いだてん動画1話~フル視聴!youtube,pandora,デイリー以上のメリットは?

■お急ぎで「いだてん」(NHK大河ドラマ2019)動画をフル視聴したい方はこちら↓

■「U-NEXT(ユーネクスト)」で動画が見られます!

★31日間無料トライアル実施中です!

▼クリックはこちら↓▼

「いだてん」(NHK大河ドラマ2019)動画を【無料お試し】で見る↓クリック

2019年1月6日から始まった注目のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」。1話を見逃し、youtube,pandora,デイリーモーションの動画に注目が集まっているようです。

今回はyoutube,pandora,デイリーモーション以外に、1話の動画を見る方法をご紹介します。「いだてん(NHK大河ドラマ2019)」のあらすじや見どころも注目です!

いだてん(NHK大河ドラマ2019)あらすじは?

物語が始まるのは1912年(明治45年)、日本が初めて夏季オリンピックに参加した年のストックホルムオリンピックからです。このオリンピックで、日本は大惨敗を喫しました。そこから1964年(昭和39年)の東京オリンピック開催までの52年間までには、いろいろなことがありました。

1940年の幻となった「東京オリンピック」をはじめ、日本の敗戦、そして復興。この歴史を4つの章に分け、主人公2人がリレーする形で放送されます。主人公は日本人初のオリンピック選手となった「日本のマラソンの父」金栗四三、そして東京おオリンピック招致のために尽力した日本水泳連盟元会長の田畑政治です。

さらにこの物語は五代目古今亭志ん生が「オリムピック噺」という架空の落語で語っていく形式となっていて、志ん生自身のストーリーも入っています。志ん生視点から見た明治から昭和までの東京の変遷も描かれています。斬新な形式の大河ドラマになりそうですね!笑いあり涙ありの当時の日本人の姿が描かれたドラマです。

いだてん(NHK大河ドラマ2019)がスタート!1話視聴後の感想は?

戦国時代や明治維新モノが好きだった私は、今年の大河ドラマの時代設定が明治後期から昭和にかけてのものでしたので、かなり抵抗がありました。 はじまってみると、想像していたものと違い、面白い。

これまでの源平モノや戦国・江戸時代、明治維新と行った武将モノとは時代背景が違っており、時代劇モノが苦手だった人でも、入り込みやすい内容になっていると感じます。 話しの進む展開も、テンポよく、見ていても引き込まれていきます。

1話では豪華なキャストが勢ぞろいのような感じで楽しませてくれました。 個人的に別所さん好きなのですが、柔道の生みの親として、オリンピックに日本を参加させるための窓口としての適任者=ライトマンとして喜びながら頑張っているシーンなどは個人的にはよかったです。

見るまでは、今年は見ないかななんて思っていましたが、喰わず嫌いになるところでした。40代男性

いだてん、面白かったですね。 東京オリンピックを2020年に控えているので、オリンピックに関してちょっと興味があったのですが、日本人が初めて参加したストックホルム大会のこととか、東京オリンピック招致に関してのこととか、全く知らなかったので、興味を持って見始めました。

すると、さすがというか、宮藤官九郎さんの脚本はスピーディーで随所に小ネタが仕込まれているようで、見ていて飽きることがありません。 語りが東京オリンピック招致間近の1960年の古今亭志ん生さんで、志ん生さんが自分の過去を交えながら主人公である金栗四三や嘉納治五郎について語るため、時代があっちこっち移動するので、気が抜けません。

金栗さんの真面目な人生と、志ん生さんの破天荒な人生が入り混じって、その時代の東京のことがよくわかります。 目まぐるしく場面が展開するので、付いていくのが大変ですが、飽きずに見ることが出来るし、クスッと笑えるところも多いし、楽しんで見られる大河ドラマだと思いました。 今年一年楽しめそうです。40代女性

大河ドラマを観るのはかなり久しぶりだったのですが、いよいよ来年に迫った東京オリンピックにも関係の深い内容で、とても興味深く見ることができました。途中主人公に絡んできたイケボ教師、どこかで見たことがあるな……なんの俳優さんだっけ?と思っていたら、姜尚中さんでびっくり。

普通の俳優やタレントではない人もこうやって登場してくるんですね。素足で走るシーンがありましたけど、怪我とかしたりしないのかな?ちょっと心配になりました。

話の構成が2つの時代を何度も行き来するためか、たまについていけない時があるのですが、話はとても面白いし、なによりも大好きな女優である綾瀬はるかさんが出演されているので、今後に期待したいなと思っています。30代女性

ペースがとても早く「いだてん」とともに走っているような感じです。タイトルバックの東京の街と登場人物が合成されているのがカラフルでポップで楽しいです。テンポも同じ宮藤官九郎原作「あまちゃん」のタイトルバックを思い出します。

北野武演ずる古今亭志ん生の話し方がモゴモゴしていてせっかくの噺の面白さが伝わらないのがちょっと残念です。 金栗四三演ずる中村官九郎は顔立ちや様子が昭和初期にピッタリな感じでとても好感が持て物語にスッと入っていけます。

大河といと時代劇という印象がありましたが、明治、大正、昭和という時代は却って新鮮で、しかも普通の人々の暮らしを扱っているのがとても良いと思います。一生懸命に暮らす普通の人々を魅力的に描くドラマって素敵です。40代女性

いだてん(NHK大河ドラマ2019)見逃した?安易にyoutube,pandora,デイリーモーションの危険とデメリットは?

■「U-NEXT(ユーネクスト)」で動画が見られます!

★31日間無料トライアル実施中です!

▼クリックはこちら↓▼

「いだてん」(NHK大河ドラマ2019)動画を【無料お試し】で見る↓クリック

いだてん(NHK大河ドラマ2019)動画1話~をお試し無料でフル視聴できる方法とは?

それでも「いだてん(NHK大河ドラマ2019)」の第1話を見逃した方は、どうしても第1話の動画をいる方法が気になりますよね。一般的にはyoutube,pandora,デイリーモーションの動画がよく知られていますが、youtube,pandora,デイリーモーション以外にも方法はあるんですよ。

国内最大級級の動画配信サービス「U-NEXT」で最新ドラマや最新番組を視聴することが可能です!

U-NEXTでは本来なら月額1,990円で見放題作品やレンタル作品を視聴できるサービスですが、今ならお試し視聴で見放題作品を31日間無料で楽しむことができます!

動画配信サービスは民放のものが多いイメージですが、U-NEXTには「NHKオンデマンド」というサービスが含まれていて、そこからNHKの人気ドラマや人気番組なども見逃し視聴ができてしまうのです!

この方法でyoutube,pandora,デイリーモーションの動画を使わずに、「いだてん(NHK大河ドラマ2019)」第1話を安全に見ることができますね。

他にもU-NEXTのメリットは沢山ありますので、まとめてみました!

せっかくですから、youtube,pandora,デイリーモーションを使わずに、「U-NEXT」を使って安全に、お得に第1話の動画を楽しんでみてください!

■「いだてん」(NHK大河ドラマ2019)動画をフル視聴したい方はこちら↓

■「U-NEXT(ユーネクスト)」で動画が見られます!

★31日間無料トライアル実施中です!

▼クリックはこちら↓▼

「いだてん」(NHK大河ドラマ2019)動画を【無料お試し】で見る↓クリック

いだてん(NHK大河ドラマ2019)とドラマ「陸王」が似てる?

2019年のNHK大河ドラマ「いだてん」、そして2017年にTBSの日曜劇場で放送された大人気ドラマ「陸王」、この二つのドラマが似ているのでは?!という噂も当初はあったようですね。

キャストが役所広司さんが重なっていること、また「ランナ=走り」に焦点を当てたドラマということでコンセプトなども似ていると思われていたようです。

視聴者のご意見:

はじまるまでは、TBSの陸王と内容もキャストもかぶっているといわれていたので、どんなものか?と興味半分で見始めました。 確かに陸王と同じくマラソンの話で、役所広司も出ていて似てるなと思っていました。 しかし、時代背景が異なり、主役のキャラが全く違うので似通うところにひっかかりことはすくないです。 30代女性

実際には「いだてん」と「陸王」は時代背景も異なりますし、ストーリーも違ったものですが、マラソンや駅伝が好きな方、ランナーとしてスポーツを楽しまれている視聴者の方には、共感をもって楽しめるという点では共通しているのかもしれません!

2017年に放送されたドラマ「陸王」を改めてご覧になりたい方はTBS系列の動画配信サービスパラビ(Paravi)でご覧になれますので、こちらも合わせてチェックされてみてくださいね!

■TBSドラマ「陸王/日曜劇場」を今すぐ視聴する!

■TBS系列の「Paravi(パラビ)」で視聴できます!

★【登録後30日間の無料体験】のキャンペーンを実施中です!

▼クリック↓▼

ドラマ「陸王/日曜劇場」を【無料体験】で視聴する!

※本ページの情報は2019年2月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

いだてん(NHK大河ドラマ2019)キャストが超豪華!

いだてん(NHK大河ドラマ2019)を演じるキャストが超豪華と話題になっているようです。いだてん(NHK大河ドラマ2019)のキャスト陣も見てみましょう。まず主人公の2人ですが、日本人初のオリンピック選手、金栗四三を演じるのは中村勘九郎さんです。

出典:https://www.nhk.or.jp

このドラマのために頭を坊主頭にし、身体もランナーに鍛え上げたという中村勘九郎さん。まるで別人のようですね!歌舞伎をしている時とはまた違った中村勘九郎さんの姿を見ることができます。そしてもう一人の主人公、田畑政治を演じるのは阿部サダヲさんです。

出典:https://www.nhk.or.jp/

阿部サダヲさんが演じる田畑政治は、もともとは水泳を愛し育成に力を注いていた指導者でした。熱情的でロマンチスト、しかし一方早とちりで落ち着きがない性格でトラブルメーカーになることも多々ありますしかし最終的には組織委員会事務総長として、1964年の東京オリンピックを成功に導きました。

そして日本選手団監督の大森兵蔵を演じるのは竹野内豊さんです。

出典:https://www.nhk.or.jp/

アメリカに留学していたこともあり、キザな立ち振る舞いが特徴の男性です。かっこいい竹野内豊さんにはぴったり似合っていますね☆日本にバレーボールとバスケットボールを持ち込んだのもこの大森兵蔵だそうですよ。

そして金栗四三の憧れで恩師でもある嘉納治五郎を演じるのは役所広司さんです。

出典:https://www.nhk.or.jp/

「日本スポーツの父」とも呼ばれる嘉納治五郎は、実は金栗四三がしんがくする東京高等師範学校の校長です。アジア発のIOC委員となり、日本人選手団団長として参加しました。

さらに金栗四三の幼馴染、春野スヤを演じるのは綾瀬はるかさんです。

出典:https://www.nhk.or.jp/

春野スヤは熊本のお医者さんの娘というお嬢様。幼馴染の金栗四三に恋心を抱いています。春野スヤと金栗四三の恋の行方にも注目ですね!

そして物語を落語形式で語る、古今亭志ん生を演じるのは、ビートたけしさんです。

出典:https://www.nhk.or.jp

伝説の「落語の神様」と呼ばれている、昭和の大名人です。この大河ドラマの3人目の主人公だといっても過言ではないくらい、重要な役となっています。このビートたけしさん演じる古今亭志ん生の若い頃を演じているのは森山未來さんです。

それ以外にも、金栗四三の兄役に中村獅童さん、親友役には勝地涼さん、盟友役に生田斗真さん、ジャーナリスト役に星野源さん、JOC常任委員役に松坂桃李さん、志ん生の長女役に小泉今日子さん、弟子役に神木隆之介さんなど、とにかく豪華すぎるキャストたちが勢ぞろいです。

出典:http://www6.nhk.or.jp/

章ごとに出演するキャストも異なりますので、すべての章が必見ですね!

視聴者の声↓

ちょっと社会派ストーリー!? 今までの「いかにも歴史もの」という感じでは無くて、一つのイベントをやりとげるまでの物語…。 まるで池井戸ドラマのようなテイストかも(笑)

当時の社会情勢などもふまえて、ずっと大変な時代にどのように尽力してやりとげたのか。 とても興味をそそられます。 キャストについては、阿部サダヲさんというだけで、期待してしまいます。

過去の出演された映画やドラマ等のイメージですが、「ちょっとどんくさい、誠実なアツい男」を 演じさせたら超一品だと思うからです。 主役は安定した気持ちで見たい(笑) サプライズ的な意味での期待は森山未来くん。 落語家の若い頃をどのように演じてくれるのか楽しみです。

他にはNHKファミリーと言えるような、見たことのある豪華な出演者たち。 固めてきてますね〜(笑) 宮藤官九郎だし、おもしろおかしく、泣き笑いのハートフルストーリーを上手に展開してくれそう。 すごく楽しみ!40代女性

いだてん(NHK大河ドラマ2019)の監督は?

いだてん(NHK大河ドラマ2019)の監督を務めるのは、宮藤官九郎さんです。宮藤官九郎さんと阿部サダヲさんのコンビ作品といえば、「謝罪の王様」「舞妓Haaaan!!!」など人気作や話題作がたくさんありますよね。

出典:https://mantan-web.jp/

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」を執筆したことでも知られています。「あまちゃん」は実在しない人物が主人公になっていましたが、今回は実在する人やストーリーがメインになっています。そこが大きな違いだったようですね。

宮藤官九郎さんは「1年間どうやって怒られずにやっていこうか」考えながら作品を作っているそうですよ(笑)長丁場となる大河ドラマですが、それでも「尺が足りない」と思っているようで、書きたいことはたくさんあるようです。

視聴者の声↓

2020年に東京オリンピックを控えている今だからこそ、絶対に見ておきたい大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺」。1964年の東京でオリンピックが開催されるまでの秘話と明治から昭和への東京の変遷を見ることができるそうです。

大河ドラマというと、戦国時代や江戸時代を舞台にしたものという印象ですが、今回のこの「いだてん〜」は、主に明治・昭和時代のことなので、いつも大河ドラマを見ていない人にも見ていて親近感がわくのではないでしょうか。また、主人公がスポーツ選手というのは、大河ドラマではかなり珍しいことだそうです。

脚本はクドカンこと宮藤官九郎が担当し、人気連続テレビ小説「あまちゃん」を担当したスタッフさんたちと再びタッグを組むというから、その期待は高まります。 主人公である日本マラソンの父である金栗四三氏を中村勘九郎さんが、東京オリンピック招致で活躍した田畑政治氏を阿部サダヲさんが演じます。

お二人がどんな関り合いをするのかも楽しみです。 「いだてん〜」を見ると、2020年の東京オリンピックも感慨深く見れそうです。30代女性

■「いだてん」(NHK大河ドラマ2019)動画をフル視聴したい方はこちら↓

■「U-NEXT(ユーネクスト)」で動画が見られます!

★31日間無料トライアル実施中です!

▼クリックはこちら↓▼

「いだてん」(NHK大河ドラマ2019)動画を【無料お試し】で見る↓クリック

いだてん(NHK大河ドラマ2019)の主題歌&音楽は?

いだてん(NHK大河ドラマ2019)の主題歌と音楽を担当するのは大友良英さんです。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でも宮藤官九郎さんとタッグを組んでいた大友良英さん。今回の音楽にも期待がかかっています。

あの大人気になった「あまちゃん」の制作陣が担当する「いだてん(NHK大河ドラマ2019)」、面白くないはずがないですね!「あまちゃん」の音楽といえば、今でも覚えている方も多いのではないでしょうか?あの軽快な音楽は印象的でしたよね。

大友良英さんは2012年に「プロジェクトFUKUSHIMA」で芸術選奨文学科学大臣賞も受賞しています。今回はどんな曲がドラマを彩るのでしょうか?大友良英さんが作る、主題歌と音楽にも注目です!

いだてん(NHK大河ドラマ2019)を楽しみにしている視聴者の声とは?

正直なところ大河ドラマにはあまり関心がない私。しかし、たまたま目にした大河ドラマの予告を見て、目が点に!そして、あっという間に心を奪われてしまいました。中村勘九郎さんと阿部サダヲさんのW主演による大河ドラマ「いだてん」は、二人以外にも豪華なキャストが出演します。そこが予告を見て私の心を奪われてところなんです。

綾瀬はるかさん、生田斗真さん、竹野内豊さん、役所広司さん、大竹しのぶさん、そして、ビートたけしさんなど、次から次にビッグネームが登場します。 でも、たとえ素晴らしい豪華キャスティングでも、物語自体が面白くないと視聴者は満足しません。

そこもぬかりありませんよ。今回の大河ドラマ「いだてん」の脚本はあの宮藤官九郎さんです!宮藤さんと言えば、数々のヒット作品があり、どの作品もユーモア感たっぷりなところが見る人を惹きつけています。 NHKでは「あまちゃん」も宮藤さんの脚本で大ヒットしましたよね。 大河ドラマの脚本は初めてのようですが、きっと宮藤ワールドを巻き起こしてくれることでしょう!40代女性

2019年の大河ドラマ「いだてん」がもうすぐ始まりますね。オリンピックの歴史にまつわるお話みたいです。 中村勘九郎と阿部サダヲのダブル主演だそうです。今までの大河ドラマで主役が二人って聞いたことないので驚きました。前半は金栗四三を演じる中村勘九郎で、後半は田畑政治を演じる阿部サダヲが中心のドラマとなっているみたいです。

日本人で初めてオリンピックに出た男、金栗四三と、日本にオリンピックを呼んだ男、田畑政治。どんな人生だったんでしょうね。脚本は宮藤官九郎なので、バタバタしながらも面白い展開に期待したいです。 中村勘九郎は、もともとランニングとか興味なかった所から、一からの体作りだったそうです。走りのシーンも多いのでしょうか。楽しみです。40代女性

大河ドラマは日曜の夜のお楽しみ。 今年は満を持してのクドカン!NHKとクドカンなので、否が応でも「あまちゃん」を思い出します。ああいった軽い雰囲気で、笑わせて泣かせて貰えるのでしょうか。

クドカンの脚本は、会話のテンポが見どころのひとつです。俳優さんたちの新しい個性を発見することができます。 今回は東京オリンピックをテーマにしたドラマだそうです。スポーツ観戦が大好きな私なので、例年の難しい歴史ものよりは身近に感じられる題材です。

駅伝好きにはお馴染みの金栗四三が、フューチャーされることで、今後、もっともっと陸上界が盛り上がりそうな予感もします。 東京2020に向けての、大きなプロローグとなりそうなドラマです。50代女性

2019年の大河ドラマである「いだてん」は、これまで日本の歴史をテーマにしてきた大河ドラマの中で最も現代に近い近代史をテーマにしているとともに2020年の東京オリンピックに繋がっていく展開を期待しています。

日本人で初めてオリンピックに参加した金栗四三と1964年の日本で初めての開催となった東京オリンピック招致に成功した田畑政治の物語で1年後に迫った2020年東京オリンピックをさらに盛り上げるようなストーリーになっていくと思っています。

また、古い日本史だけでなく近代史をテーマにする事で大河ドラマも新たな魅力も発掘出来る事を期待しています。2019年の大河ドラマのいだてんは、これまでと違った作品になるという期待感があります。30代男性

「いだてん」の魅力は、オリンピックの歴史を落語で表現している点だと思います。 ですが、どのような形式になるのかが想像つきません。 私は落語に関して無知なので、いい意味で期待しています。 脚本家は、数々の大ヒットドラマ・映画を生み出している宮藤官九郎さんなので、ますます楽しみです。

俳優の阿部サダヲさんが出演されますが、阿部サダヲさんはいつも個性的で面白い演技をされていると感じています。 そんな阿部サダヲさんが、大河ドラマに出演されるのでどのようなキャラを演じるのか、気になっています。 1912年から1964年まで東京がどのように発展していのか、その様子に注目しながら、オリンピックの素晴らしさを体感したいと思います。20代女性

オリンピックを間近に控えている日本において、過去のオリンピックを学ぶことが出来る、そのようなドラマなのではないかと期待しています。

日本人が初めてオリンピックに参加をした時の話から、オリンピックにまつわる悲喜こもごもを楽しむことができるというドラマであり、落語の語りでストーリーが進むということで、あまり堅苦しくなく見ることができるのではないでしょうか。

語り手がビートたけしさんというのもNHKらしくないような気がします。しかし、それも見応えがありそうです。落語から見た明治から昭和のオリンピックを通したさまざまな人々のストーリーや、これからのオリンピックに通じるものが見られるのか、日本人としてはオリンピックの前に見ておきたいものです。30代女性

大河ドラマはあまり真剣に見た事がないのですが、東京オリンピックを題材としたドラマとの事で気になっています。特に東京でのオリンピック開催が決まるまでの経緯、オリンピック当時の社会情勢など、あまり詳しく知らない昭和の歴史に興味があります。

平成の世も幕を閉じようとしている中、近いようで遠くなっていく昭和の時代の雰囲気や出来事がどのように描かれるのでしょうか。演出が入ったドラマとはいえ、楽しみです。大河ドラマという枠組みの中で昭和史がどのように描かれるのか期待しています。

セットや服飾、音楽などの演出も楽しみです。また、なかなかひとつのドラマで見られる事がなさそうな豪華な出演陣が揃っている事にも期待しています。30代女性

これまで分かりやすい偉人ばかりだった大河に、誰だかよく分からない人が主役になった点が一番大きいです。主人公の経歴を聞けば2020のオリンピックに向けた話だと合点がいきますが、明らかにこれまでと毛色が違います。

時代劇より時間が進んでいますので、ちょっととっつき易くなったかな、という印象です。大河より朝ドラに近いのかもしれません。放送時間が長い朝ドラ、ただし主役は男の人。こんな展開はイヤだな〜というのは、昔ながらの努力!根性!気合い!のスポ根ドラマです。

逆に期待するのは、日本のスポーツの発展やスポーツへの意識が変わっていく様です。西洋の文化に触れて西洋かぶれになるんじゃなくて、自発的にこうありたい!日本のスポーツをこうしたい!みたいなお話を期待します。30代女性

いだてん(NHK大河ドラマ2019)実際の視聴者感想は?

1話はオリンピックに日本が初出場を果たす前段階のお話でした。嘉納治五郎って名前だけは聞いたことありましたが、すごい方だったのですね。嘉納さんの頑張りと取り巻く人々によって、オリンピックに近づいて行ったのだなぁと知りました。

生田斗真も、豪快な役どころで出演していて、今までのイメージと違いますが、まだまだ見たい感じです。 最後の選考会シーンでの金栗四三の赤い顔は鮮烈でしたね。歌舞伎のお化粧にも似ていました。 2話は金栗四三の生い立ちでした。

身体が弱かった四三が、速く走れるようになったのは、野山を毎日走っていたのと、独自の呼吸法を編み出していたからなのですね。軍人にはなれなくなってしまったけれど、これからの活躍を考えると「人間万事塞翁が馬」なのかもしれません。40代女性

日本で初めてオリンピックに参加した金栗四三と日本にオリンピックを誘致した人が田畑政治で話の中心人物です。オリンピックでは記録が必要になってくるので、今まで数々のオリンピックが開催されたが最初のオリンピックが開催されてから大きく成長してきたなと感じました。

2020年にまた開催されますが、以前とは違った会場で行われるのを楽しみに待ちたいと思いました。今では考えられないが、海軍の兵学校に進むということは命の危険をおかしている気がしてその時代に生まれなくて男ではなくて本当に良かったと感じました。

登場人物のスヤは明るくて元気な可愛らしい女性だと感じました。内容が暗いので、明治の舞台にどんなことがあったのかこれを見て知れたのでこの時代に興味を持ちました。30代女性

2話では、ヒロインである春野スヤが登場するシーンが印象的でした。 春野スヤは、天真爛漫な性格であるように見えましたが、今後金栗四三とどのような関係になっていくのかが気になりました。 二人が結ばれたらいいなぁと感じました。

四三が、学生のころに誰よりも早く学校にたどり着けるようになる姿を見て、自分も幼少期に走る練習をした頃を思い出しました。 どうすれば早く走れるのか、身体を鍛えることは大変であることを改めて考えさせられました。

2話では、四三が受験をキッカケに挫折を経験しますが、私の予想では、四三はその挫折を乗り越えて更に成長していくと思います。 四三が諦めそうになると、春野スヤが四三を励まそうと努力すると思います。20代女性

私がいだてんを見てびっくりしたのは、そのキャストの豪華さだ。松坂桃季や、生田斗真、中村獅童、綾瀬はるかなど主役級をこなせる役者を贅沢にいたるところに仕込んであるのだ。それだけで、見る価値はあると思う。

それから、明治時代と昭和をシンクロさせていてナレーションを古今亭志ん生役の若い時代を森山未来、現在をビートたけしにさせているところも面白く、スピード感があっていいと思う。ただ、今までの大河ドラマが好きだったような年配世代はついていけない感があると思う。

まだ2回見ただけだが、歴史が苦手な私でもまた見たいと思えるのは、クドカンの脚本の面白さだと思う。あまちゃんのように最後まで楽しませてほしいと思っている。40代女性

日本のスポーツの父と呼ばれる嘉納治五郎は、「いだてん」と呼ばれる人物を探していましたが、見つけ出すのは困難でした。 治五郎は、日本がオリンピックに参加するために奮闘しますが、並大抵の事ではなかったと思います。

彼がいなければ、今の日本のオリンピックはなかったと思います。 羽田競技場でマラソンの選考会が行われて、金栗四三がついに登場した時の姿に衝撃を受けました。 顔が血まみれの状態に見えたので、あれは恐怖です。

そして、四三の幼少期が明らかになりましたが、まさか周囲が心配するほど体が弱いとは思いませんでした。 ある事がきっかけで、独自の呼吸を思い付いた事で体が飛躍的に強くなったのは嬉しかったです。

そして、日頃からは走る事や体を鍛える事を怠らなかった事が「いだてん」と呼ばれる基盤だったのだと感じました。 海軍兵学校の試験は落ちましたが、憧れの人物である治五郎の学校に行く事を決意します。 一体、どのような出会いになるかの気になります。30代男性

三島も加わりオリンピックの競技に誰もがワクワクしている感じがしました。初めてのオリンピック誰もがやる気満々でカッコ良いところを見せているなと感じました。男たちが選手として走っているところはカッコ良いと感じました。

ライバルたちと走る人たちの熱気が画面越しに伝わりました。どんな気持ちでオリンピックの日を迎えたのか、どんな人たちが関わってきたのかなど知ることができました。今までの練習が積み重なって結果が出るので見逃せない話になっています。

脇役の俳優も濃くて話の展開が読めないです。毎回見てワクワクするし、オリンピックって見ていて感動するものだと改めて感じました。見所まんさいで何回かオリンピックを経験した人は出場を辞退したりと次の展開が気になるところです。30代女性

大河ドラマといえば戦国時代が好きという私にとって、近代の大河ドラマは初めて見るものでした。まぁ毎年見ているし、今年も見るかと期待しないで一話を見たとき、まずオープニングに感動しました。

東京オリンピックの映像を本当に使用しているところが録画して再生している時でも進めないでみたくなります。 その一話でしたが、主人公である金栗四三が一話の終盤にしか出てこなかったので少し戸惑うところがありました。しかし、5話になりようやっと一話の最後のシーンにつながってこれからが楽しみになっています。

また、最初は戸惑っていたシーンが昭和と明治で行き来するところや、ナレーションが北野武さんから森山未來君になるところも見進めていくと癖になってしまい、一週間待ちきれなくなっています。 さらに、毎回の題名が文豪の作品の題名になっているところも大変魅力的です。20代女性

ストーリーのテンポが早く、少し目まぐるしい印象がありますが、随所に宮藤官九郎さんらしい笑いが散りばめられていてとても楽しいドラマです。 幼い頃に嘉納治五郎さんに抱っこしてもらえなかった主人公、金栗四三がマラソンというスポーツに出会い、最終的に嘉納治五郎に抱き抱えられる展開には、うまく出来た脚本だなと感心しました。

そして、金栗四三と春野スヤの恋物語も同時に描かれているのですが、スヤ役の綾瀬はるかさんがかわいらしさ全開で、素晴らしいです。 画面に登場するだけで、ぱぁーっと華やぎ目を惹かれます。

急ぎ足の物語の中でも心を通わせるエピソードがきちんと描かれているので、つい感情移入して、二人の恋を応援してしまいます。また、落語家として物語の語り部となるビートたけしさんもとても、いい味を出しています。30代女性

東京オリンピックを控えた日本が、こんなに活気があったんだと改めて思いました。 嘉納治五郎が東京オリンピックの立役者であった事を、このドラマで知りました。 そして、個人的にはビートたけしさん演じる古今亭志ん生のシーンがとても好きです。

弟子を取らないと決めていた古今亭志ん生が弟子を取る所も好きなんですが、まるで紙芝居を見ているような、あのナレーションが好きです。 東京オリンピックというのは、そんなに古い時代の話しではないと思ったのですが、こう見るとまるで大昔のように感じます。

金栗四三がまるで流血しているような姿で現れたのは、かなりインパクトがありました。 でも、ただ単に色が落ちただけというオチが何とも言えなくて、笑いが止まりませんでした。40代女性

宮藤官九郎脚本だけあって、とてもテンポよく話が進んでいき、普段大河ドラマを観ない人も、とても観やすいドラマだと思いました。大河の重厚感が今までのものより感じられず、少し物足りなさを感じますが、朝ドラのようなスッキリさが、このドラマの魅力の気がします。

初回冒頭でオリンピック招致が決まったところから、時代を遡り金栗四三の幼少期から話しがスタートしましたが、時代の切り替わりで、北野武扮する古今亭志ん生が落語にのせてナビゲートすのが、聞き取りづらく、何ヶ所か時代背景の細かい描写が分からず、残念なところがありました。

これからの金栗四三の成長や嘉納治五郎の頑張り。また周りを取り巻く人物とのかかわり合いなど、見どころが多く、毎週楽しみにしています。30代女性

金栗四三、そんな人がいたことも知りませんでしたが、このドラマで知ることができました。 よく海外の高地で育った選手が、オリンピックのマラソンや日本のマラソン大会などで活躍しているのを目にしますが、四三も山道を走って育ったから、長距離を走る資質が身についたのかなぁと思いました。

オリンピック選手の選抜大会で優勝して、一躍時の人となった四三ですが、故郷のお母さんやお兄さんも、認めてくれるといいですね。 三島弥彦も気になりますね。抜群の身体能力を持ちながら、オリンピックには出ないと言ったりしますね。

お家に気を遣っているんですね、きっと。立派な家柄の人も、窮屈なところがあって大変だなぁと思ってしまいます。 女中のシマの存在はきっと弥彦にとって癒しになっているでしょうね。40代女性

毎回楽しく見ています。よくある大河ドラマのイメージを一新する、コミカルで生きのいい、いい意味ではじけてぶっ飛んだお話です。作者は宮藤官九郎さんで、NHKだと「あまちゃん」が大ヒットしましたが、あのはじけっぷりに男臭さがプラスされた感じです。

明治時代のお偉いさんとか教科書に載っていそうな人ばかりが出てくるのですが、誰もそんなに偉そうに見えないです。真剣にバカ騒ぎしながらオリンピックという夢を追っている、しょうがないオジサン達です。でもその姿が見ていて楽しいです。

大河ドラマなので俳優陣が豪華なのは当然ですが、個人的に好きな役者さんばかりが出演しているので、とてもうれしいです。一番注目したいのは森山未來さんです。若き日の古今亭志ん生を演じ、ナレーションも担当しています。

ナレーションはとても聞きやすくお上手です。でも若い俳優さんが落語家を演じるのは苦労するでしょうね。しかも昭和の名人と言われた志ん生ですし、さらには完成版は北野たけしさんが既に寄席のシーンも演じています。それが上手いんです。

たけし志ん生に繋がる若者を森山さんがどう演じるか楽しみです。 近代史のお勉強にもなります。日本人初のオリンピック選手のことなんて恥ずかしながら全く知りませんでした。近代日本をさらに発展させようと、文化やスポーツの方面であんなに尽力した人たちがいた事も、言われるまで思い至りませんでした。

毎回見る度に新しい知識が増えます。 「いだてん」はまだ始まったばかりです。これから新たな登場人物も増えますし、時代も変遷します。毎回楽しみながら私も最後まで走り切りたいです。40代女性

いだてん(NHK大河ドラマ2019)動画1話~フル視聴!youtube,pandora,デイリー以上のメリットは?まとめ

注目の大河ドラマ「いだてん(NHK大河ドラマ2019)」のあらすじやキャスト、またyoutube,pandora,デイリーモーションを使わずに1話からの動画を楽しむ方法をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

2020年東京オリンピックの前年に、近代オリンピックをテーマにしたこの大河ドラマを見ることで、東京オリンピックの裏側も知ることができ、ますます楽しめるに違いありません!是非youtube,pandora,デイリーモーションを使わずに「U-NEXT」で動画を楽しんでみてはいかがでしょうか?

■「いだてん」(NHK大河ドラマ2019)動画をフル視聴したい方はこちら↓

■「U-NEXT(ユーネクスト)」で動画が見られます!

★31日間無料トライアル実施中です!

▼クリックはこちら↓▼

「いだてん」(NHK大河ドラマ2019)動画を【無料お試し】で見る↓クリック

※本ページの情報は2019年1月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

■TBSドラマ「陸王/日曜劇場」と比較してみるのも面白いのではないでしょうか?!

■TBS系列の「Paravi(パラビ)」で視聴できます!

★【登録後30日間の無料体験】のキャンペーンを実施中です!

▼クリック↓▼

ドラマ「陸王/日曜劇場」を【無料体験】で視聴する!

※本ページの情報は2019年2月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする