額,お金の入れ方まで全て解決!

⇒通夜/葬式/法事の服装(男性)疑問まとめ!仕事帰り~夏場平服までマナーとは?

⇒通夜/葬式/法事の服装(女性)|仕事帰り,カジュアル,平服の疑問~小物までまとめ!

⇒葬式/通夜/法事の髪型(女性)まとめ!ロング,ミディアム,ボブの簡単ヘアアレンジは?

⇒通夜/葬式/法事の服装&髪型(子供)まとめ!夏場の服装や靴下は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする