あせとせっけん漫画1話~無料購読や試し読みは?単行本発売時期も調べた!

■お急ぎで漫画「あせとせっけん」を試し読み&無料購読したい方はこちら↓

■世界最大級の書籍サイト「ebookjapan」で試し読みも無料購読も可能です!

★登録だけで無料ポイントをGETできます!

★他にもポイント還元サービスや無料漫画コーナーなどコンテンツも充実!

■クリックはこちら↓■

漫画「あせとせっけん」を試し読み&無料購読したい方はクリック

「Dモーニング」で連載中の漫画「あせとせっけん」がついに単行本になることもあって、話題になっていますね!ここは是非とも、単行本になる前に1話くらい、無料で試し読みしてみたいところです。

書店ではビニールに包まれていて試し読みができない漫画「あせとせっけん」。なんとかネットで無料で1話を試し読みできる方法がないか、調べてみました!

スポンサーリンク

あせとせっけんってどんな漫画?Dモーニングとは?

漫画「あせとせっけん」は週刊漫画雑誌「Dモーニング」で連載されているラブコメの漫画です。あれ?雑誌「モーニング」は聞いたことがあるけど「Dモーニング?」と首をかしげる人もいると思うので、まず「Dモーニング」についてご紹介したいと思います。

「Dモーニング」は週刊漫画雑誌「モーニング」のWEB版です。月額500円で最新号から、会員になってからのバックナンバーを含めて読み放題になっています。

「Dモーニング」の特徴は、月額で読み放題という以外に、なんといってもWEB版でしか読めない漫画の連載があるということです。そんなWEB限定のオリジナル漫画が「あせとせっけん」になります。

雑誌には載っていないわけですが、それでも、WEBではあの「クッキングパパ」と同じ土俵で連載していますし、競争が激しいとされる本誌で、WEBでも生き残っているのだから、「あせとせっけん」は十分に人気があって面白いのでしょう。

いずれは、前に連載していた「宇宙兄弟」のようにアニメ化したり、映画化するかもしれませんね!

あせとせっけんストーリーは?

「あせとせっけん」とひらがな読みすると、よく分からないですが、漢字にすれば「汗と石鹸」になります。面白いタイトルですが、どんなストーリーなのか、あまり想像がつかないですよね。

漫画「あせとせっけん」の主人公は汗っかきなOL、八重島麻子(やえしまあさこ)。もともと汗をかきやすいうえに、そのことが気になって焦るせいか、さらに汗をかくという、悪循環に陥った相当な汗っかきで、体臭にも悩んでいます。化粧品やバス用品を扱う大手の会社に勤めているから、余計に神経を尖らせてしまうのでしょうね。

タイトル「あせとせっけん」の「汗」は、主役の汗っかきな八重島麻子をさしているようです。では「石鹸」に当たるのは誰かというと、同じ会社で働く商品開発部の、名取香太郎(なとりこうたろう)。

デオドラント製品を駆使して、なんとか汗かきなのが、ばれないようにしている八重島麻子の体臭に気づいて、「素晴らしい!」と彼は言います。なんでも、八重島麻子の体臭を嗅ぐと、インスピレーションが湧いて、新しい石鹸開発ができそうだとのこと。

はじめは「変態!」と思って逃げだす(そりゃそうだ)八重島麻子でしたが、あまりに名取香太郎がしつこく且つ、真剣に迫ってくるものだから、そのうち折れて、協力することになります。

とはいえ、渋々だったはずが、八重島麻子汗はにおいを嗅いでもらうのを、待ち望むようになったり、名取香太郎も、単に石鹸開発のためというだけでなく、彼女を意識しだして・・・・と汗かきを悩む女性と、石鹸開発に燃える変態じみた男性の、コミカルでちぐはぐなやりとりや、結構、色気のある恋愛模様が描かれています。

ラブコメとはいえ、汗かきという、本人にとってはコンプレックスが、他人にすれば価値のあるものという考え方は、別の意味でおもしろいですね。物事には、そういった二面性があることを教えてくれるあたり、意外に胸に突き刺さる話かもしれません。

一方で汗の匂いを嗅ぐという行為は、色っぽく、いい意味で心臓を悪くもしそうです(笑)

スポンサーリンク

あせとせっけんの山田金鉄先生!どんな漫画家?

漫画「あせとせっけん」を描いたのは、漫画家の山田金鉄先生。これまでにだした漫画の単行本はなく、連載は「あせとせっけん」がはじめてという、山田金鉄先生は、どんな人なのでしょう。

山田金鉄先生は漫画「鉄腕ワビスケ」で2010年に手塚治虫賞、準入選を果たしました。それから「少年ジャンプNEXT!」の「2011 SUMMER号」で「テンカの花嫁」で雑誌デビュー。

つづけて「少年ジャンプNEXT!」で「テンカの花嫁」、「ジャンプ+」にWEBで「ウルフ&ラビット」を掲載しました。

ただ、中々連載まで、こぎつけられなかったようで、2018年6月より、やっと「あせとせっけん」で連載をはじめることができました。「あせとせっけん」もはじめは、読み切りだったのを、人気があったとのことで、連載に変わったといいます。

オリジナルの同人誌をだしていたこともあったようです。絵柄や表紙の雰囲気を見ていると少年誌「ジャンプ」にあった作品のようですね。

少年誌「ジャンプ」から青年誌「Dモーニング」に移った理由が気になるところです。はじめは、少年誌らしい漫画を描いていたはずが、なぜ、青年誌向けの、色気も盛り込んだ作風に転換したのか・・・・山田金鉄先生の、今度の活躍で、そこらへんの事情が分かってくると、もっと面白いかもしれませんね!

あせとせっけんの単行本はいつ発売?単行本発売を待たなくても読める?

漫画「あせとせっけん」はまだ、2018年9月時点では、まだ単行本がでていません。待ちきれない!どんな漫画なのかチェックしておきたい!という人には、単行本発売を待たずに、読める方法があるようです。

漫画「あせとせっけん」、待望の1巻の単行本は2018年10月10日に発売されます。2018年9月時点では、発売までもう少しのところですが、単行本がでる前に、一応「あせとせっけん」を読むことができます。

1つは「あせとせっけん」を連載している「Dモーニング」に登録すること。今から登録すれば、新しい「あせとせっけん」の話が毎週読むことができます。すでに登録している人は、登録した時点まで遡ってバックナンバーを読むことも。

2つ目は電子書籍を扱っているサイト「ebookjapan」の分冊版。「ebookjapan」では漫画「あせとせっけん」を1話ごと100円でばら売りをしています。単行本を買うより、高ついてしまうかもしれませんが、発売前に10話分は読むことができます。

WEBで連載している漫画なので、電子書籍になるのは早いようです。いちいち単行本化するのを待っていられない人には、分冊版がでている「あせとせっけん」はいいかもしれませんね。

■世界最大級の書籍サイト「ebookjapan」で試し読みも無料購読も可能です!

★登録だけで無料ポイントをGETできます!

★他にもポイント還元サービスや無料漫画コーナーなどコンテンツも充実!

■クリックはこちら↓■

漫画「あせとせっけん」を試し読み&無料購読したい方はクリック

あせとせっけんを無料で1話読める?試し読みは?

「Dモーニング」で月額を払うのも、「ebookjapan」で分冊版を買うのもなあ。まずは、どんな漫画か無料で試し読みできないの?と思うところですよね。

分冊版がある「ebookjapan」では、ちゃんと無料で試し読みできるようになっています。しかも、分冊版の1話ごとを試し読みできるという。3,4ページほどですが、絵柄や漫画の雰囲気などをチェックするなら、十分だと思います。

もしはじめて「ebookjapan」を利用する人なら、会員登録するだけで300ポイントもらえるので、3話分は「あせとせっけん」を無料で読むこともできます。

連載をしている「Dモーニング」でも、登録して月額を払わなくても、無料で今週号を試し読みができます。

あとは、「モーニング」をはじめ「アフタヌーン」「イブニング」が合同で運営している公式サイト、「モアイ」では、1話だけでなく3話まで無料で試し読みができます。こんなボリュームだと、もう試し読みではないように思えるほど、太っ腹です。

この無料試し読みと「ebookjapan」を併用したらすごいことになりますね!

単行本1巻がめでたく発売されることもあって、これから無料で試し読みできるボリュームが増えたり、他でも読める機会が増えてくるかもしれませんね!

■世界最大級の書籍サイト「ebookjapan」で試し読みも無料購読も可能です!

★登録だけで無料ポイントをGETできます!

★他にもポイント還元サービスや無料漫画コーナーなどコンテンツも充実!

■クリックはこちら↓■

漫画「あせとせっけん」を試し読み&無料購読したい方はクリック

あせとせっけんを無料で読める?ebookjapanって何?

漫画「あせとせっけん」を分冊版で売っていて、その1話ごとに無料の試し読みができる「ebookjapan」。数ある電子書籍を扱うサイトのなかでも、他と違った、どんな特徴があるのでしょう。

電子書籍を扱う歴史と実績あり!

「ebookjapan」は世界最大級のコミックを取り揃えていると言われています。

2000年からサービスをはじめたというので、電子書籍を扱う経験が豊富ですし、Yahoo!の子会社で、上場したこともある会社が運営しているとのことで、信頼感があります。

システムも、安定していて使いやすいと評判です。

漫画が売り!毎日無料の漫画を配信!

電子書籍でも、とくに漫画が充実していて、9000タイトル以上あると言われています。作品を取り揃えるだけでなく、よくキャンペンーンや特集を組んだり、セールをしたり、まとめ買いができるようにしたり、読みたい漫画が見つけやすく、お得に手に入るようなサービスもしています。

漫画でも、ジャンルは幅広く、とくに手に入りにくくなった古い名作や、マイナーな作品も紹介してくれているとか。

漫画が無料で試し読みできるだけでなく、毎日1話を無料で読める漫画も配信しているので、無料でも十分に楽しめるようになっています。

本当の本棚のようなリーダー!オフラインでも可!

「ebookjapan」では買った漫画を、本棚に背表紙を見せて並べるように見える機能があります。

電子書籍はかさばらない分、どうしても、漫画を買った感がありませんよね。ただ、この機能を使えば、全巻が並ぶ背表紙なんかを眺めて、「揃えたなあ」と感慨深くもなれそうです。

この本棚の機能が使えるアプリebiReaderでは、他にも漫画をオフラインで読むことができます。また、5つまでの端末で漫画を共有できるとのこと。

ebookjapanでしか読めない名作も豊富に!

世界最大級のコミックの品揃えを誇る「ebookjapan」、なんとここ「ebookjapan」でしか読めない名作も取り揃えているといいます!

その一例がコミックの中でも名作中の名作、「三国志」「おそ松くん」。なんと意外にも「ebookjapan」のみでの配信とのこと!

他にも過去の名作もゴロゴロと揃えてありますので、なつかしの漫画をじゃんじゃん楽しんじゃってください☆

はじめて登録して期間限定でお得!

「ebookjapan」をはじめて利用するひとは、会員登録しただけで300ポイントがもらえます。

さらには、「スタートキャンペーン」にエントリーすると、その月の買った漫画などの合計金額の50%が、ポイントで還元されるといいます(ただし5000ポイントまで)。

2018年9月時点では、まだキャンペーンをやっているとはいえ、予告なしに急に終わることがあるといいます。なので、早めにキャンペーンにエントリーして、これを機会に読みたい漫画を一気に買ってもいいかもしれません。

Yahoo! JAPAN IDを持っていると、さらにお得!

「ebookjapan」に会員登録して、ログインした後、Yahoo! JAPAN IDで連携登録することができます。連携登録をすると、はずれ無しの、最大1万ポイントがもらえるスロットができるのだそうです。

キャンペーン期間中の9月には、毎週スロットができるといいます。1等は1万ポイント、2等は1000ポイント、3等は100ポイント、4等は10ポイント。はずれ無しというので、1回に10ポイントは必ずもらえるようですね。

キャンペーンの期間は2018年9月中だけですが、「ebookjapan」はYahoo!の子会社なので、このあとも、Yahoo!JAPAN IDと連携したサービスがあるかもしれません。

■世界最大級の書籍サイト「ebookjapan」で試し読みも無料購読も可能です!

★登録だけで無料ポイントをGETできます!

★他にもポイント還元サービスや無料漫画コーナーなどコンテンツも充実!

■クリックはこちら↓■

漫画「あせとせっけん」を試し読み&無料購読したい方はクリック

あせとせっけん漫画1話~無料で読める?単行本発売時期も調べてみた!まとめ

漫画「あせとせっけん」がどんな漫画なのか、内容についてや、電子書籍で手軽にお得に読める方法などを紹介してきました。すこしでもお役に立てれば幸いです。

漫画「あせとせっけん」は汗っかきのOLという、今までにない個性のある女性が主役のようです。石鹸開発に励む同じ会社の男性との恋愛模様は、斬新に思えますが、人は無意識に匂いレベルで、相性のいい人を見つけるというので、根源的な恋愛の物語なのかもしれませんね。

めでたく発売される第1巻の単行本は、2018年10月10日発売。単行本が出る前に、読むには「Dモーニング」のバックナンバーを探すか、「ebookjapan」の分冊版で1話100円で購入する方法があります。

「ebookjapan」では分冊版の1話ごとに無料で試し読みができますし、雑誌「モーニング」も運営している「モアイ」というサイトでは、1巻発売を記念してということもあって、1話から3話まで読むことができます。

漫画「あせとせっけん」は雑誌「モーニング」web版でオリジナルに連載している漫画です。だから、これからは、分冊版がでるなど、紙面と違ったwebならではのサービスの展開がされるかもしれませんね。

スポンサーリンク

※本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況はebookjapanサイトにてご確認ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする