保育園無償化はいつからで年収(所得制限)は?二人目半額やずるいとの噂も調べた!

待ちに待った保育園無償化がようやく始まりますね!メディアでもいつから始まるのか、年収などの所得制限についての話が二転三転していて、実際のところはどうなのか気になりますよね。また二人目半額やずるいといった声もあるようです。

今回は保育園無償化がいつからで年収などの所得制限はあるのかどうか、また二人目半額やずるいといった気になる噂について調べてみました!

スポンサーリンク

保育園無償化はいつから始まるの?

小さい子どもを持っているご家庭なら、今や誰もが気になる「保育園無償化」制度。一部の子どもを対象に前倒しでスタートするという噂や、2019年説や2020年説など、いろいろな噂が飛び交っていますが、実際のところはいつから始まるのでしょうか?

保育園無償化がいつから始まるのかという問題についてですが、内閣府のホームページを見ると「2019年10月からの全面的な無償化措置の実施を目指す」とあります。「目指す」なので、まだ決定ではありませんが、時期としてはほぼ決まっているようですね。

年長さんを対象に、一部前倒しで実施されるという案もあったようですが、この資料によると2019年10月から「全面的」ということで一斉に実施される予定のようです。年長さんがいるご家庭では、期間が短くなってしまいますが、それでも半年でも恩恵を受けられるのはありがたいですね!

なぜ10月という中途半端な時期から、と思ってしまいますが、ちょうど10月から消費税が10%に引き上げられることが予定されています。その増税によって財源が確保できることも関係しているようです。

また10月は保育料が切り替わるタイミングで、前年度収めた税金を元に、10月以降の保育料が決まる時期でもあります。そのため、2019年10月から開始されるのは妥当なことのようです。

保育園無償化、年収などの所得制限はある?

いつから保育園の無償化が始まるのかは分かりましたが、対象となる家庭に年収などの所得制限はあるのでしょうか?所得制限について調べてみましたが、子どもの年齢によって、所得制限があるものも一部あるようです。

それは0~2歳児のいる家庭です。0~2歳の保育園無償化は、生活手当を受けているなど、住民税非課税世帯のみが対象となります。住民税非課税世帯とはどういった条件なのでしょうか?

住民税非課税世帯は、世帯の全員が非課税でなくてはいけません。目安としては世帯年収が255万円以下であれば住民税非課税となるようです。ただし扶養家族の人数などによっても年収の金額は変わってきますので要注意です。

一方、3~5歳の子どもについては所得制限なしで「保育園無償化」の制度が適用されます。例えば、2019年10月時点で、年中と1歳の子どもがいる我が家の場合、住民税非課税世帯ではありませんので、上の子は「保育園無償化」の制度を利用できますが、下の子は対象外となります。

下の子が「保育園無償化」の恩恵を受けられる3歳になった時には、上の子がもう6歳で小学生になりますから、残念ながら2人とも無料になる期間はないようですね(笑)

スポンサーリンク

保育園無償化、無償になる範囲は?

3~5歳は年収の所得制限なしで無償化の対象になることが分かりましたが、どこまで無償になるのでしょうか?実は全額無料というわけではなく、月額の上限が決まっているのです。

まず認可保育園ですが、所得制限なく全額無償化となるようです。そして幼稚園や認定こども園は上限25,700円まで、認可外保育園は37,000円までと上限が定められています。

認可保育園だけは全額無料の対象となりますが、それ以外の施設に通う場合は注意が必要です。その上限をオーバーした場合の金額はすべて自己負担となります。また認可保育園であっても、制服代や入園費用、バス代、給食費、行事費、施設維持費などは自己負担です。

保育園無償化、二人目は半額になるって本当?

保育園無償化について調べていると、二人目は半額になるという噂が浮上します。子どもが二人以上いるご家庭では気になる話題ですよね。本当に二人目は半額になるのでしょうか?

「二人目半額」説について調べてみましたが、内閣府の資料を見ても、そういった内容の文章はありませんでした。しかしながら、すでにある「多子減税」という制度がこの噂の発端のようです。

多子減税とは、兄弟がいる家庭の場合、二人目の保育料が半額に、三人目以降の保育料が無償になるというものです。すべての自治体でこのような多子軽減措置は行われていますが、自治体によって拡充措置がされていたり、施設によっては対象外のものもあるようです。

この多子減税が行われていることで、二人目の保育料が半額になるのだから、無償化で助成される金額も半額になるのでは?という噂につながったようです。これについては今のところ言及されていませんので、今後分かり次第追記したいと思います。

スポンサーリンク

保育園無償化はずるい?

一部では「保育園無償化がずるい」という声があるようです。どうして「ずるい」という声があるのでしょうか?世間で「ずるい」と言われる理由について、考えてみました。

まず考えられるのが、我が子たちがもう小学生になってしまっている家庭の場合です。もう過ぎたこととはいえ、自分たちは苦労して幼稚園や保育園に入れたのに、今更無償化なんてずるい、といったところでしょうか?

確かに我が家も2019年10月といえば、年中も半分過ぎた時期ですから、あと1年早ければ、なんて思ったりもします(笑)始める時期がいつだとしても、このような意見は出てしまいますね。

さらに、「ずるい」と言われるのが「保育の必要性の認定事由に該当するかどうか」という問題です。この事由に該当するかどうかで、助成の金額も変わってきます。該当する場合は、通常の助成金額に加え、預かり保育などで利用できる金額も助成されます。

つまり働いているママの場合は、認可保育園に預けることができるうえに全額助成金ももらえる。でも求職中で専業主婦の場合は、認可保育園にも預けられないし、助成金も定額しかもらえない。それでずるいという声があるようです。

認可外保育園だと、保育料がケタ違いに高い場合もありますからね。しかしながら認可外保育園でも助成金の対象にはなりますから、まったくないというわけではありません。「ずるい」という気持ちも分かりますが、もらえることを喜びましょう!

保育園無償化、対象外となる施設があってずるい?

保育園無償化の制度が適用されない施設もあるようです。どういった施設が適用外となってしまうのでしょうか?まず挙げられているのが、森のようちえんです。森のようちえんとは、自然体験活動をさせる、自然の中での保育が特徴のようです。

さらに英会話教室や、団地の一室など、個人や団体で子どもを預かる制度で、「認可外保育施設として届け出のない施設」については対象外となることが分かっています。さらに未就学児が対象のインターナショナルスクールも、幼児教育としての基準がないということで対象外となる予定です。

しかしこの問題については森のようちえんの運営側が「ずるい」ということで反対の声を上げていることなどもあり、まだまだ議論の余地がありそうです。今後、分かり次第情報を追記していきたいと思います!

スポンサーリンク

保育園無償化はいつからで年収(所得制限)は?二人目半額やずるいとの噂も調べた!まとめ

気になる「保育園無償化」制度について、いつから始まるのか、また年収などの所得制限があるのか、二人目半額やずるいといった噂についても調べてきましたが、いかがだったでしょうか?

いつから始まるのかという問題については、ほぼほぼ2019年10月からのスタートで間違いなさそうですね。年収などの所得制限は、子どもの年齢によって異なるようですので、お子さんの年齢と制度をしっかり確認する必要がありそうです。

二人目半額の噂については今のところ、はっきりしたことは分かっていません。「ずるい」という声が一部であるようですが、何かを始めるときはどうしても仕方のない意見なのかもしれませんね。

消費税の増税などで家計の圧迫が心配される中で、明るい話題で期待されている「保育園無償化」。ママたちにとって心強い制度であることに間違いありません!実施されるのが楽しみですね☆

■こんな記事も読まれています!

⇒幼稚園無償化は私立も?公立との違いや上限(所得制限)も調べてみた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする