生乾きの臭いを取る方法!すぐに消すには重曹,熱湯,洗剤どれがいい?

洗濯物を部屋干しする時期は特に気になるのが「生乾きの臭い」ですよね。おそらく誰でも一度は消す努力をした体験したことがあるのではないでしょうか?すぐに生乾きの臭いを取る方法はあるのでしょうか?

重曹や熱湯、洗剤などが消す方法として有名なようですが、効果があるのはどれなのか気になります。今回はすぐに生乾きの臭いを取る方法について、重曹や熱湯、洗剤での効果の違いを調べてみました。

スポンサーリンク

生乾きの臭いの原因は?すぐに消す方法はある?

生乾きの臭いに悩まされている人は多いですよね。洗濯後はいい匂いがしているのに、少し汗をかいたり、外出先で濡れたりするだけで生乾きの臭いが戻ってくることもよくあります。生乾きの臭いの原因は何なのでしょうか?

生乾きの臭いの主な原因は雑菌です。洗濯物に付いている雑菌が繁殖することで、生乾きの臭いが発生します。たとえば、汚れた衣服をそのまま放置したり、洗濯槽が汚れていると雑菌が繁殖する原因になります。

また洗濯物を洗ったとしても、その洗濯物を濡れたまま放置すると雑菌が繁殖しやすくなります。これが一番多い原因だと言われているようですよ。部屋干しもこれと似たような状況になりがちです。風通しが悪く、衣類同士も密集しがちになるため、雑菌が繁殖してしまうのです。

また洗剤の量が多いのも生乾きの臭いの原因になります。洗剤が衣類に残ってしまうと、それが臭いの元となってしまうようです。洗濯機に洗濯物を詰め込んだり、洗剤を多く入れすぎたりしないようにしましょう。一度付いてしまった雑菌はなかなか落とすことができません。

ただ雨が降りやすい梅雨の時期や、一人暮らしで防犯面など、どうしても部屋干しをしなければいけない方もいらっしゃいますよね。できるだけ予防したいところですが、もし付いてしまったらすぐに消す方法はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

生乾きの臭いを取る方法①重曹で消す!

生乾きの臭いを取る方法として、有名な方法の一つが「重曹を使う」というものです。重曹を使った洗濯方法は簡単です。普段使ってる洗剤に重曹をカップ1程度加えて洗うだけです。洗濯前の衣類に重曹をふりかけるだけで、臭いも和らぎ、汚れもすぐに落ちやすくなります。

重曹を使うメリットは、人体に優しいということです。パンやお菓子など、食品にも使われているほどなので、危険ではありません。添加物や環境ホルモンが入っていないので、お肌にも影響ありませんし、小さいお子様がいる家庭でも安心して使うことができます。

さらに柔軟剤代わりにもなり、重曹を入れることで、洗濯物をふんわりとさせる効果もあります。では肝心な生乾きの臭いを取る方法としては、どうなのでしょうか?臭いを消すには、200mlのぬるま湯に対し小さじ1程度の重曹を溶かし、洗濯物を20~30分ほど漬け置きするだけです。

臭いがきつい時には一晩漬けておくと、臭いを消すことができます。さらに洗濯槽の黒カビにも効果があり、洗濯槽をキレイにするというメリットもあります。洗濯槽の汚れは生乾きの臭いの原因になりますから、重曹を使うと予防にもなりますね!

重曹を使うデメリットとしては、水に溶けにくいというものがあります。真冬の冷たい水では、残ってしまいますので30℃くらいのぬるま湯を使った方がいいでしょう。さらにデニムなどは色落ちする危険がありますので、必ず分けて洗うようにしてください。

■↓国産で料理にも使える安心な重曹はこちら★

▼クリック▼

生乾きの臭いを取る方法②熱湯で消す!

次にご紹介する生乾きの臭いを取る方法は、熱湯を使うという方法です。特別な材料もいりませんし、熱湯で嫌な生乾きの臭いを消すことができるなら、すぐに試したいですよね!

生乾きの臭いの元になる雑菌は、熱に弱いことが判明しています。そのため、熱で殺菌し、さらに乾燥機にかけると菌を死滅させることができます。ご自宅に乾燥機がない方も多いでしょうが、乾燥器が自宅になくても大丈夫です。まず50℃以上の熱めのお湯に洗濯物を漬けます。

しかし注意してほしいのは、お湯はだんだん冷めてきてしまいますよね。雑菌は20℃~40℃程度の温度が一番増えやすいと言われています。消すどころか、雑菌が増えてしまわないように気をつけましょう。お湯は50℃以上をキープさせてください。

一番いいのは、煮沸消毒をする方法です。大きい鍋に洗濯物を入れ、煮沸殺菌をします。しかし傷みやすい生地の洗濯物には向きませんので要注意です。また火事ややけどの元にならないように、気をつけましょう。重曹を使って消す方法とは違い、材料を買いに行く必要がないのですぐに実践できますが、リスクも多いようですね。

ヨーロッパやアメリカでは、感染症の予防に熱湯で洗濯する習慣があるそうです。乾く前に、中~高温のアイロンをかけることでも生乾きの臭いを消すことができるようですよ。

スポンサーリンク

生乾きの臭いを取る方法③洗剤で消す!

生乾きの臭いを取る方法、最後にご紹介するのは洗剤を使った方法です。ただ洗剤といっても、普通の洗剤ではなく「酸素系漂白剤」が生乾きの臭いを消すには有効です。

「酸素系漂白剤」が含まれている洗剤、というと難しい気がしますが、市販されている洗剤でも「酸素系漂白剤」が含まれているものはたくさんあるんです。たとえば、有名メーカー花王から発売されている「ワイドハイターEX」にも「酸素系漂白剤」は含まれています。

出典:https://www.amazon.co.jp/

この「ワイドハイターEX」などの酸素系漂白剤に漬け置きした後に、洗濯機で洗濯をすれば、生乾きの臭いの元になる雑菌を死滅させることができます。最近では「部屋干し用洗剤」というのが多く発売されていますが、その洗剤にも酸素系漂白剤が含まれていることが多いようです。

薬局で洗剤を買う際には、是非チェックしてみてくださいね。洗剤を使う方法で、注意していただきたいのが「消臭スプレー」を使った方法です。消臭スプレーは一時的な消臭には有効です。出先で「あれっ?」と気になった時には、衣服にシュシュッとするとすぐに消臭できていいかもしれませんね。

ただ臭いの元になる雑菌を完全に取り除くことはできません。時間が経つとまた臭いが発生してしまいますし、かけすぎると衣類がシミになる危険もありますので、ご注意ください。

■↓SNSでも話題!用途いろいろな酸素系漂白剤はこちら!

▼クリック▼

生乾きの臭いを取る方法④スチームアイロンで消す!

熱湯や重曹、洗剤以外に生乾きの臭いを取る方法の一つとして「スチームアイロン」が挙げられていました。「熱湯」と同じ考え方ですが、生乾きの臭いの原因となる最近「モラクセラ菌」は高温に弱いと言われています。そのため熱湯やスチームアイロンの熱で除去することができるんですね。

やり方としては、干して乾燥させた洗濯物に、スチームアイロンをかけていくだけです。スチームアイロンは蒸気で湿気が付きますので、スチームアイロンをかけた後は再び天日干ししましょう。

もしくは洗濯が終わって、濡れている状態の洗濯ものにドライモードでアイロンがけしてもいいそうです。どちらの場合も、しっかり乾かさないと、また生乾きの臭いが発生する原因になりますので注意します。

生乾きの臭いがする!と思っても、もう一度洗濯機を回すのはちょっと…という状況の時には使いたいアイデアですね。アイロンがけにムラがあると、そこからまた生乾きの臭いが復活してしまいます。ムラなく洗濯物全体にアイロンを当てることがポイントですよ。

特にシャツの二重になっている部分や、ワキ・袖口などの縫い目付近、またエリのあたりがぶ厚くなっていることもありますので、そういったところは特に念入りにアイロンがけをしましょう。今ではハンガーにかけたまま、手軽にできるアイロンも発売されているので要チェックですね!

■ハンガーにかけたまま、簡単シワ伸ばし!除菌効果も★

▼クリックできます▼

▼クリックできます▼

生乾きの臭いを消す方法⑤乾燥機を使う

熱湯やスチームアイロンと同じような原理で、「乾燥機を使う」というのも、生乾きの臭いを消す方法としてはオススメです。しかし注意していただきたいのが、家庭用の乾燥機ではなく、コインランドリーの乾燥機を使うという点です。

生乾きの臭いを取るには、高温の熱を加え、除菌しなければならないのですが、家庭用の乾燥機では60℃以下程度の温度にしかなりません。それに対し、コインランドリーの乾燥機は80~120℃まで高温になるんです。

わざわざコインランドリーに洗濯物を持っていくのは面倒、と思うかもしれませんが、生乾きの臭いに悩まされるくらいなら、月に1度くらい持っていきたいですね!コインランドリーなら大きいシーツなども洗濯できますので、梅雨の時期にまとめて持っていくのもいいかもしれませんよ。

スポンサーリンク

生乾きの臭いを取る方法、風呂の残り湯を使っても大丈夫?

洗濯をする際にお風呂の残り湯を使っているお母さんは少なくありません。水道代の節約になりますし、お湯を使うことで汚れが落ちやすいという効果も期待できます。部活動の汚れ着やトイレマットなどにだけ残り湯を使っているというお母さんたちもいるようです。

しかし生乾きの臭いを取るには、この残り湯にも注意が必要です。先ほどもありましたが、生乾きの臭いの原因は雑菌です。熱湯や重曹、そして洗剤を使って雑菌を取り除いたとしても、また菌がついてしまうと、何度も生乾き臭に悩まされることになるでしょう。

お風呂の残り湯には当然雑菌が繁殖しています。衛生微生物研究センターによると、入浴直後、お風呂の細菌は入浴人数によって2~30倍に増殖するそうです。お風呂の水にいる細菌の多くは、病気になるほど有害なものではないそうですが、生乾きの臭いの原因にはなりえます。

洗濯機で洗濯をする際、「洗い」の時はお風呂の残り湯でも大丈夫ですが、「すすぎ」はキレイな水道水を使う方がいいようですね。節約のために残り湯を使っても、生乾きの臭いが発生してしまい再度洗濯、ということになると余計に大変です。

普段は大丈夫かもしれませんが、部屋干しの時期には雑菌が繁殖しやすいので普段よりも注意する必要がありそうです。熱湯や重曹を使う場合にも、残り湯ではなく水道水を使う方が良さそうです。

生乾きの臭いを取る方法!すぐに消すには重曹,熱湯,洗剤どれがいい?まとめ

生乾きの臭いを取る方法として、すぐに実践できそうな重曹や熱湯、洗剤について調べてきましたが、いかがだったでしょうか?

重曹は100均でも購入できますし、洗濯以外にもいろいろな用途に使えるので、買っておいても損はないかもしれません。家に重曹も酸素系漂白剤の入った洗剤もない!という方は、熱湯での消毒で、生乾きの臭いを取る方法を試してみてください☆

梅雨の時期には、悩まされることも多い「生乾きの臭い」ですが、重曹を使うと予防もできますので、是非洗濯に重曹を取り入れてみることをおすすめします☆こまめに部屋の換気をすることで、雑菌が増えるのを防ぐこともできますよ!

スポンサーリンク

■こんな記事も読まれています!

⇒生乾き臭に効く洗剤ランキング!おすすめはどれ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする