名誉フェローとは?役職の意味や年収など調べてみた!

旭化成の吉野彰名誉フェローがノーベル化学賞を受賞しました!非常におめでたいニュースですが、そもそも名誉フェローとは何のことなのでしょうか?名誉フェローという役職の意味を知っている方は少ないのではないでしょうか。

年収がどれくらいなのかも気になりますよね。今回は名誉フェローという役職に焦点を当てて、名誉フェローとはどんな意味なのか、また年収はどれくらいなのかをリサーチしていきます!

スポンサーリンク

名誉フェローとはどんな役職?意味は?

2019年10月9日、名城大学教授である吉野彰名誉フェローがノーベル化学賞を受賞されることが決定しました。聞きなれない「名誉フェロー」という役職ですが、名誉フェローとはどんな意味を持つのでしょうか?

まずは名誉フェローとは何なのか、役職の意味を調べていきましょう。名誉フェローとは大学教員や研究所の研究員など、研究職に従事する人に与えられる役職のことです。この役職を授けるのは、学会などだそうですよ。

役職というよりは称号に使いようです。特定の分野で素晴らしい功績を残した方に与えられる称号であることが分かります。特別研究員のことで、実績が評価されると受賞する最高の称号です。

ちなみに吉野彰名誉フェローは、1970年に旭化成に入社しています。そして2003年に旭化成のフェローとなり、2017年に名誉フェローの称号を受賞しています。名誉フェローという称号をもらえるまでに、約45年もの間研究し、結果を残してこられたんですね!

スポンサーリンク

名誉フェローの年収はどれくらいなの?

名誉フェローとは特別な称号を持つ研究員のことであることが分かりましたが、年収はどれくらいになるのでしょうか?少し下世話な話になりますが、やはり年収がどれくらいなのか気になりますよね。

名誉フェローといっても、受賞する人の職業によっても異なります。吉野彰名誉フェローの場合、旭化成の名誉フェローということですので、旭化成の年収が基準になってきますよね。旭化成は大手企業ですし、一般の平均年収は1000万円程度となっているようです。

さらに吉野彰名誉フェローは「名城大学大学院理工学研究科 教授」という肩書ももっておられます。有名な私立大学の教授の年収は2000万円ともいわれていますので、今回のノーベル賞受賞の効果もあり、年収は2000万円ほどにいくかもしれませんね!

研究員はなかなか厳しい職業だとも言われていますが、こうしてみてみると夢のある職業ですよね!今後は吉野彰名誉フェローに憧れて、研究員になり一つのことを究めようという若者も増えるかもしれません。

スポンサーリンク

名誉フェローが獲得するノーベル賞金額はどれくらい?

今回ノーベル化学賞を受賞した吉野彰名誉フェローですが、名誉フェローがノーベル化学賞を受賞すると受賞金額はどれくらいになるのでしょうか?世界的な賞なので、やはり大金がもらえそうですよね!

調べてみたところ、ノーベル化学賞の賞金は900万スウェーデンクローナで、日本円にすると約1億円にものぼることがわかりました!おそらくノーベル科学書を受賞したことで、年収も右肩上がりになるでしょうし、それだけすごい賞であることが分かりますね!

もちろん賞金がもらえるだけではなく、ノーベル化学賞自体が名誉ある称号ですので、それだけのことを成し遂げた吉野彰名誉フェローは本当にすごい人であることが分かります。

今回の受賞はリチウムイオン二次電池の発明という功績が大きいと言われています。吉野彰名誉フェローはこのリチウムイオン電池をすでに1983年に原型を創出し、1985年に基本概念を確立していたそうですよ。

現在では携帯電話やノートパソコン、携帯用音楽プレイヤーなど幅広い電子機器に用いられています。まさに現在の科学になくてはならないものを発明された方であることが分かりますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする