久保建英(くぼたけふさ)の身長現在は止まった?まだ伸びる可能性を検証してみた!

本日は日本サッカー界の若き至宝、久保建英選手の現在の身長について見てみます。

現在高校生となっている久保建英選手ですが、身長は伸びるどころか止まったとの噂もあります。

高校生の久保選手ですから身長が伸びる余地は大いにあるはずなのですが、止まったとはどういうことなのでしょう?

そのことについて徹底検証していきます!

スポンサーリンク

久保建英(くぼたけふさ)の現在の身長と体重が人々から注目を集める理由とは?

久保建英選手は元バルセロナのユースチームに所属し、現在はFC東京でプレーしています。

既にトップチームへのデビューも果たした、日本サッカー界が産んだ最高の才能だと評価されています。

u-20ワールドカップにも選出され、そのプレーが大きく注目されていますね。

そして、身長はまだ170センチとサッカー選手としては身長はやや小柄ですが高校生ですからまだまだ伸びる余地は十分にあるでしょう。また、調べてみると体重も63キロとこちらも重量級とはいえません。

現時点では、J1の選手たちに対しても体格的に競り負けるシーンもあります。これから世界にでて戦うとなれば、さらなるフィジカル面の成長も必要なのではないでしょうか。

久保建英の身長と体重は今後の成長とともにどう変わっていくか、これをファンの人はかなり注目してみているようです。

ではなぜそこまで久保建英選手の身長に人々が注目するのでしょう?それは日本人よりバルセロナサポーターが期待してみているようです。

バルセロナのユースチームでプレーした経験を持つ久保建英選手。

バルセロナのユースチームは過去に、アルゼンチン代表リオネル・メッシ、元スペイン代表シャビ・エルナンデス、同代表アンドレス・イニエスタ、同代表ジェラール・ピケなどを輩出。

世界で最も優れた下部組織と言われています。バルセロナのトップチームにはその下部組織出身者が非常に多く在籍していることでも知られています。

日本代表の未来として大きな期待を寄せられる久保建英ですが、実はバルセロナの下部組織にいた時代にも、バルセロナのサポーターからは大きな期待を集めていました。

それは久保建英選手はバルセロナのエース・メッシ選手と多くの共通点を持っていたからです。体型はもちろんですが、プレースタイルまで酷似していると言われていました。

そのため、このまま体も成長し、フィジカルもかなり強い、メッシ選手のようになるのか?全く違うタイプの選手に成長するのか?小さいころから見ているバルセロナサポーターの人たちは注目しているのですね!

スポンサーリンク

久保建英(くぼたけふさ)&メッシの肉体考察!

久保建英選手の身長と体重は上述の通り、170センチ63キロ。対するメッシは169センチ67キロです。体格はほぼ一緒なので驚きですね。

久保建英はまだ15歳ということもあり、今後数年間で身長、体重ともに伸びる余地があると思いますが、このままフィジカルも大きくなったメッシ選手のようになれば無敵ですね!

しかし、調べてみるとメッシ選手は肉体的には貧弱なイメージがあるかもしれませんが、実は重心が低いこともありフィジカルコンタクトに強く、しかも数歩で爆発的な加速が可能な脚力を備えています。

プレースタイルが近い久保選手はこのまま身長が止まったからといって困ることもないかもしれませんね!

そして、これこそ身長が小さくてもメッシ選手がほかの選手に勝る理由でしょう。

それに、バルセロナの選手にとって身長が高くないことはさほど深刻な問題ではありません。それは久保建英選手とほぼ同じ体格のバルセロナの選手を振り返れば明らかなことです。

バルセロナは伝統的にボールを支配する攻撃的なサッカーを標榜するチームです。

これは過去にヨハン・クライフがバルセロナに植えつけた思想で、『ボールを動かせ。ボールは疲れない』を理念に身体能力に恵まれずともパスを極めれば、大きな成果を残すことができるという先人の貴重な教えです。

そのため、過度なフィジカルトレーニングをしない環境で育ったバルセロナの下部組織出身の選手たちには一様に小柄な選手が多く、190センチ近い身長の選手は非常に珍しく、180センチ代ですらあまり見ません。

小柄でも足技もあり下部組織出身の久保建英選手がメッシ選手と重なり、バルセロナサポーターに期待される理由です。

ここまで書いていると最早成長が止まった方がいい気すらしてきますね(汗!

久保建英(くぼたけふさ)帰国の理由は?

さて、現在日本に帰国している久保建英選手ですが、上記のようなサポータにも愛され、成績的にも問題のなかったのに、なぜそのままスペインに滞在していなかったのでしょうか?

実はここには国際サッカー連盟であるFIFAの特殊な条項が関係しています。FIFAでは未成年者の基本的人権の保護のため、国際移籍を禁止しています。

国際移籍禁止の例外は、

(1)両親がサッカー以外の理由で移住した場合

(2)16歳以上18歳未満でEU圏内、欧州経済領域(EEA)圏内での移籍

(3)自宅が移籍先の国境から50km以内にあり、移籍先のクラブも国境から50km以内にある場合

久保選手はこれらに当たらないとの判断です。その後、FIFAは、バルセロナが禁止事項に違反したと判断し、久保選手を含む10名の選手を2016年まで出場禁止としました。

これにより久保選手はスペインで試合に出場することができなくなったため、帰国を決意したということです。

このことは当時、地元新聞でFIFAやその処分を回避できなかったクラブへの恨み節が相当あったようで、このことからも久保選手がどれ程地元でも認められていたかを物語っていますね。

スポンサーリンク

久保建英(くぼたけふさ)身長は止まった?まだ伸びるの?

久保建英選手の身長についてですが、「成長が止まった?」「まだ伸びる?」などそこまで身長に注目が集まる理由は一概には言えませんが、現在のサッカー界で世界で活躍している一流のサッカー選手は、誰もかれもフィジカルが非常に強いという点もあるからです。

先述したようにメッシ選手は身長はかなり低いですが、フィジカルは強いです。

久保建英選手には、技術に加えてフィジカルの強さも身に付けて欲しいと思っているファンが多いでしょうから、自然と注目も集まるのでしょう。

実際の久保建英選手の現在の身長ですが、170センチというのが公称されている現在の身長です。

ちなみに2016年段階では167センチでしたので、1年間で3センチ伸びています。久保建英選手の身長は170センチ以上に伸びていくのでしょうか?

たとえば、久保建英選手の父親の身長は何センチなのでしょうか。

正確な身長は公表されていませんが、テレビの画面で確認出来る限り、170~175センチの間だと思います。

ということは、久保建英選手の身長も175センチ程度までには伸びる可能性がある、ということですよね。

久保建英選手は足元の技術力が非常に高い選手ですので、身長が175センチあれば世界のトッププレーヤーの仲間入りが現実的になると思います。

久保建英の身長がさらに伸びた!成長の秘密は母親にアリ?

⇒2018年7月追記!

久保選手の身長に注目が集まっていますが、どうやらさらに伸びたようです!

現在173センチということで、やはり1年で3センチアップしていますね。このまま成長が止まらなければ、175センチくらいには間違いなくなりそうです。まだまだ年齢的には伸びる時期ですから期待できますね!

久保選手自身も小柄なことを気にしているそうで、克服するため努力しているのだとか。その努力ももちろんですが、久保選手の身長アップには母親の愛情が大きな影響を与えているようです。

久保選手の食生活にかなり気を遣っているというお母様。世界を相手に活躍する息子のため、愛情と栄養一杯の食事でサポートをしているのですね。

どんな競技でも、活躍しているアスリートの母親や奥様は料理が上手な方が多いですよね。やはり体作りで栄養面は無視できません。母親のお陰で久保選手はフィジカル面も着実に強化されています。

スポンサーリンク

久保建英にも期待!これが世界に誇るバルセロナのレジェンドたち

①リオネル・メッシ

出典:サッカーキング

  • 生年月日:1987年6月24日
  • 出身地:アルゼンチン ロサリオ
  • 身長:170㎝
  • 体重:67㎏

久保選手と共通点が多いメッシ。小柄ですがそれをウィークポイントにせず、その体格を生かした俊敏な動きで相手チームを脅かす存在です。タックルされても倒れず、機敏なドリブルで敵間を抜き去る様はあまりにも有名ですね。

久保選手は「和製メッシ」と呼ばれ期待されています。

②アンドレス・イニエスタ

出典:サッカーキング

  • 生年月日:1984年5月11日
  • 出身地:スペイン フエンテアルビージャ
  • 身長:171㎝
  • 体重:70㎏

イニエスタもサッカー選手としては小柄ですが、技術力は世界最高峰レベルの選手ですね。ドリブルの精度が高く、まるでボールが脚に張り付いているかのようなキープ力で相手を翻弄します。

さらにパスセンスにも優れており、サイドでも中央でも場所を選ばない汎用性の高さでチームを勝利に導きます。

なんとこのイニエスタ選手、2018年のワールドカップ終了後には日本のJリーグチーム、ヴィッセル神戸へ移籍することが決まっています!ついに世界的スター選手が日本でプレーする時代になりましたね!大いに盛り上がりそうです☆

③シャビ・エルナンデス

出典:フットボールチャンネル

  • 生年月日:1980年1月25日
  • 出身地:スペイン タラサ
  • 身長:170㎝
  • 体重:69㎏

シャビもここまでに紹介したメンバーと同じくらいの身長です。しかし、その驚異的な頭の回転の速さや身のこなしに、体格差など関係ありません。中盤から局面を打開するパスさばきと守備能力の高さは、まさに中盤の支配者。誰もが認めるスーパープレイヤーです。

スポンサーリンク

久保建英のバルセロナ復帰はすでにカウントダウンが始まっている!?

FIFAの制裁がきっかけで帰国した久保建英選手。バルセロナに馴染み汗を流していた久保選手にとって、どれだけ難しい決断だったか計り知れません。しかし、遂にバルセロナ復帰に向けてカウントダウンが始まったようです!

日本に帰国してからも久保選手の進化は止まりません。2017年にFC東京のトップチームでデビューし、現在はU-23とトップチームの両方で活躍しています。U-20の日本代表としてもプレーし日々成長を続けています。

高いサッカー技術と日本人離れしたメンタルを持つ久保選手を、もちろん世界中が放っておくはずがなく、レアル・マドリードやチェルシー,PSGなどの名門クラブから問い合わせがある様子。

しかし一切それには応えず、久保選手はバルセロナへの復帰だけを目標にしているようです。そして、バルセロナもそんな久保選手の復帰を真剣に考えており、元スペイン代表だったギジェルモ・アモールらが日本での試合をフォローしています。

アモールも久保選手の止まらない進化に驚いており、「彼の年齢が達した時にレベルが一定の水準にあれば、バルセロナに戻るだろう」と語っています。久保選手や家族とも頻繁にコンタクトを取っているそうで、18歳になった時にはまずバルサBに入団するのではないかと思われます。

久保選手は年に一度はバルセロナを訪れ、元チームメイトとトレーニングしています。その練習でも狭いスペースを巧みに抜いていく技術力は高く、直観力や判断力も優れていると高評価。

ファンも久保選手の復帰を楽しみにしているそうで、うまくいけばあと1年!もうすぐです。その日が待ち遠しいことでしょう。

久保建英(くぼたけふさ)の高校どこ?

上記の理由で帰国した久保建英選手。では帰国後はどういった生活を送っているのでしょうか。年齢を考えると高校生となっている久保選手。「高校どこ?」と気になる方もいますよね。

一説には久保選手の進学先は和光高校であるとの話がネットでは噂されています。しかしながら、進学先は公表されていません。

高校どころか、なんと出身中学ですら非公開です。そのため、ここからは推論ということになりますが、和光高校が進学先の高校と噂される理由は自由な校風や外国語の教育には注力しているようでスぺイン語が堪能な、久保選手には好都合という理由からです。

2017年の偏差値は、62ということで上位ランクの高校となっています。

スポンサーリンク

久保建英(くぼたけふさ)の高校は和光以外にも候補があった?

久保建英選手の高校については和光高校以外にも進学先はいくつも候補があるようです。

  • 堀越高校
  • 東海大学付属望星高校
  • 第一学院高校(ウィザス高校)
  • 日出高校

久保選手の進学先はこの中のどこかなのでしょうか?それぞれの高校について簡単に特徴を紹介していきます!

①堀越高校

堀越高校は芸能人御用達の高校として多くの有名人が在籍、卒業している高校です。芸能人やその他有名人の進学先としてよく聞きますよね!その中でもトレイトコースというものがあり、スポーツの両立が可能なコースとして多くのアスリートを生み出しています。

②東海大学付属望星高校

こちらは通信制の高校です。そのため、授業に出席する必要がないため、久保選手にとっては練習に時間を割くことができ大きなメリットになりますね。

③第一学院高校(ウィザス高校)

こちらも②と同じく通信制の高校です。さらにはスポーツコースも充実しており、出身者にはなんと香川選手・原口選手も在籍していました。

プロサッカー選手を輩出していることから現実味がありますね。

④日出高校

日出高校も通信制の高校です。こちらも芸能人御用達の高校として有名ですよね!芸能・プロフェッショナルコースがあり、こちらは時間が中々取りづらい人には打ってつけのコースのようです。

やはり和光高校以外での候補は通信制の高校がほとんどを占めていますね!

スポンサーリンク

久保建英(くぼたけふさ)のプロフィール

  • 久保建英(くぼたけふさ)
  • 2001年6月4日の生まれ
  • 神奈川県川崎市麻生区出身
  • 身長:173センチ
  • 体重:63キロ
  • 所属チーム:FC東京

久保建英(くぼたけふさ)の身長現在は止まった?まだ伸びる可能性を検証してみた!まとめ

さて、久保建英選手の現在の身長が止まったか、まだ伸びるかについて見てきましたがいかがでしたか?

個人的には現在は高校生ですのでまだまだ身長は伸びると思います。

探してみましたが身長の伸びが止まったということはないようですね。

このままフィジカル面もしっかりと成長し、日本サッカー界を変えてくれることを期待しておきましょう!

スポンサーリンク

<関連記事>

⇒久保建英(くぼたけふさ)の高校どこ?進学先は和光高校の噂の真相!

⇒久保建英のスパイクと年俸は?海外の反応とu20日本代表も気になる!

⇒久保建英(くぼたけふさ)の弟はマリノスプライマリーの瑛史なの?才能遺伝も気になる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. パナパナ より:

    バルセロナに居たイニエスタが神戸に移籍したので、いろいろ見ていたらここに来たので書き込みます。バルセロナのボールを支配する思想は、クライフの影響もありますが、スペインの試行錯誤でもあると考えています。欧州では、スペイン人は、日本人並みにフィジカルに劣っています。しかしその欠点を補うため試行錯誤して、ボールを支配するパスサッカーを選択し、今に至っていると何年か前に知りました。スペインがW杯で優勝したことも加わり、ここ何年か日本でもパスサッカーが注目を浴びていました。それもあり、他の箇所に、育成の話が出て来る度に、スペインの育成を導入すべきと書き込んで来ました。ただし現状の日本では、パスサッカー成立のための重要な事が忘れ去られています。ほとんどパスを出す側が注目されていますが、それでは片手落ちで、受け手側の問題がスッポリ抜けているということです。それはつまり、受け手の「ポジショニングとトラップ」です。パスサッカーは、出し手と受け手の相互の技術で成り立つのです。ロシアでは、カウンターが猛威を振るいましたが、これは、縦の速いパスで距離が長くなったパスサッカーと認識できます。それらを考えながら、イニエスタを真直で見られる間は、パス出しだけでなく、オフザボールのポジショニングとボールを受けるトラップも注視したいと思っています。
    最後に、久保君ですが、FWでは、バルセロナではやっていけないでしょう。印象ですが、伝統的に、”南米バケモノFW”しかやっていけてません。なのでMFでバルセロナに残って活躍してほしいと考えています。

    • SH より:

      パナパナ様、サッカーに対する詳しい考察について、コメントにお寄せいただきありがとうございます!
      サッカー強豪国のスペインがフィジカルな弱点をもち、補ってきたとは勉強になりました。
      久保建英選手、今後のバルセロナ復帰説やポジションも含めて注目されますが、日本の星として頑張ってもらいたいですね!

  2. パナパナ より:

    イニエスタがゴールしました。
    先日ここに書き込んだことを、目の当たりにした思いです。イニエスタは、左から中央ゴール前スペースに周囲を見ながら(!)走りこんできました(ポジショニング)。右でボールを持ったポドルスキーが、走りこんだイニエスタに速いパスを出します。イニエスタは、中央少し右でボールを受け(トラップ)、そのトラップでDFをかわし、GKと1対1となり、それもかわしてゴールしました。すばらしいトラップでした。まるでボールが足に吸い付いているように見えました。今まで日本は、パサーばかりに注目が集まっていました。確かにすごいパサーが居ましたが、これを見れば、これからは、受け手の戦術に裏打ちされたポジショニングと、次のプレイを見据えたトラップが重要だというのが分かるでしょう。さらに今回の、このプレイにおいて、身長を含むフィジカルは、ほとんど関係ありません。それも重要だと書いておきます。