小藪ドラムはいつから?肉食べない理由やインスタポーズの謎とは!

小藪千豊(こやぶかずとよ)さんが、芸人として以外でも注目を集めているようですね!

いつからかドラムをやりだしたとか、肉食べない理由は何かとか、インスタポーズがやばいとか、話題性が豊富すぎます!

そんな小藪さんがドラムをいつから始めたのか、インスタポーズの流行った経緯、肉食べない理由など、改めて調べてみました!

スポンサーリンク

小藪はギャップだらけ?芸歴も異色!

小藪千豊(こやぶかずとよ)さんといえば、バラエティ番組「すべらない話」を思い出す人が多いのではないでしょうか。「すべらない話」で有名になった小藪千豊さんですが、その前はどんな活動していたかなど、芸人としての経歴を見ていきましょう。

小藪千豊さんは、もともとコンビを組んでいたそうです。1993年に山田和一さんと「ビリジアン」を結成して漫才をしていたそうな。ですが、2001年に解散。それを機に、吉本新喜劇に入団しましたが、冴えない役ばかりしか演じられず、何度も辞めようと思ったといいます。

とはいえ、2004年に座長の代役を務めて、2006年には吉本で異例のスピード出世で、座長に就くなど、めきめきと頭角を現していきます。2011年には新喜劇を広めたいとの意志から、東京の吉本に移籍。

今やすっかり東京でも名が知れましたが、小藪千豊さんは新喜劇での活動も精力的につづけていて、若いファンの獲得のために、全国を回ったり、イベントを開いているようです。

「すべらない話」で、全国的に有名になった小藪千豊さんとはいえ、「新喜劇」が原点であり、根幹でもあるようです。そこらへんが、他の芸人さんとちがう、小藪千豊さんの個性になっているのではないでしょうか?!

小藪ドラムいつから?芸人じゃなくドラマ―か!

「新喜劇」に生まれ育ったといえる、芸人の小藪千豊(こやぶかずとよ)さん。仏教好きなことといい、すこし古風なのかと思えば、ばりばりにドラムを叩けるとか。いつからやっていたのでしょう?子供のころからやっていたのでしょうか?

小藪千豊さんが、いつからドラムをはじめたかというと、2012年、まったく大人になってからですね。なんでも小藪千豊さんが主催する野外の音楽イベント「コヤブソニック」で、女性バンド「チャットモンチ―」と演奏することになって、ドラムを練習しだしたそうです。

小藪千豊さんがいつからドラムをはじめたのかも、意外でしたが、チャットモンチ―との演奏ぶりも、観客を驚かせたといいます。「いつからはじめたの?」と思ったでしょうし「芸人じゃなくて、ドラマ―だったんかい!」とつっこんだのかもしれませんね。

小藪千豊さんのドラマ―ぶりは、ライブだけでなく、テレビでも話題になりました。とくに番組「BAZOOKA!!!」で披露したのには、大反響だったようです。そうして、小藪千豊さんのドラムの活躍ぶりは、留まることをしらず・・・。

スポンサーリンク

小藪ドラムでバンド?ゲスの極みとデビューも?

なんと、小藪千豊(こやぶかずとよ)さんは、自分でバンドを作って、CDもだすことになったようです。しかもバンドには、なにかと世間を騒がせた、あの人もいるとか?

小藪千豊さんがバンドを作ったのは、番組の企画でのことのようです。BSでやっている番組「BAZOOKA!!!」でプロジェクトをたちあげて、とりあえず、番組のメンバー、小藪さん、野生爆弾のくっきーさん、tricotの中嶋イッキュウさんでスタート。それから、本格的に歌の活動をするための人材をさがしだしました。

それで声をかけたのが、バンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんと、そして新垣隆さん。それぞれの専門分野、ギターとピアノをしてもらい、川谷絵音さんには音楽のプロデューサーになってもらったようです。名前が並んでもそうですが、画像で見ると、余計にすごいメンバーに思えます(笑

そのあとはバンド名を「ジェニーハイ」に決めたり、記者会見をしたり、新曲やMVを作ったりと、どんどん事はすすんでいって、ライブでの初披露まで果たしたそうです。

さらには、ちゃんと「片目で異常に恋してる」というCDも出すことが決定!発売は2018年10月ごろだといいます。

音楽をプロデュースしたのは川谷絵音さんですが、その川谷絵音さんを入れたいと言ったのは小藪千豊さんだそうです。小藪さん自身やくっきーさんがバンドをするだけでも面白いのに、川谷絵音さんや、新垣隆さんを加えて、話題性を高めるなんて、小藪千豊さんもやり手のプロデューサーのようですね。

もちろん、話題性をつくるだけでなく、ドラムも本格的にやっているようです。新喜劇でも披露し、チャットモンチーとも演奏しているというので、芸人としてもドラマ―としても、腕を磨くのに余念がなさそうです。

小藪が肉食べない理由!餓死しそうになったら?

「肉は気持ち悪くて食べられない」という小藪千豊(こやぶかずとよ)さん。「肉食べない理由」に納得できない周りの人は、つっこまずにはいられないようです。

「肉食べない理由」を述べても、小藪千豊さんの独特な食に関する考え方を、周りはなかなか受け入れてくれない模様。それで「じゃあ、なにを食べているの?」と聞かれるのだとか。対して、小藪千豊さんはキレ気味に「野菜や魚、米を食べるにきまっている」と言い返すそうです。

「肉食べない」と言う人が珍しいので、つい周りの人は、ちょっと間抜けな質問をしてしまうようですね。「ハムがだめなら、ソーセージは?」とか「マックに行ったらなにを食べるのか」とか。

なかでも面白い問いかけが「無人島で肉以外に食べるものがなかったら?」というもの。小藪千豊さんは「食べるやん!嫌いやから食べんとこ、ってならへんやん!」と言ったそうです(笑

もう「肉食べない」がネタのフリになっているようですね。「肉食べない理由」をいくら訴えても、周りが聞き入れてくれないのは、変に思ってというよりは、小藪千豊さんの返しを期待してのことなのでしょう。

ちなみに、小藪さんが「肉食べない理由」の一説には、おじいちゃんがベジタリアンだったからではないかと言われています。「肉食べない理由」がおじいちゃんっ子だからだというのなら、キレ気味の小藪千豊さんも微笑ましく見えてきますね。

スポンサーリンク

小藪インスタポーズ?かずにょろの女子力!

新喜劇の申し子といっていい小藪千豊(こやぶかずとよ)さんですが、意外に時代の流行に乗って、インスタを使いこなしているようです。それどころか、インスタでしたポーズを流行らせているそうで・・・。

小藪千豊さんは「かずにょろ」という名前でインスタをしています。「かずにょろ」の名前の由来は謎ですが(笑、これまた謎のポーズをとる写真をよくアップされています。

今日はフジテレビさんのノンストップさんに出させて頂いて😍その後バイキングさんに出させて頂いて😘本業の@nylo_japan だよ💕やっぱいつものスタッフに囲まれて落ち着くー☺️☺️☺️テレビは緊張だね😎この後AbemaTVっっ💦💦くー😱😱また緊張🦋緊張の夏、カズニョロの夏だね😝まだ春だよっつーの✋✋ #nylonjapan #popi #カズニョロの本業は #モデルとバンド #しいて言えば新喜劇もだね #カズニョロポーズを街で要求されても断わる事多かったけど #やっぱ2018はガンガンとろー #カズニョロポーズ以外はとらねー #インスタ見てると言ってよね #急ぎと仕事と家族以外はとるよ #love #japan #もっとよい日本になりますよーに

小籔千豊(吉本新喜劇)さん(@koyabukazutoyo_shinkigeki)がシェアした投稿 –

かずにょろポーズと呼ばれて、これが大流行。有名人から一般の方まで真似て、インスタにあげているようです。他にも小藪千豊さんは思いついたポーズをしているようで、シャカシャカポーズが次に流行りそうだとか。

ポーズ以外でも、かずにょろのインスタは女子力が高い!と女子たちに絶賛されているようです。モデルが食べるような、スーパーフードを話題にしたり、流行りのアートラテを撮ったり、スキンケアをしている様子を見せたりと、こまめに、インスタをアップしているあたりも、まさに女子ですね(笑

💕二宮金次郎キャワワ😍

小籔千豊(吉本新喜劇)さん(@koyabukazutoyo_shinkigeki)がシェアした投稿 –

女子力が高いせいか、女性芸能人にも慕われているようで、一緒に撮ったものもよくインスタにあげられています。二階堂ふみさんや、水川あさみさん、中村アンさん等々。

インスタなどで見ると、かずにょろは長身でスタイルがよく、モデルさんなんかと並んでも、不思議と絵になりますよね。同じことを思った人がいたようで、かずにょろはファッション業界からお声がかかって、今や雑誌「ViVi」や「VOCE」で、モデルもしているそうです。

そのうちギャグでなく、かずにょろがパリコレでかずにょろポーズをお披露目する日がくるのかもしれません。

スポンサーリンク

小藪のプロフィール

芸人であり、座長であり、ドラマ―であり、ベジタリアンであり、インスタマスターであると、覚えきれないほどの顔を持つ小藪千豊(こやぶかずとよ)さん。とりあえずプロフィールをご覧ください!

【生年月日】1973年9月11日

【出身地】大阪府

【血液型】B型

【身長】188cm

【出身校】近畿大学附属高等学校

【事務所】よしもとクリエイティブ・エージェンシー

小藪ドラムはいつから?肉食べない理由やインスタポーズの謎とは!

ギャップだらけの小藪千豊(こやぶかずとよ)さんの、さまざまな一面を紹介してきました。テレビで拝見する芸人としての顔は、小藪千豊さんのほんの一部でしかなかったようですね。

小藪千豊さんがドラムをいつからはじめたかというと、すっかり中年になってからでてした。保守的に見えて、中年になってからバンドを組んだり、インスタでポーズを流行らせたり、女子力を見せつけたり、新しいことをどんどん取り入れて、ものにしていく柔軟性があるようです。

一方で、頑なに「肉食べない」と言い張っていますが、それもまた、ネタにして人々を面白がせています。これからも小藪千豊さんは「肉食べない理由」をネタにしつつ、新喜劇を盛り上げるためにも、若者顔負けにどんどんと新しいことに挑戦していってくれるのでしょう。楽しみです!

スポンサーリンク

■こんな記事も読まれています!

⇒小藪の嫁画像は?辻本茂雄と不仲説と身長もリサーチ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする