ボーク重子の出身高校やプロフィール(wiki)は?講演会に殺到のワケとは!

「全米最優秀女子高生」で初の日本人となった、スカイ・ボークさんを育てたママとして、ボーク重子さんが話題を集めています。

そんな自慢の娘さんを持つボーク重子さんの出身高校はどこなのでしょうか?ボーク重子さんのプロフィール(wiki)や講演会にも注目が集まっています!

そこで今回はボーク重子さんの出身高校やプロフィール(wiki)、講演会についての情報を調べてみました。

スポンサーリンク

ボーク重子さんの出身高校って?

今回、話題になったのはアメリカの「Distinguishied Young Woman(ディスティングウィシュド ヤング ウーマン)」という奨学金制度です。アメリカ中の女子高生を対象に、60年も続いている制度なんだとか。

この60年の奨学金制度で、アジア人が受賞したのは今回は初なんだそうです。女子高生それぞれの学力、リーダーシップ、コミュニケーション力、問題解決力、社会貢献度などを細かく審査して全米最優秀女子高生を選ぶのです。

これだけで受賞者がかなりの知性と教養を持っていることが分かります。娘をこれだけの女性に育て上げたボーク重子さんに注目が集まるのも納得ですね!

そんなボーク重子さんの出身高校はどこなのでしょうか?具体的な出身高校は明らかになっていませんが、どうやら福島県内の高校のようですね。

高校では音楽活動に興味を持ち「Tears」というバンドを始めたというエピソードがありました。軽音部のある高校を調べると、福島県内では10以上の学校が該当します。

それ以上の情報はないため、やはりボーク重子さんの出身高校を特定するまでには至りませんでした。今後、出身高校についての有力な情報が出てくるのを期待したいと思います!

ボーク重子プロフィール(wiki)は?

ボーク重子さんのプロフィール(wiki)にも注目が集まっているようですね。ボーク重子さんのwiki風プロフィールを作ってみました。

出典:https://tarareba-50age.com

【本名】ボーク 重子(ぼーく しげこ)

【出身】福島県伊達市川俣町

【年齢】52歳(2018年4月時点)

【居住地】ワシントンDC

ネット上のボーク重子さんのwiki風プロフィールによると、ボーク重子さんのご実家は英語塾をされており、重子さんご自身も非常に厳しく育てられたようです。なんと驚くことに小さい頃から百人一首を覚えさせられていたなんてエピソードもありました!

ご両親のうち、特にお母様はかなりのスパルタ教育だったようですね。また、少し年上の従姉が優秀だったようで、お母様にはいつも従姉と比べられていたとか。子供心にも辛いですよね。年上なら上手にできるのはある意味当たり前ような気がしますが、厳しいお母様だったようですね。

成長した重子さんは中学に入り、「福島県内5位」という優秀な成績を収めます。しかしその後、まったく勉強が手につかなくなってしまいます。成績が落ちてしまう恐怖からそうなってしまったそうです。思春期に入り、悩んでしまったんですね。

結局、高校受験の勉強のしないまま、なんとか高校に入学したそうです。そんな状態が続き、高校卒業後は目的もないままなんとなく大学進学したといいます。なんとなくで大学に行けるなんて、頭が良くないとなかなかできないですよね(笑

大学名も気になるところですが、残念ながら大学名までは明らかになっていませんでした。卒業後は外資系の会社に就職しています。

社会人になった重子さんに、アメリカ人のボーイフレンドができます。しかし結婚間近と思われた矢先になんと重子さんはフラれてしまいました><。フラれたショックで仕事を辞め、アートを学ぶためにイギリスの大学院に留学し、なんと現代美術史の博士号を取得されました。

ずいぶんな方向転換というか、ショックとはいえ重子さんの行動力はすごいですね!そして普通の人では思い立っても、なかなか実力がついていきません。やはり重子さんは頭がいいんでしょうね。そしてイギリス留学中に、今のご主人と知り合ったそうですよ☆

スポンサーリンク

ボーク重子さんの現在の職業は?

ボーク重子さんのプロフィール(wiki)をまとめたところで、現在重子さんが何をされているか気になりますよね。実はボークさん、大学院で学んだことを生かし、美術画廊のオーナーをされているんです!かっこいいですね。

まだまだ人種差別が残るアメリカで起業するのは、相当大変なようですよ。そんな中でお店はわずか2年で大繁盛し、アメリカ副大統領夫人のVIPも獲得するのなど、大成功を収めているようです。

差別や文化の違いなどもあり、成功までにはきっと想像もできないほどのご苦労と努力があったと思います。ボーク重子さん、相当な情熱の持ち主ですね!またボーク重子さんご自身の教育方法について本も書かれているそうで、この本もまた大変な売れ行きだそうです。

全米最優秀女子高生を育てたボーク重子さんの教育法ですから、きっと誰もが興味ありますよね!私も知りたいです(笑)

ボーク重子の家族構成は?

現在のボーク重子さんの家族構成を見てみましょう。先ほども述べましたが、重子さんはイギリス留学中に現在の旦那様と知り合い、ご結婚されます。

旦那様の情報、気になりますよね!旦那様はアメリカ人で、Timothy Bork(ティモシーボーク)さんというそうです。現在74歳で「skye LLC」という会社の社長さんだそうです。

「skye」といえば、全米最優秀の娘さんの名前もスカイさんでしたね。会社名は娘さんの名前からとったのでしょうか?そうだとしたら娘さん想いのいいお父さんですね。

ボーク重子さんとは20歳以上も年の離れたご夫婦です。

出典:http://gj.hatenablog.jp

とても仲の良さそうなご夫婦ですね!お二人には可愛い一人娘がいらっしゃいます。それが「全米最優秀女子高生」のスカイ・ボークさんです。

出典:https://cat-kage.com

とても美人な娘さんですね!これでさらに頭もいいのですから、ご両親はさぞ鼻が高いだろうろ思います。日本人とアメリカ人のハーフだそうですから、「全米最優秀女子高生」は「日本人初」というより「日系初」といったほうが正しいかもしれませんね。

スポンサーリンク

ボーク重子の講演会に殺到のわけとは?

そんな素敵なご家族に囲まれたボーク重子さんですが、講演会が開かれ、参加希望者が殺到したそうです。期待の高い講演会だったようですね。どんな内容の講演会だったのでしょうか?それはボーク重子さんの教育法についての講演会でした。

ボーク重子さんは母として教育の信念があったそうです。それは「学習習慣」「自分で考える力」「回復力」「やりぬく力」「自己表現力」これら5つの力を磨くことだそうです。

結構、項目が多いですね(笑)こんなたくさんの項目を教え込む方法が是非知りたい!とボーク重子さんの講演会に希望者が殺到したそうですよ。

親として大切なことは「自分の力で生きていける道を選べるよう支えること」だというボーク重子さん。「これをしなさい!」「あれをしなさい!」ではなく、子供を信頼して子供がどうしたいのかを聞いてあげることが大切だと言います。

幼少期に従姉と比較されたり、スパルタ教育を受けてきた重子さんだからこそ、それをしないよう娘さんには人一倍気を付けてきたのかもしれませんね。

「全米最優秀女子高生」を育て上げたボーク重子さんの子育て方法の講演会に、注目が集まっています。

ボーク重子の子育て法って?

ボーク重子さんの子育て法、もう少し詳しく知りたいですよね。講演会の一部かもしれませんが、ボーク重子さん独自の4つの子育て法がネットに挙がっていました。

一つ目は母親業に時間制限を設けること。夜10時半~朝7時半までは、子供中心の生活ではなく、自分のための時間にしていたそうです。そしてそれ以外の時間は思いっきり娘に時間をかける!そうすることで娘さんはママの時間を尊重し、それが他人の人生を尊重することに繋がったそうですよ。

二つ目はお手伝いです。当たり前の躾のような気がしますが、重子さんは意識してそれに取り組まれたんですね。娘さんに「やってもらって当たり前」と思わせないように、必ずお手伝いをさせたそうです。それによって感謝の心を忘れない子に育つそうですよ。

三つ目は「危ない」と言わないこと。自分で生きる力を付けてほしいと願っていた重子さんは、よほどのことがない限りは「危ない」からといって、子供の行動を遮らなかったそうです。「こうすると痛い」「これをすると危険」というのを子供が自ら学んでいったんですね。

四つ目は子供の個性を大切にすること。自分と娘は違うということを必ず念頭において接したそうです。だから「こうしなさい」「ああしなさい」と自分の価値観を押し付けることはしなかったのです。

当たり前のようなことばかりですが、意識しないと意外とやってしまっていることなのかもしれませんね。特に四つ目は意識しないとすぐに「どうしてこれができないんだろう?分からないんだろう?」となってしまいがちですね。

■ボーク重子さんの教育論を学びたい方はこちらがオススメです↓クリック

ボーク重子の出身高校やプロフィール(wiki)は?講演会に殺到のワケとは!まとめ

ボーク重子さんの出身高校やプロフィール(wiki)、講演会に殺到のワケをまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

ボーク重子さんの出身高校は残念ながら分かっていませんでした。今後有力な情報が出てくることに期待したいですね!プロフィール(wiki)についても、まだまだ謎の多いボーク重子さん。有名人になり、少しずつ明らかになっていくのでしょうか。楽しみですね。

また講演会に殺到のワケは、ボーク重子さんの独自の教育法にあるようです。

「全米最優秀女子高生」を育て上げた最強母が日本人だということは、同じ日本人として誇らしいですね!そんな最強母のボーク重子さんを、これからも応援していきたいです。

スポンサーリンク

■こんな記事も読まれています!

⇒スカイボークのインスタは?スピーチやバレエについても調べてみた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする