杉咲花の父親がシャケで母はレベッカ?ハーフの真相を調べてみた!

今、ドラマや映画、CMなどで引っ張りだこの若手女優、杉咲花さん。

その杉咲花さんの父親がシャケで、母親がレベッカのNOKKOだという噂が浮上しているようです。今回は、

  • 杉咲花さんの父親がシャケとはどうゆうこと?
  • 杉咲花さんの母親がレベッカのNOKKOって本当なの?
  • 杉咲花さんがハーフなのでは?

という疑問の真相を調べて行きたいと思います。

スポンサーリンク

杉咲花の父親がシャケってどういうこと?

今、注目の若手人気女優の杉咲花さんの父親に注目が集まっています!どうやら父親も芸能人という噂があるんです。2世芸能人のイメージはない杉咲花さんですが、詳しくみていくことにしましょう!

調べてみると、杉咲花さんの父親はミュージシャンという情報が出てきました。しかも父親が「シャケ」であるという噂も出ています。

「シャケ」って何?どうゆうことでしょうか?

さらに詳しく調査してみたところ、杉咲花さんの父親は、木暮武彦(こぐれたけひこ)さんというミュージシャンといいうことがわかりました。

木暮武彦さんは、NOKKO(ノッコ)さんがボーカルをするレベッカというバンドの初代リーダーでしたが2年で脱退しています。

その後、現在は活動中止しているレッドウォリアーズというバンドのメンバーとして活躍されていました。

そんな木暮武彦さんの愛称が実は「shake(シャケ)」だと判明しました!

ちなみに「シャケ」という愛称になったきっかけは、

  • 当時デーモン小暮(閣下)氏の“小暮”と”木暮”武彦さんの「こぐれ」を良く混同されていたことに怒って、『オレはデーモンじゃねー!サーモン(鮭)だ!!』エピソード
  • 表向きは「shake」を文字ったというということにしてるが実際は顔が鮭に似てるから

という説があるそうです!

顔がシャケ(鮭)に似ているというのも失礼なきもしますが(笑)、50歳を超えた今ではカッコいいおじさまとして今だファンに支えられているみたいです!

杉咲花の父親シャケの私生活と結婚歴が凄い!

杉咲花さんの父親である、木暮武彦さんは愛称「shake(シャケ)」として親しまれていることがわかりましたが、その木暮武彦さんの私生活や結婚歴についても気になる話題があがっています!

木暮武彦さんはなんと過去に3回結婚しているとの情報があるようで、やはりミュージシャンということで、結婚や私生活が派手なのでしょうか!?

木暮武彦さんの3回の結婚については、1、2回目が同じミュージシャンの人で、現在の家族である3回目の結婚は一般の方だという情報があがっています。

清純派イメージのある杉咲花さんの父親がミュージシャンというだけでもビックリなのに、その父親が3回結婚しているとなると、母親についても気になってくるところですね。

続いて杉咲花さんの母親についても詳しくみていきましょう!

 

スポンサーリンク

杉咲花の母親はレベッカのNOKKO?

杉咲花さんの父親シャケこと木暮武彦さんが3回の結婚をしているということで、杉咲花さんの母親が誰なのか巷ではざわついているようです。

そんな杉咲花さんの母親ではないかと噂にあがっているのが、木暮武彦さん自身も所属していたバンド「レベッカ」のボーカルのNOKKOさんなのです。

これが本当なのか、調べていくと・・・木暮武彦さんは、1990年にレベッカのNOKKOさんと1回目の結婚をしています。

NOKKOさんと小暮武彦さんは、レベッカ結成当時あるいはそれより前から交際していたそうで、ロサンゼルスに渡り、結婚式を挙げたと言われています。

ただ、その数年後に離婚しているとのことで、杉咲花さんの生年月日が、1997年10月2日というところから、NOKKOさんが杉咲花さんの母親であるという説は無理があることからデマ情報だと言えますね。

では杉咲花さんの本当の母親は誰なんでしょうか?

杉咲花の本当の母親は誰?ハーフの真相は?

杉咲花さんの本当の母親は誰か気になるところですが、3回の結婚をしている杉咲花さんの父親である木暮武彦さんの2回目の結婚に迫ってみたいと思います。

1996年には歌手のチエカジウラさんと再婚しているという情報があり、2人の間に生まれた子どもが、現在、若手女優として大活躍中の杉咲花さんという事で間違いないようです!

チエカジウラさんの経歴は、デビュー前にテレビアニメ『マクロス7』劇中に登場するロックバンド「Fire Bomber」のボーカルを担当、ヒロインのミレーヌ・ジーナスの歌唱部分の吹替を担当していました。

代表曲の「だけどベイビー!!」はオリコンチャート15位とヒットしました!

木暮武彦さんとチエカジウラさんは、2000年に離婚されています。

ちなみに杉咲花さんがハーフなのかという噂の真相ですが、父親も日本人、母親も日本人、生まれも東京都と日本生まれですので杉咲花さんはハーフではなく純日本人ということになりますね!

スポンサーリンク

 

杉咲花の本名は?

杉咲花さんの両親の暮武彦さんとチエカジウラさんは、2000年に離婚されているということが判明しましたね。杉咲花さんの生年月日から推測して幼少期の3歳頃に離婚が成立したと分かります。

離婚後は、母親のチエカジウラさんが親権を持り、本名は梶浦花(かじうらはな)さんとなりました。

杉咲花さんは2006年の9歳の時に、子役としてスターダストプロモーションに所属して活動していて、当時は本名の梶浦花で活動していました。

その後事務所をいったん辞めて、2011年の時に当時14歳で現在の事務所である研音と契約、そこから現在の「杉咲花」という現在の芸名で活動しています。

研音所属後には「ドン★キホーテ」や「夜行観覧車」など、ドラマや映画に多数出演し、2016年にはNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でヒロインの妹美子を演じて国民的女優の一歩を踏み出しました!

更に、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』では銭湯を営む一家の娘役を演じ、日本アカデミー賞ほか各映画賞の助演女優賞を受賞して、名実ともに人気女優となりました!

 

杉咲花の演技力の評価は?

ここまで杉咲花さんの父親や母親についてなどいろいろ調べてきましたが、杉咲花さん自身はどんな女優さんなのでしょうか。

気になる女優さんとしての演技力や評価も気になります!

杉咲花さんは2016年の映画「湯をわかすほどの熱い愛」で若干10代にして助演女優賞を受賞しています!

更には2017年の映画「メアリと魔女の花」では、ヒロインのメアリの声を担当し、メガホンを取った米林宏昌監督から「彼女は天才です!」とベタ褒めされるほどの才能を発揮していました。

あるインタビューで、杉咲花さんは「みんなでものづくりをして、良い作品を作りあげていく事が楽しい」と答えています。

若いのにプロ意識があって、かなりしっかりしていますね!

2018年4月からはTBS系ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』で連続ドラマ初主演を、さらに2019年には早くもNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』で大河ドラマ初出演が決定しています!

今後の出演作もどんどん決まっているので、活躍も期待してしまいますね!

スポンサーリンク

杉咲花プロフィール

出典:ツイッター

【名前】杉咲 花

【本名】梶浦 花

【生年月日】1997年10月2日

【出身地】東京都

【高校】堀越高校

【大学】進学せず

【趣味】乗馬・書道

【血液型】B型

【星座】てんびん座

【身長】153cm

 

杉咲花の父親がシャケで母はレベッカ?ハーフの真相を調べてみた!まとめ

杉咲花さんの父親や本当の母親が誰なのか、いろいろ調べてみましたが、お役に立てましたでしょうか。

今回の内容をまとめると・・・杉咲花さんの父親は、レベッカなどのバンドに所属していた、ミュージシャンのシャケこと木暮武彦さんだと言うことが分かりました。

更に母親は、NOKKOさんか?との噂もありましたが、木暮武彦さんが2回目に結婚した、チエカジウラさんというミュージシャンだと分かりました。

杉咲花さんがハーフなのでは?という噂もありましたが、両親が日本人で出生地も日本なことから純日本人で間違いないでしょう。おそらく、目が大きくてかわいい顔なので、ハーフという噂がたったのかもしれませんね。

杉咲花さん、今後も続々と出演作が決まっていますので、これからも目が離せない存在になりそうですね!

スポンサーリンク

<関連記事>

⇒杉咲花の両親がチエカジウラ?画像と兄弟も調べてみた!

⇒杉咲花髪型がなぜ変に?ソフトバンクCM画像も気になる!

⇒杉咲花の足太い理由はバレエ?本名と親も芸能人で2世だった!

⇒杉咲花の笑い方(動画あり)は嫌い?わざとらしいと言われる理由とは!

⇒杉咲花の身長が150以下で低い?体重や年齢も気になる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする