箱根駅伝2019日程やコースは?シード校や新入生もチェック!

今ではお正月の風物詩になっている箱根駅伝ですが、今まで数々の名場面や名勝負を生み出しています。毎年お正月に見るのを楽しみにしている方も多いようです。そんな箱根駅伝の2019年の日程やコースはもう決まったのでしょうか?シード校や新入生の情報も気になりますね!

今回は箱根駅伝2019の日程やコースについて、またシード校や新入生についても最新情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

箱根駅伝2019日程は?

箱根駅伝は正式名称を「東京箱根間往復大学駅伝競走」といいます。今回行われるのは、第95回になります。もう95回目になるんですね!かなり歴史のある大会であることが良く分かります。

そんな第95回箱根駅伝2019の日程が発表されました。往路と復路で日程が分かれていますが、

  • 往路は2019年1月2日(水)午前8:00にスタートします。
  • 復路は翌日、2019年1月3日(木)午前8:00スタートです。

毎年1月2日と3日に開催されていますので、例年通りの開催ということになります。日本テレビ系列で午前7:00~生中継が始まる予定となっていますので、その時間になったら、家族でテレビの前で応援ですね!

箱根駅伝2019のコースは?

箱根駅伝2019のコースですが、日程と同じく例年と同じコースになる予定です。そのコースを簡単にご紹介しますね。

まず1月2日午前8:00に大手兆の読売新聞社前から、「1区」を担当する第一走者がスタートします。1区は鶴見中継所までの21.3㎞を走るコースです。新八ツ山橋や六郷橋など、ところどころに橋があり、そこで上り下りの起伏があるのがポイントです。

鶴見中継所~戸塚中継所までの23.1㎞を走る「2区」を担当するのが、「花の2区」とも呼ばれ、エースが投入されることが多いコースです。横浜みなとみらいや横浜駅付近を走ります。権太坂は上りも下りも激しく、見どころの一つです。

戸塚中継所~平塚中継所までを走るのが「3区」を担当するランナーです。21.4㎞の相模湾を望む景色のいいコースですが、風や砂、日差しなどで辛い戦いになることもあります。後半は富士山を見ながら、中継地点を目指します。

「4区」や平塚中継所~小田原中継所までの20.9㎞を走ります。昔は「新人区間」と呼ばれていましたが、今は距離が延び「準エース区間」と呼ばれています。ラスト2.5㎞は上り坂が続く、厳しいコースです。

ラストの小田原中継所~箱根まで20.8㎞を走るのは「5区」走者です。高低差が800mもある厳しいコースで、上りも下りもかなり急こう配となっています。途中のヘアピンカーブはレースの見どころの一つです。最後は一の鳥居をくぐり、ゴールを目指します。

1月3日は箱根を出発し、反対に進みながら再び東京を目指します。合計10区間で、距離は217.1㎞に及びます。これが「東京箱根間往復大学駅伝競走」のコースです。

スポンサーリンク

■箱根駅伝の詳細をもっと知りたい方はこちらもどうぞ↓クリック

箱根駅伝2019新入生の気になる情報は?

大学別に争われる「東京箱根間往復大学駅伝競走」ですが、気になる新入生情報も調べてみました。先輩たちの間で、新入生の頃から活躍できる選手はそう多くはありませんが、期待される新入生はいるのでしょうか?

まずは青山学院大学です。水戸工業出身の湯原慶吾選手と、八千松陰出身の飯田孝之選手は期待されている新入生といえるでしょう。入学から順調にタイムも伸びているようです。

顔もなかなかイケメンで、人気が出そうな飯田選手ですね☆今年の即戦力として期待されていますよ!

次が東洋大学の新入生、鈴木宗孝選手です。氷取沢高出身の選手ですが、全日本にも6区にエントリーされ健闘しました。高校時代は無名だったのですが、伸びしろがあると監督に注目され、大学に入ってからの活躍に期待されていますよ。

早稲田大学の新入生は粒ぞろいだと評判です。中でも佐久長聖出身の中谷雄飛選手が注目されています。

スーパールーキーと言われる中谷選手だけでなく、学法石川出身の半澤黎斗選手や東農大二出身の千明龍之介選手、浜松日体出身の太田直希選手など、4人もの期待の新入生を獲得しています。何人が即戦力として、箱根駅伝に出場するのか楽しみですね!

帝京大学で注目されている新入生が古川工出身の遠藤大地選手です。全日本では3区を走り、3位と好走を見せました。中野監督の下で、実力を伸ばしたいという生徒も増えてきているようです。皆さんもお気に入りの選手を見つけて、応援してみるのも楽しいですよ!

スポンサーリンク

箱根駅伝2019シード校は?

第95回箱根駅伝2019に出場するチームは、前年大会で総合順位10位以内に入ったシード校11校と、予選会を通過した大学10校、関東インカレ成績枠の適用校1校、そして関東学生連合チームの23チームと決まっています。

今回は5年ごとの記念大会のため、出場校が2枠増設されています。通常10校である予選会から11校、関東インカレ成績枠の1校です。つまり2019年の箱根駅伝は、出場校が例年より多いので、格別の盛り上がりも期待できるわけですね。

まずシード校から見てみましょう。前年の上位10校ですね。

  • 青山学院大学(11年連続24回目)
  • 東洋大学(17年連続77回目)
  • 早稲田大学(43年連続88回目)
  • 日本体育大学(71年連続71回目)
  • 東海大学(6年連続46回目)
  • 法政大学(4年連続79回目)
  • 城西大学(2年連続15回目)
  • 拓殖大学(6年連続40回目)
  • 帝京大学(12年連続20回目)
  • 中央学院大学(17年連続20回目)

以上が前年上位10校のシード校になっています。さらに関東インカレ成績枠として、日本大学(1年連続88回目)が出場権を獲得しています。

箱根駅伝2019シード校以外の出場校は?

箱根駅伝2019のの予選会は、2018年10月13日に行われました。コースは東京の陸上自衛隊立川駐屯地から国営昭和記念公園までの21.0975㎞のコースです。

出典:https://sports.yahoo.co.jp/

この予選会の上位11校が、箱根駅伝2019への出場権を獲得しました。シード校以外に箱根駅伝2019に出場する大学を見てみましょう。

  • 駒澤大学(53年連続53回目)
  • 順天堂大学(8年連続60回目)
  • 神奈川大学(9年連続50回目)
  • 國學院大學(3年連続12回目)
  • 明治大学(2年ぶり60回目)
  • 東京国際大学(2年連続3回目)
  • 大東文化大学(7年連続50回目)
  • 中央大学(2年連続92回目)
  • 国士舘大学(3年連続47回目)
  • 山梨学院大学(33年連続33回目)
  • 上武大学(11年連続11回目)

箱根駅伝2019日程やコースは?シード校や新入生もチェック!まとめ

箱根駅伝2019日程やコースについて、またシード校や新入生情報についてもまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

日程やコースについては、2019年も例年と同じように開催される予定となっています。気になる新入生もたくさんいましたね!新入生のうち何人が、箱根駅伝2019メンバーに選ばれるのでしょうか?

長い歴史のある箱根駅伝ですが、今やお正月に欠かせない日本の風物詩にもなっていますね!毎年いろいろなドラマが繰り広げられる箱根駅伝、毎年欠かさず見ている方も初めて見る方も、2019年のお正月は是非ご家族皆さんで楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

■こんな記事も読まれています!

⇒塩尻和也の進路は?彼女と出身校についても調べてみた!

⇒森田歩希(ほまれ/青学)の父や妹は?走り方や高校も調べてみた!

⇒橋詰大慧(たいせい/青学)進路や高校は?彼女やネックレスも気になる!

⇒山藤篤司(やまとうあつし/神奈川大学)の進路は?高校や彼女・家族も調べた!

⇒その他の歴代の箱根駅伝選手記事はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] ⇒箱根駅伝2019日程やコースは?シード校や新入生もチェック! […]