東京オリンピックチケットなし(安い/無料)で観戦できる競技はある?

2020年に待望の東京オリンピックが開催されます。東京オリンピックで競技を観戦するためには、チケットなしでは入場できません。チケットを購入する必要があるのですが、安いチケットや無料のチケット、またチケットなしで観戦する方法はあるのでしょうか?

今回はオリンピック競技を観戦するための、安いチケットや無料チケットを入手する方法について調べてみました。せっかくの東京オリンピック、是非楽しみたいですね!

スポンサーリンク

東京オリンピック競技観戦のチケット料金、最高価格は?

2019年1月30日、東京オリンピックのチケット料金が正式に発表されました。ちなみに料金は過去のオリンピック競技の価格などを参考に、設定されているそうです。人気競技は高い設定に、知名度の低い競技は安い価格で観戦することができますよ。

一番高いチケット料金はいくらなのでしょうか?やはり人気の高い開幕式が一番高いようです。お値段なんと30万円!席にもよりますが、一番いい席で開幕式を見ると、これだけの料金がかかるということですね。閉幕式は最高価格が22万円だそうです。

過去のオリンピックと比較すると、2016年のリオオリンピックの最高価格が約21万円、2012年のロンドンオリンピックの最高価格は約26万円、2008年の北京オリンピックの最高価格が7.5万円となっています。過去のオリンピックと比較しても、東京オリンピックが高いことがよく分かりますね!

東京オリンピック、チケット購入する方法①観戦位置を考える

東京オリンピックには行きたいけれど、やはり30万円を払うのは厳しいですよね。少しでも安いチケットを購入する方法はあるのでしょうか?安いチケットを購入したい方のために、チケット料金を抑えるコツをまとめました。

まず同じ競技でも観戦する場所によって値段は大きく変わってきます。たとえばサッカーでいうと、A席の選手に近い位置での観戦なら67,500円ですが、ゴール前の試合全体が見えにくい位置のD席であれば9,800円で購入することができるんですよ。かなり値段が違うんですね!

これが競技によって席設定が異なってきます。陸上競技であれば、もちろんゴール前が一番いいゴールドシートと呼ばれる席です。中間地点の後方席であれば、比較的安い値段でチケットを購入することができますよ。

出典:https://www.asahi.com

陸上競技もマラソンなのか、短距離走などのトラック競技なのかによって価格は異なります。トラック競技のゴールドシートは13万円しますが、マラソンであれば最高額は6000円です。ゴールに選手たちが来るまでに時間もかかりますからね。

また先ほど紹介した最高額30万円の開幕式。ただこの開幕式でも、席によっては12,000円でチケットを買うことができます。安いチケットで楽しみたい方は、観戦位置を考えるといいかもしれません。

スポンサーリンク

東京オリンピック、安いチケットを購入する方法②予選を選ぶ

少しでも安いチケットを購入したい方は、決勝ではなく予選を選ぶという方法もあります。メダルのかかった決勝戦はもちろん観戦するチケット料金も高額になります。

たとえば、人気競技の一つである競泳では、決勝の最高価格は108,000円となっていますが、予選の一番安い価格は5,800円です。また柔道でも、決勝の最高価格が54,000円なのに対し、予選であれば一番良い席で観戦しても15,500円で購入することができます。

出典:https://www.asahi.com/

さらにこの高額な料金設定であっても、競争率が高くなるため購入できる可能性も低くなります。運よく金メダル選手の予選が見られれば、それはそれでラッキーかもしれませんよ☆

東京オリンピック、チケットなし(無料)もある?

実は東京オリンピックにはチケット代が無料、つまりチケットなしで観戦できる競技もあるそうなんです。いくつかの競技を見る予定でも、一つでも無料の競技があればその分東京オリンピックを楽しめそうですよね!

無料で楽しめる競技というのは「競歩」です。公式発表によると、競歩は「チケットなし」となっています。この「チケットなし」というのは観戦できないということではなく、実質無料で観戦できるということなんです。

競歩は男女ともに20㎞と50㎞の2レースありますが、どちらも無料で観戦することができます。コースは屋外に設置されますので、そのコースにいれば無料で楽しめるということですね。

しかもコースは周回なので、何度も目の前を選手たちが通り過ぎるのを応援できます。東京オリンピック競歩のコースをご紹介します。スタートは二重橋駅です。男女ともに皇居外苑の内堀通りを周回するコースとなっています。

20㎞は皇居前で、50㎞は大手門で折り返し、南側はどちらも祝田橋付近でまた折り返しとなります。50㎞であればこのコースを25周、そして20㎞であれば20周し、また二重橋前がゴール地点となります。

出典:https://www.nikkansports.com/

もしかしたらオリンピックの金メダル選手を目の前で見ることができるかもしれません!是非、皇居外苑で競歩のオリンピック選手を、無料で応援してみてください!

スポンサーリンク

東京オリンピック、安いチケット料金の競技が知りたい!

東京オリンピックの一番安いチケットは競歩の「チケットなし(無料)」ということが分かりましたが、それ以外の競技のチケット料金も知りたいですよね。チケット料金が安い順に並べてみました。

一番安い金額は開催年にちなんだ2020円だそうです。しかしこれは子供や高齢者、障碍者を含むグループ向け価格なので、全員が購入できるというわけではありません。この「2020円チケット」の販売枚数などはまだ未定です。

誰でも買えるチケットで、一番安いのは2,500円です。2,500円で購入できるのは、以下になります。

【2,500円の観戦チケットがある競技】

  • マラソン決勝(男子)
  • 自転車競技BMXフリースタイル予選(男女)
  • 女子サッカー予選第一試合
  • ソフトボール予選第一試合
  • ラグビー(女子)予選
  • ホッケー予選(男女)
  • ウェイトリフティング予選(男女)
  • 射撃予選(男女)
  • 近代五輪予選(男女)
  • 近代五輪決勝(男女)

ほとんどが予選ですが、近代五輪は席によっては決勝も同じ価格で見ることができるようですよ!人気競技ばかりだと高額になりますから、安い価格の競技も入れながら、たくさん観戦できたら嬉しいですよね☆

競技によって、試合日時や観戦場所も異なりますので、観戦場所をチェックしながらスケジュールを組んでみることをおすすめします!一部高額のチケットもありますが、半数以上が8000円以下で購入できるそうですよ。

東京オリンピック、チケット購入方法は?

東京オリンピックのチケットは2019年4月から順次発売されることが決定しています。一斉に発売されるのではなく、競技ごとに数回に分けて発売される予定です。4月から販売されるチケットは抽選方式となります。

チケットを購入するには、TOKYO2020IDの登録が必要になりますが、すでにID登録は受付開始していますので、今から登録しておくことをおすすめします!

https://tokyo2020.org/jp/games/ticket/

出典:https://tokyo2020.org

もし抽選に落ちてしまっても、秋ごろから先着順で申し込むチャンスもありますので、あきらめずに挑戦してみましょう!さらに行けなくなってしまった場合に、チケットを再販するリセールというのも行われますので、それを待つのも一つの手かもしれません!

東京オリンピックチケットなし(安い/無料)で観戦できる競技はある?まとめ

2020年に開催される東京オリンピックについて、チケットなし(無料)や安い価格で観戦できる競技や購入方法をまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

安いチケットで2500円から、また競歩に関してはチケットなし(無料)で観戦できることが分かりました。

すでにID登録受付は始まっていますので、チケット獲得に向けて、準備を進めることをおすすめします☆せっかくの東京開催のオリンピックですので、直接競技を観戦して楽しみたいですね!

スポンサーリンク

■こんな記事も読まれています!

⇒東京オリンピック行けなくなった場合!チケットリセール/名義変更/キャンセル/払い戻しは?

⇒東京オリンピックチケット転売方法あるの?転売対策/転売防止説を調べてみた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする