羽生結弦の両親の職業は?離婚説の真実に迫る!

羽生結弦の両親の職業に注目が集まっています!

羽生結弦の両親の離婚説についても気になるところですよね!

羽生結弦の両親の職業について、離婚説の真実にも徹底リサーチです!

スポンサーリンク

羽生結弦の両親は離婚ってほんと?

羽生結弦選手、既に日本で知らない人はいないほど有名なフィギュア選手ですね!一方で依然としてベールに包まれている羽生結弦選手のご両親に注目が集まっています!

わが子を「第二の羽生結弦選手にしたい!」「あれだけの一流選手を育てた羽生家の教育方針を知りたい!」と思う教育熱心なご家庭も多いはず!

以前とあるインタビューで「どうやったら羽生結弦選手みたいになれますか?」と質問を受けた羽生結弦選手は以下のように答えたといいます。

僕は『僕』です。人間は一人として同じ人はいない、十人十色です。僕にも悪いところはたくさんあります。でも悪いところだけじゃなくて、いいところを見つめていただければ、(子供は)喜んでもっと成長できるんじゃないかと思います

どうでしょうか?謙虚で大人な受け答え?!

今回はそんな羽生結弦選手を育てたご両親に迫ってみたいと思います!

ところで、羽生結弦選手のご両親に離婚説があるのはご存じでしょうか?

実際にインターネットで検索すると「羽生結弦 両親 離婚」というキーワードが自動表示されるほど。それほど羽生結弦選手のご両親の離婚説について世間で関心が高いことの証拠でもあります。

実際に調べてみましたが、羽生結弦選手のご両親は離婚された事実はありませんでした!

おそらく、

  • 羽生結弦選手のご両親が極端にメディアに登場しないこと
  • 羽生結弦選手が母親とカナダで居住していて家族がバラバラなこと

あたりから離婚説も推測されているのだと思います。

そんな羽生結弦選手のご両親について、一体どんな方たちなのか、早速詳しくみていきましょう!

羽生結弦の両親の職業や年齢は?

まずは羽生結弦選手のご両親の職業から見ていきましょう!

やはり一流のフィギュア選手を育てた両親とはどんな職業なのか気になる方も多いと思います!

というのも、フィギュアスケートは、子供の習い事の中でも極端にお金がかかるスポーツでもあり、一説にはスケートシューズ、衣装代、コーチ料、リンク使用料、遠征費など年間500万円の経費がかかるとまで言われています。

あのトリノオリンピックで金メダルを取った荒川静香さん曰く、現役時代にはスケートに2億円は使った、とは有名なエピソードです。

そんなフィギュア選手たちの家庭は裕福な例も多いですよね。

平昌オリンピックで活躍した宮原知子選手のご両親の職業は共に医師ですし、宇野昌磨選手の父親の職業もIT会社経営です。浅田真央選手の父親も経営者だったと言われています。

そんな中で、羽生結弦選手のご家庭は珍しくごく一般的な中流家庭。

羽生結弦選手の父親の職業は、地元仙台で学校の教師をしていて、現在は中学の教頭先生をされているようです。

また羽生結弦選手の母親についてはデパートの紳士服売り場やクリーニング店のパートを兼業してスケート費用を捻出したと言われています。

現在は羽生結弦選手のスケートのためカナダへ帯同していることから、働いてはいないと思いますが、ごく一般的な家庭のお母様だということが分かりますね。

また、羽生結弦選手の日本の自宅も、現在はマスコミを嫌って引っ越してしまったそうですが、ソチオリンピックで金メダルを取得する以前は、県営住宅で家賃5万円のアパートでつつましく暮らしていたといいます。

そんなところがまた飾らなくて親近感が沸きますね。

そんな羽生結弦選手のご両親の年齢についても注目が集まっていますが、ご両親についての詳しいプロフィールは分かっていません。

おそらく、現在羽生結弦選手が23歳だということから推測して、40代~50代くらいと推測されます。

では、羽生結弦選手のお父様はどんな方なのか、次で詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

羽生結弦の父親は?野球好きで謙虚なパパの教育方針

羽生結弦選手の父親はどんな方なんでしょうか?

これだけ息子である羽生結弦選手が有名になっても一切マスコミに登場しないお父様、平昌オリンピックでも多くのご両親がスタンドで応援される姿を目撃されていましたが、やはり羽生結弦選手の父親を取材した様子は全くありませんでした。

目立たないようにひっそりと応援していたのか、もしくはマスコミを嫌って韓国入りすらしなかった可能性もありますよね。ある意味では相当な頑固気質なのかもしれませんね!

そんな羽生結弦選手の父親の名前は羽生秀利さん。前述しましたが、職業はもともと数学の教師で、現在は仙台市内で中学校の教頭先生をされているようです。

その人柄は極めて謙虚。羽生家の方針として、「頑張っているのは本人であって、親は関係ない」という考えが根本にあるそうです。

また、こんなエピソードもあります。

もともと羽生結弦選手のスケートに対してはあまり口出しすることのなかったお父様ですが、「スケートだけの人間になるな!」と口を酸っぱくして言っていたといいます。

自らも数学の教師であった羽生結弦選手のお父様としては学業とスケートの並行だけは譲らなかったようです。

そんな羽生結弦選手、中学の頃から成績も良くて特に理数系に強いんだそうです。

やはり一流アスリートの多くは文武両道といいますが、それだけスポーツには頭脳も使いますし、両立できるだけの度量があるという証拠かもしれません!

羽生結弦の母親は?息子想いのステージママ?

羽生結弦選手の母親はどんな方なのかも気になりますよね!

ごく一般的な中流家庭でありながら、羽生結弦選手にスケートを続けさせてきた羽生家、実は羽生結弦選手のお姉さまももともとフィギュアスケーターでした。

ただでさえ、お金のかかるフィギュアスケートを子供2人に習わせるその負担は計り知れませんよね!

前述しましたが、そんな子供たちのために紳士服売り場の販売やクリーニング店のパートをして家計を支えてきたお母様、数年前までは衣装もお母様の手作りだったそうで、そんなお母様には脱帽ですね。

また、地元仙台で東日本大震災で被災した羽生一家、当時はスケートどころではなかったといいますが、真っ先に動いたのはお母様だったといいます。

コーチや練習環境を求めて必死に働きかけ、こんなときだからこそスケートを続けなければならないという姿勢をみせたのがお母様でした。

そんな母親を見て、羽生結弦選手は「自分だけのためのスケートではない」ことに気が付いたといいます。本当に逞しいお母様ですね!

また、現在羽生結弦選手が支持している世界的にも有名なコーチ、ブライアンオーサー氏にコーチを懇願したのもお母様だったとか。

当時はまだまだメダルの可能性も低かった羽生結弦選手でしたが、ブライアンオーサー氏もお母様の熱意に折れてコーチを引き受けたんだそうです。

これにより練習環境をカナダに移すことになった羽生結弦選手、もちろんお母様が帯同し、生活のサポートはすべてお母様がみているそうです。

また、もともと持病の喘息が悪化することもあるという羽生結弦選手、常に見守っているのもお母様だそうです。もうここまでくるとお母様の支えなしには羽生結弦選手の活躍はありえなかったといえますね!

そんな羽生結弦選手の母親ですが、一方ではマスコミには非常に厳しいことで有名だそうです。インタビューでも羽生結弦選手の横で常に監視していて、記者の質問に対しても、スケート以外の家族の話題などはシャットアウトしているといいます。

そんな母親の姿に、一説では「ステージママ」「(羽生結弦選手が)マザコン」「(羽生結弦選手が)母親に頭があがらない」との噂もあるほど。

また羽生結弦選手に対しては恋愛禁止令を課したり、未だに携帯電話すら持たせていないことも驚きです!

さすがに羽生結弦選手も20歳を超える大人ですから、そろそろ解放してもいいのでは?と思いますよね。

ある意味で、息子想いでタフすぎるお母様だということでしょうね!

スポンサーリンク

羽生結弦の姉は?スケートの恩人で美人姉

羽生結弦選手にはあまり知られてはいませんが、姉がいます。羽生結弦選手の姉とは一体どんな人なのでしょうか?

羽生結弦選手の姉は、羽生選手よりも4歳年上で、名前は羽生さやさんといいます。もともとお姉様がフィギュアスケートをならったことがきっかけで、羽生結弦選手もフィギュアスケートを始めることになりました。

そんなお姉さまも8歳〜18歳まで10年間スケートをやっていて、2回転半ジャンプの跳び方はお姉さまが羽生結弦選手に教えたんだそうですよ!

お姉さまもきっと運動神経に恵まれている方だったんでしょうね!

ところが、家計の事情もあり、子供たち二人がをフィギュア選手に育てるにはやはり限界があった羽生家、そこで羽生結弦選手のお姉さんは弟のためにスケートから自ら身を引く決断をしたといいます。

一説には「弟がスケートをやめるぐらいなら自分がやめる」と言ったお姉さん、本当に弟想いで優しいお姉さまですね!そのころからお姉さまは弟の将来性を確信していたんだそうです。

そんなスケートの恩人でもあるお姉さまですが、弟がこれだけ有名になっても、ご両親と同様に公に出てくることもありません。

またお姉さまは一般人ということもあり、画像もありませんが、噂では仙台のアイスリンクに勤めていて、羽生結弦選手と同じく母親似で美人なお姉さまなんだそうです!

羽生結弦がキモすぎる3つの理由とは?

羽生結弦選手、世界中で大人気の一方で「キモすぎる」「嫌い」という意見もあるといいます!

ある意味で、これだけ有名になれば批判があるのも当然なのかもしれません。ですが、「キモすぎる」「嫌い」といった声の理由も気になるところですよね。早速みていきましょう!

調べてみたところ、「キモすぎる」「嫌い」という理由の一つに、羽生結弦選手の「ナルシスト」ぶりがあるといいます。

以下は羽生選手の有名な発言ですがやはり、かなり自分を意識した発言にも感じられますよね。

  • 僕は僕羽生結弦以上でも以下でもない
  • プレッシャー、大好きですから
  • 1番の敵は自分自身じゃないかなぁって

また、羽生結弦選手は母親が常に隣で管理・監視していることから「マザコン説」もあり、そのこともキモすぎると言われる原因のようですね。

それから羽生結弦選手といえば、プーさんが好きで有名ですよね。時折女性っぽい仕草をするあたりもオカマっぽくてキモいという意見もありました。

この辺りは、「可愛い」「単に羽生結弦選手の個性」として許容できる人と、「キモすぎる」「嫌い」と感じるかは、人によって分かれるところではないでしょうか。

私個人的には、既に「羽生結弦選手の個性」としてあまり違和感を感じなくなってしまって(笑、それだけ羽生結弦選手がスケーターとしてずば抜けているからかもしれません!

スポンサーリンク

羽生結弦プロフィール

出典:モデルプレス

  • 名前:羽生結弦(はにゅうゆづる)
  • 愛称:ゆづ
  • 生年月日:1994年12月7日
  • 血液型:B型
  • 身長:171cm
  • 体重:57kg
  • 出身地:宮城県仙台市泉区
  • 学歴:早稲田大学人間科学部(eスクール)在学中
  • 高校:東北高校
  • 中学:仙台市立七北田中学校
  • 2014年ソチオリンピック男子シングル金メダル
  • 2018年平昌オリンピック男子シングル金メダル
  • 兄弟:姉が一人

羽生結弦の両親の職業は?離婚説の真実に迫る!まとめ

ここまで羽生結弦選手の両親の職業について、両親の離婚説の真相についてリサーチしてきましたがお役にたてましたでしょうか。

羽生結弦選手の両親の職業については、父親は公務員で数学の教師、現在は地元仙台市で中学校の教頭先生をしているそうですね。

また、母親はの職業は、以前まではデパートの紳士服売り場やクリーニング店でのパートをされていたといいますが、現在はカナダに拠点を置く羽生結弦選手に帯同してサポートしていることが分かりました。

そんな献身的に支える羽生結弦選手のご両親ですが、これだけ息子が有名なっても、まったくマスコミに姿を見せることはなく、現在家族もバラバラに暮らしていることから両親の離婚説が浮上したようですね。

ですが、羽生結弦選手のご両親の離婚説についは単なるデマで間違いなさそうです。

ついにオリンピック連覇を成し遂げてしまった羽生結弦選手、今後どこまで進化し続けるのか楽しみですね!

スポンサーリンク

<関連記事>

⇒羽生結弦のマスク値段とメーカーは?効果絶大の噂が気になる!

⇒羽生結弦がキモすぎる?身長が高く見える理由とは!

⇒羽生結弦の家族構成と家族写真は?姉の画像が激似すぎる!

⇒羽生結弦の両親は?画像で見る美しき遺伝子に迫る!

⇒羽生結弦の海外の反応が美しいと絶賛!ロシアで大人気の理由は?

⇒羽生結弦の動画最新フリー2017動画は?spショートも必見!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする